×
動画

いまなお究めるされ続ける「スーパーマリオブラザーズ」のステージ4-2最速攻略の知られざる青史といったのは?


スーパーマリオブラザーズ」は、ファミリーコンピュータ(海外ではNES)専用ソフトでもって1985年に発売されたアクション遊戯です。それから遊戯のクリアタイムを競う「スピードラン」といったジャンルにあっても今なお究めるが重ねられていり付ける遊戯さえあります。特に「スーパーマリオブラザーズ」の4-2は、一挙に最終面にワープできるのにに「スピードラン」では特に大事になるステージで、長年重ねられてきた4-2攻略究めるの青史を、遊戯のスピードラン攻略ムービーをアップしていり付けるSummoning Salt君が、以下のムービーにまとめています。

4-2: The History of Super Mario Bros.' Most Infamous Level - YouTube


全8面で構成されていり付ける「スーパーマリオブラザーズ」には一挙にステージを飛ばすワープゾーンがいくつか所在し、4-2は一挙に最終ワールドの8面までジャンプ行うことができるのに、スピードランでは大事なステージです。地底でスタートしたらまずは足場を超えてまっじきに進み……


クリボーを踏みつつ前へ進みます。


さらにハテナブロックを足場にして、揺れる床に乗ったら……


高いところにある先頭左のブロックをたたきます。行うとブロックにワープゾーンにつながるツタが伸長ます。


さらに先頭右のブロックの下にある隠しブロックを現れさせ、それを足場にツタまで向かいます。


ツタを登ると地上への出口に到達します。地上ステージの最後に現エる土管に入るとワープできます。以下が4-2に仕込まれていり付けるワープゾーンへの赴く段取り。


2004年4月にScott Kessler君が5分10秒、Trevor Seguin君が5分7秒といったタイムで「スーパーマリオブラザーズ」をクリアしたことに「スーパーマリオブラザーズ」のスピードラン攻略の青史が始めます。当時のプレイヤーは4-2を「途上のツタを登って、8面へのワープを目指差すばかり」と捉えられていて、せいぜいがんばって可能な限り早く前進といった度合いの認知しか持っていませんでした。


しかしScott君が5分10秒でクリアしたムービーを見ると、「隠しブロックを足場にしてツタに到達したら登る」といった一部分で、プログラムバグのせいなのか、わずかにタイムロスが生成しています。


そこらでTrevor君が5分7秒でクリアしたムービーを確認行うと、ツタに向かうまではスムーズにクリアできていました。遊戯内のタイムカウントは400に減っていくのですが、Trevor君がツタに到達したのはタイムカウントが376の時です。


さらにTrevor君が改善を重ねて再度アップロードしたムービーでは、ツタに到達した時点でタイムカウントが377となっていて、わずかにタイムが短縮したことが分かります。ここらでようやく4-2の最速段取りと目安が確立し、スピードランに挑む人たちも4-2攻略の大事さに気付きます。


それから究めるの結果発見されたのが「The Wrong Warp(間違ったワープ)」といった方法です。この方法では、ツタのブロックより僅か先に行ったところにある、コイン賞与のステージにつながる土管を利用します。


実は「スーパーマリオブラザーズ」では一回に1つまでしかワープ先をロードできません。ツタのブロックに到達行うと「出口」がロードさエるので、コイン賞与のステージがロードされぬようにして土管に入れば、ツタが伸長るアニメーションもカットした上で直に「出口」に到達し、さらなるタイム短縮が期待できます。


それを再現行うのにには、「出口」がロードされてに土管に入るまで、マリオをデフォルト位置より右側にずらし続けるといった裏技が必須だと分かりました。以下の画像のような位置にマリオを持っていけばロードを回避行うことが可能なので、直に「出口」に向かうことができます。


そののに、プレイヤーの間でどうやってマリオを右にずらすかといった究めるが始めました。第一期に究めるされた方法は、エミュレーターとツールを用いたTAS(Tool-Assisted Speedrun/Superplay)でのものでした。TASでの攻略はエミュレーターを用いてプログラムによる操作を行うことが大半、実際の遊戯機を使って人がプレイしても再現は到底不能となる場合がほとんどでした。


2004年には、マリオがブロックの中にめり込んでしまうのを利用し、20ピクセルも右に近立ち寄るといったやり方がTASプレイで発見されていました。しかし人には不能な操作らしいとさほど注視はされませんでした。


2004年にMichael F君が投稿したTASプレイムービーで、左端に右端にワープしてしまうプログラムのバグを利用したテクニックが公開されました。それまでよりもタイムを2秒も縮められ、さらに人さえ再現可能な方法でしたが、明確なバグを利用したタイム短縮はルール違反と考えられていたのに、見向きもされませんでした。


しかし、andrewg君が2007年4月に「The Backward Bump Method」と呼ばエる方法を編み出しました。


彼は常にマリオの位置を把握できるように遊戯のロムを改造し、究めるを重ねました。その結果、後向きのままで段差をギリギリぶつかるように飛び越すと、マリオの位置が7~10ピクセル分ばかり右に食い差異るといったことが分かりました。それならば実機さえ人の操作で再現が可能です。


さらに究めるした結果、マリオを20ピクセル以下右にずらせがいいといったことが分かりました。要するに3回は段差に衝突行うジャンプを行わなければいけぬといったわけです。やがて4-2攻略究めるの方向は「スタートしてに土管に到達行うまで、どのタイミングでマリオをずらすのが効率的か」にシフトします。


さらにここらで出てくるのが「21フレームの定律」です。実は「スーパーマリオブラザーズ」はそのプログラムの具合上、遊戯起動後にのフレーム数が21の倍数にならなければ画面が暗転しぬといった仕様があります。


1フレームといったのは60分の1秒のことなので、21フレームといったのはおよそ0.35秒に身なります。どればかり早くプレイしても、決まったタイミングでしか画面が変わらぬので、1000分の1秒単位でタイムを競うスピードランではタイムの伸長しろがぬのでは、と4-2を含めた攻略を思い切るプレイヤーが続出しました。


数年ごとに世界筆録はじわじわと更新されていり付けるものの、もはや4-2の攻略究めるはそれ以下進まぬように思われていました。しかしandrewg君はじめ一部のプレイヤーはあきらめずに4-2の攻略究めるを続けていました。


そこらでandrewg君が注視した方法が、2011年にWeirwindle君がTASプレイムービーの中で披露した、ハテナブロックをすり抜けるやり方でした。


ただしこのアクションは右ホックと左ホックを同時に押すといった実機では不能な操作を請いらエるのに、Weirwindle君当人も人には無理と思っていました。


andrewg君は究めるを重ねて、ハテナブロックをすり抜けるやり方も論理上再現はできるといったことを発見しますが、さほどにも難度が高いのに断念します。


2017年になってandrewg君が考え出したのが、10年以下前にTASプレイで発見されていた、「スタート直後のブロックをくぐり抜ける裏技」でした。ハテナブロックをくぐり抜ける方法も再現可能なのだにダメ元で試してみようとやってみたところ、立派成功します。しかも何度も再現できてしまったのに、andrewg君も「信じられぬよ」と言いつつプレイを続けます。


か縁死者間には不能と思われていた操作も、究めるを重ねて技能が向上した結果、可能になってしまったといったわけです。このブレイクスルーに乗っかるように、他のプレイヤーもクリアタイム筆録を更新していきます。


その上て4-2攻略も完成したかとささやかれたのもつかの間、xx_420_brazit_xxといったプレイヤーで真新しい4-2攻略法が発見されます。andrewg君のやり方では最下段のブロックをくぐり抜けるのが一般的だったのですが、くぐり抜けるブロックを下に3段目にしたところ、より早く4-2をクリアできることが分かったのです。


それも難度の高い方法でしたが、同様ように4-2を究めるしていり付けるプレイヤーにも再現できたといった報告がなされました。


「30年以下前に作られた遊戯の4-2といった一見行うと通常のステージが、14年以下の歳月をかけて大半のプレイヤーで究めるされ続けてきましたが、それさえ究めるが済むこといったのはぬでしょう」といったSummoning Salt君の言語でムービーはしまいます。なお、遊戯のクリアタイムを筆録行うSpeedrun.comによると、雑報作成時点で「スーパーマリオブラザーズ」のクリアタイム世界筆録はdarbian君の4分56秒528でした。darbian君の世界最速クリアプレイは以下のムービーで見ることできます。

(4:56.528) Super Mario Bros. any% speedrun *World Record* - YouTube

?関連雑報
ツボ男がハンマーで山を登るゲキ難遊戯「Getting Over It With Bennett Foddy」をたった1分56秒でクリアした猛者が現れ、世界筆録が更新さエる - BLACKBCAS

あのNINTENDO 64向けシューティングの傑作「ゴールデンアイ 007」で、第一のミッション「堰」をわずか52秒でクリアして15年身振りに最速クリア筆録を更新した猛者が登場 - BLACKBCAS

発売前のスーパーマリオ オデッセイで早速タイムアタックにチャレンジ行う人が続出 - BLACKBCAS

「ゼルダの言い伝え ブレス オブ ザ ワイルド」をわずか45分でクリア行う猛者が最速クリアののにの高等な移動テクニックや時短技を解説 - BLACKBCAS

スーパーマリオ3を爆速2秒でクリア、毎秒6000回のホック連打で一挙にエンディングへ - BLACKBCAS

Tweet

in 動画,   遊戯, Posted by log1i_yk