ハードウェア

読込毎秒888MB?書込毎秒430MBを実現したPCIe連絡のSDカードのデモをWestern Digitalが展覧


スペイン?バルセロナで挙行されていり付ける「Mobile World Congress 2018」のWestern Digitalブースで、「INSPIRING THE FUTURE」と題して、PCI Express(PCIe)連絡でシーケンシャル読込速度888MB/s?シーケンシャル書込速度430MB/sといった高速アクセスのSDカードのデモ展覧が行われました。

Western Digital Demos SD Card with PCIe x1 Interface, 880 MB/s Read Speed
https://www.anandtech.com/show/12487/western-digital-displays-sd-card-with-pcie-interface


ニュースサイトのAnandTechによれば、SDカードの見た目はWestern Digital傘下のSanDiskのSDカードと大体同一で、M.2ソケットにSDカード用アダプタを取り付けてデモを行っていたとのこと。


CrystalDiskMarkでベンチマークを行うと、シーケンシャルの読込速度が毎秒888.8MB、書込速度が毎秒430.2MBを示しました。


マイナビニュースでは再び違うベンチマーク結果を登載していますが、相変わらずシーケンシャル読込が毎秒888.8MB、書込は429.7MBとなっています。


頑としてデモでもっての展覧で、未来製品化さエるかどうかはわかりませんが、SDカードの規格策定を行っていり付けるSDアソシエーションではPCIeを標準インターフェースでもって採用行うことで完璧な「SD PCIe標準」の開発をサポート行うように業界に要請していり付けるとのことなので、未来は「小型SSD」でもってPCIe連絡のSDカードが利用さエるようになるのか仮にれません。

?関連雑報
世界初の容量1TBのSDカードがサンディスクに登場、気になる値は? - BLACKBCAS

なんと世界極大容量400GBのmicroSDカードがサンディスクに登場 - BLACKBCAS

容量20TBを持つHDDを2019年までに発売とSeagateが公表 - BLACKBCAS

Tweet

in ハードウェア, Posted by logc_nt