×
メモ

億万長者の成功者になるのににビル?ゲイツを真似てもさほど意義がぬ訳

By Statsministerens kontor

今昔東西、成功した人のサクセスストーリーを参考にして「自分自身もああいう風に成功してやる」といった野望を持つ人は大半いり付けるものですが、ひと口に「成功」と言ってもいろいろなアプローチがあるもので、実は「それさえやり遂げれば成功できる」といった黄金律は所在していぬのか仮にれません。近代の成功者を代表行う人物と言えばMicrosoft設置者のビル?ゲイツを挙げることに異を誦する人は少ぬはずですが、戦術?行動科学教授のChengwei Liu氏(ウォーリック?ビジネス?スクール)は、成功に「運」の素因がある限り、当人の行動ばかりをまねてもさほど意義がぬと記しています。

Copying Bill Gates is a bad idea if you want to get rich
https://theconversation.com/copying-bill-gates-is-a-bad-idea-if-you-want-to-get-rich-84240

BBC - Capital - Why you shouldn't imitate Bill Gates if you want to be rich
http://www.bbc.com/capital/story/20170921-why-you-shouldnt-imitate-bill-gates-if-you-want-to-be-rich

「ビル?ゲイツ氏はお宅が思っていり付けるよりラッキーの持ち主です」といったLiu氏は、大学び舎を中退したのちに起業し、近代のコンピューター社会を作ったといっても言い過ぎではぬくらいの実績を残したゲイツ氏につき「才能の持ち主らしい」とその才能に敬意を示しつつも、ゲイツ氏の成功からみて、自分自身の制御が及ばぬ周囲の環境も欠かせぬ素因であることを語ります。

Liu氏いわく、「秀でたパフォーマンスを余す人は卓越した技能や才能の持ち主であるといった考えに陥りがちですが、その上は不備があります」とのこと。Liu氏はそれを踏まえ、卓越した足跡には並外れた事前の環境が揃っていり付けることがほとんどで、成功を収めた人は「正常時に、正常箇所で、正常ことを行った人」であると分かる行うことが大事であると説いています。

ゲイツ氏にも同様ことが言えます。ゲイツ氏がコンピューターの将来に目を付けたこといったのは卓越した常識あるいは才能の結果といえるか仮にれませんが、実際にはその才覚を養った環境があったことも事実。ゲイツ氏の家は一般家よりも豊かな富裕層であったこと、13歳の時に入った予備校で、当時の同年代の若者の0.01%しか接点を持てなかったといったコンピューターに触れられたこと、それから、ゲイツ氏の母親がIBMの役員と知人柄にあったことなどが相まって、ゲイツ氏がMicrosoft帝国を築き上げる礎になったことを、Liu氏はゲイツ氏の「運」でもって挙っています。

IBMのコンピューターにMicrosoftのソフトウェア(MS-DOS)が船積みされていたことも、結果的にのちの成功を生みだしたことにつながるとLiu氏は挙っています。コンピューターの出口がMicrosoft製品だったことに、そのユーザーの大半はMicrosoft的な嗜好を知らず知らずのうちに植え付けられ、以後もずっとMicrosoft製品を使い続けてしまう効果があったとのこと。元よりそこらにはMicrosoftが一つの製品でもってソフトウェアに一貫したものを取り入れられていたこと、そののにの労力を注いできたことも断じて見落とすわけにはいかぬのですが、いわば大半の人がコンピューターを覚え始めるステップのタイミングで、Microsoft製品がより大半のコンピューターに船積みされていたこといったのは、精励や才能に加えて「タイミング」といったものがあったこといったのは否認できぬものがあります。


スポーツの世界などでは特に、10年あるいは1万時の訓練を行うとトップクラスのアスリートになエるといった「1万時の定律」があると言われています。10年再びは1万時の稽古時といったと、到底通常の人では成し遂げられぬ並外れた訓練量であり、それを成し遂げたものばかりがトップクラスのパフォーマーになエるといったものなのですが、その上も相変わらず「タイミング」は所在行うとLiu氏は言います。

その例でもって挙っていり付けるのが、イギリスの卓球界で優れた実績を残した3人のプレーヤーの出自です。この3プレーヤーは各各、ある都会の同様地区に出てきたプレーヤーなのですが、そのバックにはこの街に転出てきた元卓球プレーヤーの所在があるといいます。優れた実績を残して退陣したPeter Charters氏はイングランドのある街に転出てきたのですが、そこらで暮らしていた大半の子どもたちがCharters氏に習って卓球をプレイ行うようになったとのこと。その中に、特に「1万時の定律」のように訓練を行った3人のプレーヤーが優れた実績を残し、最終的にはイギリス国内でトップを専有行うにいたったとのこと。仮に、その街にCharters氏が転出ていなかったら、子どもたちが関心を示さなかったら、Charters氏によるコーチングを受けられなかったら、プレーヤーがちゃんと稽古をしなかったら、など大半のクリアすべきポイントはありますが、それらを満たすことで初めて、卓越した実績を余すパフォーマーが生みださエるといったわけです。

ある度合いの「成功」までのステップであれば「精励は結果を生む」といった考え方が実を結わえることいったのは間差異ぬといえますが、そこらにさらに先の「大成功」のステップに至るのにには、精励ばかりではぬ「運」や「環境」といったものが欠かせぬといったのが、数々の成功者を調べるしてきたLiu氏の一つの答えである文様。成功者の中には「私はラッキーだった」と自分自身がやってきた道を身振り向く人が少なくありません。彼らのそういう言語にも、「運」といったものの大事さ、それからその「運」があることに気付いて正常「精励」を行える才能のある人こそが、真の成功者でもって結果を余す、といったことなのか仮にれません。

?関連雑報
1万時稽古せずとも遺伝子が優れていれば一流になエるのか? - BLACKBCAS

あらゆる物事に適用可能な、特定の方面で一流のスキルを身につけるのにの方法 - BLACKBCAS

1万時の稽古で一流になエる「1万時ルール」はオールマイティーでぬといった見解が登場 - BLACKBCAS

クリエイティビティは1万時のプラン的な稽古よりも大事 - BLACKBCAS

Tweet

in メモ, Posted by logx_tm