×
サイエンス

女性が男性との競技に敗北るのは「女性の実像」がもとか?


カンパニーの利達競技では男性に比べて女性に不儲けなことがたくさんといった「性に基づく格差」が厳然でもって残っており、それを解消すべきといった所見が出されています。しかし、「競技」にあっては女性は男性に後れるといった考えは根強く残っており、それを裏付ける数々の究めるも出されています。そういう中、女性が男性よりも競技に向かぬのは出身てついての先天的な特性がもとではなく、環境が作り出していり付ける「女性の実像」といった後天的なもとにあるのではぬかといったことを暗示行う究めるが公表されています。

What a game of chess can tell us about the gender gap | World Economic Forum
https://www.weforum.org/agenda/2017/01/what-a-game-of-chess-can-tell-us-about-the-gender-gap

「競技」にあって男性が女性よりも優位であるといった究めるは大半あり、それらの究めるでは競技に対行う男性と女性の「反応」の差異がもとでもって挙げられています。スタンフォード大学び舎の2003年の究める(PDFファイル)では、環境の競技圧力を高めれば高めるくらい男性のパフォーマンスが向上したのに対して、女性のパフォーマンスは向上しぬことが指摘されており、2007年の究める(PDFファイル)では女性は非競技環境であっても男性と共に作業を行うことを嫌がるといったことも報告されています。それらの競技における両性差の究めるには、女性が生来的に競技を嫌っていたり、競技が苦手であると結論づけていり付けるものが多々あります。

しかし、女性が競技にあって男性よりも不儲けなのは先天的なものではなく、後天的な素因に基づくう仮にれぬといった究める報告も出されています。

Gender, Competition and Performance: Evidence from Real Tournaments by Peter Backus, Maria Cubel, Matej Guid, Santiago Sanchez-Pages, Enrique Ma?as :: SSRN
https://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=2858984

ワーウィック大学び舎のピーター?バッカス博士たちの究めるグループは、チェスの世界での両性の実力の差異に、男性と女性の競技における優位性のもとを探りました。チェスの遊戯は両性がまったく平等の立つ瀬で競える点、勝敗に運が授ける影響がなく実力や才能が的確に反映さエる点、さらに実力を主観的に測エる指標であるレーティングが所在行うといった点で、競技に対行う単純な特性を推測行うのにもってこいだと究める者は考えたわけです。


もっとも、チェスの世界にも両性間の格差は厳然でもって所在します。例えば、チェスの世界大会で戦う女性プレイヤーはわずか2%で、トップ100の中に入る女性は中国人チェスプレイヤーのホウ?イーファンプレーヤーのみだとのこと。アメリカに女性大統領が生誕行うのが夢ではぬでもっても、女性のチェス王者が生誕行うのは浮説だといったのが一般的な見解です。

チェス競技における両性間に所在行う実力差を平均化して数値に行うと「イロレーティングで15%低い」といった評価になるとのこと。この差は歴然であり、1960年代に活躍したチェスプレイヤーのボビー?フィッシャーが「彼女たちは一同弱い。男と比較と愚かしいだ。女性はチェスをすべきでぬね。ちょうど初志者のようだ」と言い放ったり、イギリスのチェスプレイヤーのナイジェル?ショートプレーヤーが「女児たちはチェスをプレイ行う脳を持っていぬ」といった女性蔑視の陳述をしたりといった状況を生み出してきました。


しかし、このような「チェスの世界で女性は男性に後れる」といった固定観念こそが女性がチェスで上位に食い込めぬもとであるとバッカス博士たちは指摘しています。バッカス博士たちの究めるでは、女性と男性の対戦者の性別によるパフォーマンスの差異に着目しました。ほとんど同様イロレーティングスコアを持つ女性同士の対戦では、各各のプレイヤーが勝つ公算は50%だったのに対して、敵が男性の場合、女性プレイヤーは敵がレーティングスコアが同様で同等の才能を持つにもかかわらず勝率は46%にとどまったとのこと。この勝敗結果はイロレーティングで30ポイント分のハンディキャップを女性が背負っていり付けることに相当行うそうです。

さらに、究める者たちは、世界トップのプレーヤーよりも才能が高いイロレーティング3000点のチェスマシンを使って、各遊戯における一番創出的な手が請いらエる遊戯中盤の要所でのミス(悪手)の割りを解剖しました。その結果、女性は敵が男性の場合の方がミスを犯す割りが高いことがわかったとのこと。その上対して男性の場合、プレイの質は敵の性別に影響されなかったそうです。


この結果を受けて、究める者たちは「チェスの世界にのさばる、男性優位の固定観念が影響を与えていり付ける」といった蓋然性を指摘しています。否認的な固定観念に窮する者はそれを避けようと行う不安を抱いたり、固定観念を受け入れ追随したり行うことがたくさんことが知られており、「男性の方が強力」といった固定観念に女性が縛られてしまうことで、実際の才能を発露できていぬ蓋然性があるとバッカス博士たちは考えています。

なお、男性のプレイの質が「ミスの割り」といったのは別のところで対戦敵で変換行うことも究める者たちは発見しています。チェスの遊戯では敗北が濃厚になった状況でギブアップを行うこといったのは潔く「ジェントルマン的」な振るう舞いでもって評価さエるものですが、女性が敵の場合、男性は敗北を認めるのを遅らす趨向にあるそうです。

?関連雑報
Google内で「女性はコーディングに向いてぬ」といった社内文書が分有されていたことがネット上で発覚して大論争に発展 - BLACKBCAS

女子高生は数学が不顧客であるといった偏見を教師は持ちやすい - BLACKBCAS

「男子は女児よりもさとい」のか? - BLACKBCAS

環境がしばしばなると女性の脳は男性以下にブースト行う - BLACKBCAS

AIは人の言語に女性差別や民族差別を学び取る - BLACKBCAS

男性は体の浮気に、女性は心の浮気によりジェラシーを印象る訳 - BLACKBCAS

Tweet

in サイエンス, Posted by logv_to