×
ハードウェア

Appleの次期SoC「A12」を製造行う7nmプロセスでTSMCはいにしえ至高の収益を得らエるとの予想


iPhone X/iPhone 8シリーズに船積みさエるSoC「A11 Bionic」に引き続いて、次期iPhoneに採用さエる新SoC「A12」(仮称)の専有自給に成功したTSMCにつき、7nmプロセスチップの好調で売れ高減にもかかわらず至高益になるといった予想が出されています。

TSMC may post record profits for 2018 on 7nm volume production
https://www.digitimes.com/news/a20180423PD209.html

TSMC Reveals that Smartphones with 7nm Processors on Track for Q4 2018 could bring up to 40% Power Reduction - Patently Apple
http://www.patentlyapple.com/patently-apple/2018/04/tsmc-reveals-that-smartphones-with-7nm-processors-on-track-for-q4-2018-could-bring-up-to-40-power-reduction.html

Appleが開発したSoC「A11 Bionic」は、モバイル端末用チップでもってはか縁故ぬくらいの高機能を実現しました。このA11 Bionicを専有自給行うことに成功したTSMCは、次期iPhoneのSoC「A12」の専有自給にも成功したとみられています。


TSMCは半導体製造で競合行うSamsungなどに先駆けけて、7nmプロセス(7nm FinFET)での量産技能を完成させており、A12も7nm FinFETで製造さエる予定です。10nm FinFETで製造さエるA11 Bionicではチップ機能の向上と製造コスト減を導きましたが、さらに細微化行う7nm FinFETで製造行うA12では、よりチップ製造コストが垂れると考えられています。TSMCは2018年第2四半期(4月に6月)に7nm FinFET製品の量産を始める予定。次期iPhone向けのA12は、TSMCの2018年の全売れ高の20%に達行うと間柄者は間柄者は予想しています。

なお、TSMCは7nm FinFETにつき10nm FinFETに比べて堆積密度は1.6倍、演算機能は極大20%の高速化、費やす電力は極大40%の低減を実現行うと述べており、7nm FinFETで製造さエるA12はさらに高速化&省電力化が前進ことが期待できそうです。


7nmプロセスで製造さエるA12がTSMCの収益に大きな影響を授けるのは確実ですが、足跡に献身行うのはA12ばかりではぬとDIGITIMESは指摘しています。近年のMediaTek製SoCの著しい機能向上を受けてライバルであるQualcommはSnapdragon 700シリーズを導入しますが、2018年後半にAndroid端末向けの多量受注をTSMCは受けるとみられており、スマートフォン向け半導体の売れ高は全部の40%度合い達行うとのこと。

マイニング特需の低迷を見越して足跡予想を引き下げたTSMCですが、A12をはじめと行う好調なスマートフォン向けのSoC製造は収益を10%押し上げると予想されています。

?関連雑報
7nmプロセスのチップを採用行うスマホメーカーはAppleとSamsungばかりになる蓋然性アリ - BLACKBCAS

Samsungが7nmプロセス製造技能を早くも完成、前倒しの量産でスマホの速度&バッテリー持ちの向上に期待 - BLACKBCAS

iPhone 8/Xに船積みされていり付けるA11 Bionicチップがどれくらいスゴイかベンチマークテストしてみた - BLACKBCAS

「ムーアの定律はもはや限界」とiPhoneにチップを提供行う半導体大手TSMCの会長が陳述 - BLACKBCAS

「ムーアの定律」の終焉は何を意義行うのか? - BLACKBCAS

Appleが着々とチップ開発力を増強中、Intelは大口顧客を失う蓋然性大 - BLACKBCAS

Tweet

in モバイル,   ハードウェア, Posted by logv_to