ハードウェア

容量20TBを持つHDDを2019年までに発売とSeagateが公表

By @felixtriller

HDD大手のSeagateが、容量20TBのHDDを2019年までにリリース予定であることを公表しました。Seagateは以前に容量20TBのHDDを2020年までに市販化行う予定を立てていました。

Seagate could release the first 20TB hard drive by 2019
https://www.digitaltrends.com/computing/seagate-20tb-hard-drive-2019/

Seagateが登場さす予定のHDDは、熱補助型磁気筆録 (Heat Assisted Magnetic Recording:HAMR)と呼ばエる新テクノロジーを船積み。それは、細く集約させたレーザーでプラッタの筆録面を加熱行うことで磁化に必須な電力をエネルギーを少なく行うと同時にデータ筆録密度を躍進的に向上さすといったもの。Seageateでは未来9年間にわたって毎年30%の密度向上を図エるでもっています。雑報作成時点でのデータ密度は1平方インチあたり2TBとなっており、それは近年のHDDで広く使われていり付ける鉛直磁気筆録方式が実現していり付ける密度の2倍に達しています。

シーゲイト、「HAMR」の採用でディスク?ドライブ密度を100倍に | Seagate
https://www.seagate.com/jp/ja/about-seagate/news/seagate-swings-increase-disc-drive-densities-master-pr/

「レーザーでプラッタを加熱行う」といったことになると、発熱の問題が恐れさエるわけですが、実用上は問題がぬとのこと。レーザーで加熱された表面はわずか数ナノ秒で冷却さエるのに、サーバー施設のような大がかりな用途にあっても熱の問題は生成しぬでもっています。


HAMR方式は、SeageteのライバルであるWestern Digital (WD)が公表していり付けるマイクロ波アシスト磁気筆録(Microwave Assisted Magnetic Recording:MAMR)方式に対抗行うものとなっています。WDではMAMR方式を使った容量40TBのHDDを2025年ごろに登場さす見込みですが、Seageteでは、HAMR方式を用いた容量40TBの超大容量モデルをWDよりも2年早い2023年までに市に導入行う予定。2大HDDメーカーによる競技は、2020年代前半まで途切エることなく繋がることに身なりそうです。

なお、Seageteは2018年に容量16TBのHDDを発売予定です。

16TBのハードディスクが2018年に登場 - BLACKBCAS


ちなみに、大容量といった点では、Seagateは2016年にデータセンター向けでもって60TBのSSDを公表しています。

とうとう60TBの超大容量SSDをSeagateが公表 - BLACKBCAS

?関連雑報
WD Redの10TBモデルHDD「WD100EFAX」&「WD101KFBX」が登場、大容量ヘリウムモデルは低価格化へ - BLACKBCAS

世界極大の16TB(テラバイト)SSDがSamsungに登場、3D NANDがHDDさえ実現できぬ容量を可能に - BLACKBCAS

HDD故障率はエンタープライズ向けもコンシューマ向けと大体同等か、BackblazeがHDD故障率2017Q2レポート公表 - BLACKBCAS

ハードディスクはどのメーカー製が先頭壊れにくいのかがわかる約6万8000台ものHDD故障率データ - BLACKBCAS

8万台以下のHDDを運用行うBackblazeがHDD故障率の2017Q1レポートを公表、多量導入した高値なエンタープライズ向けの故障率は? - BLACKBCAS

Tweet

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log