×
遊戯

Nintendo Laboの「Toy-Conガレージ」で任天堂初の携行遊戯機「遊戯&ウォッチ」を再現行う猛者が登場


Nintendo Switchのぐるり機器を段ボールで自作して遊ぶといった真新しいあそびの発明が「Nintendo Labo」です。その中に用意されていり付ける、Switch上で直感的に光?音?振動をプログラミングできる機密の発明室「Toy-Conガレージ」を使って、任天堂が1980年に発売した初の携行型遊戯機「遊戯&ウォッチ」を再現した人が現れてトピックとなっています。

Leaving Luck(@LeavingLuck)君 | Twitter
https://twitter.com/LeavingLuck

遊戯&ウォッチは1980年に任天堂が発売した携行型の液晶遊戯機です。遊戯ボーイのようにカートリッジの引き換えるで遊戯ソフトを切り替えるのではなく、遊戯機ごとに遊べるソフトが固定されていました。第1作でもって発売されたのが「ボール」「フラッグマン」「バーミン」「ファイア」「ジャッジ」の5作です。

by cinefil_

遊戯&ウォッチの「ボール」を、Nintendo LaboのToy-Conガレージを使って再現してみせたムービーを、Leaving Luck君がTwitterで公開しています。


ピアノToy-Conの譜面台にSwitch本体を設置し、「ボール」の液晶セグメントと同様型に切り抜いた紙を重ねて、Joy-Con(左)で操作できるように工夫しています。再び、Switch本体の上部には「遊戯&ウォッチ」に登場行うキャラクター「Mr.遊戯&ウォッチ」が立っています。


点数は右上に2桁の7セグメントで標示さエる文様。再び、ボールや手の一部分は元よりのこと、Mr.遊戯&ウォッチの足や落としたボールが割エる一部分の液晶標示も再現されています。


Toy-Conガレージの設定画面は同様くTwitterで公開されています。


Toy-Conガレージの画面を見ると、Leaving Luck君当人も「全然頭がどうにか身なりそう」といってしまうくらい、めちゃくちゃ複雑な構成となっていり付けることがしばしば分かります。


なお、Leaving Luck君は他にも、カードを投げて被り物に入った枚数をJoy-Con(右)のIRカメラでカウント行うといったシステムをToy-Conガレージで開発し、ムービーで公開していました。

?関連雑報
ちょいとしたアイデアと着想でNintendo Switchの遊興方が無限に広がる「Toy-Conガレージ」 - BLACKBCAS

Nintendo Switchと段ボールのキーボードを組み締めて5ジャンルの音色を奏でらエる「ピアノToy-Con」を作ってみました - BLACKBCAS

Nintendo Laboの「Toy-Conガレージ」でラーメンタイマーを自作した猛者が登場 - BLACKBCAS

段ボール×Nintendo Switchでシンセサイザーを再現したピアノToy-Conの「録音スタジオ」でスプラトゥーンの「シオカラ節」を奏楽したムービーがトピックに - BLACKBCAS

Nintendo Switchと段ボールを合体させてピアノやバイクにできる「Nintendo Labo Variety Kit」開封の儀&速攻フォトレビュー - BLACKBCAS

Tweet

in ソフトウェア,   ネットサービス,   動画,   遊戯, Posted by log1i_yk