×
味見

「牛めし」の松屋が中華調理に乗り出した「松軒 中華ダイニングルーム」へ行ってきた


「牛めし」で知らエる松屋が、新たな業態でもって中華調理のお店「松軒 中華ダイニングルーム」の1号店を京王線?千歳烏山駅の傍らにオープンしています。当座、営業時を改定行う措置を執っていり付けるくらい人気といったこのお店がどういうところなのか、食べに行ってきました。

松軒中華ダイニングルーム|グループ店舗|松屋フーズ
https://www.matsuyafoods.co.jp/shop/matsuken_ch/

新業態「松軒(まつけん)中華ダイニングルーム」店開き!|松屋フーズ
https://www.matsuyafoods.co.jp/2017/08/18/3825/

京王線?千歳烏山駅の北側にある通りを西(写真では右奥)へ前進と……


角地にあるのが「松軒 中華ダイニングルーム」です。営業時は「11時に深夜2時まで」ですが、当座はランチタイム?11時~15時30分とディナータイム?17時~23時の短縮営業になっています。


お店に入ってメニューをもらうと「一部メニューの販売を休止」していり付けるといったお通知が差し込まれていました。


メニューをめくってみれば、確かに「ディナータイム限定」や「9月中旬頃より販売幕開き予定」と書かれていり付ける品がいくつかありました。


定食もありますが、今回は中華調理屋の代表的なメニューといったことで「チャーシュー麺(630円)」「餃子6個(230円)」「手仕込み唐揚げ(430円)」の3つを用命。価格はい食い差異も税別です。


ラーメン鉢には「松軒」のロゴ入り。


チャーシュー4切れ、ネギ、メンマ、のりの乗ったチャーシュー麺。ちょいと餃子を待っていて、のりがコンソメに沈んでしまいましたが、来た時点ではパリッでもっていました。


麺はオーソドックスな中太麺で、コシは強め。コンソメは醤油ベースでさらっと軽く、麺もすべすべっとお腹に入ります。


チャーシューは薄くも厚くもありませんが、到底柔らかく煮込まれています。「一献でくちいに」といったよりは、急いでいり付けるときさえスルッとお腹に入れらエる軽めのラーメンといった印象でした。


一方で唐揚げはこの山旬。皿にレタスが敷かれていり付けるといったのはいえ、大きめの塊がゴロゴロ。


ふわっと膨らんだ衣はサクサク。そこで400円台といったのは、なかなかのものです。


餃子は肉目玉で、ニンニクやニラのような匂いのきつさは印象ません。殴打の効いた餃子を請いる人は物足りなく考えるか仮にれませんが、ランチの定食で締めて食うならそれぐらいがちょうどよさそう。


ちなみに、タレは酢?醤油?ラー油を自分自身で混ぜて作ります。


松屋カラーを印象さす一部分はなく、ごくオーソドックスなメニューの揃った中華調理屋といった印象を受けました。いまだにいまだに厨房がせわしいのにか、餃子の提供がややのろい気がしましたが、ライバルになるであろう「餃子の王将」に比較と味のクセが強くぬので、ランチさえ入りやすそうな印象です。

?関連雑報
食い気をかきたてらエる中国本場の中華調理はこのような印象でした - BLACKBCAS

誰しもが一回は見たことがある、あの中華調理の「四角い箱」の青史 - BLACKBCAS

中国調理のレストランの店名を全て解剖してわかったことといったのは? - BLACKBCAS

Tweet

in 味見, Posted by logc_nt