×
メモ

Google内で「女性はコーディングに向いてぬ」といった社内文書が分有されていたことがネット上で発覚して大論争に発展


最先端の技能が生みださエるシリコンバレーの目玉的所在といえるGoogleで、同社が掲げる多様性につきの方針に逆していり付ける上級エンジニアが社内メーリング名簿(社内ML)で公表した文書が物議を醸しています。その人物が「個的な所見」でもって公表したのは、Googleの方針を批判し、かわりに「思想の多様性」を目指差すべきといった中身なのですが、その中には「女性はコーディングに向いてぬに(両性比率を)無理やりに五分ずつに行うべきではぬ」といったようにして典拠に欠けると思わエる叙述があり、以後Twitterで社外にも拡散されたことにGoogle幹部陣を巻き込んだ騒動になっています。

Google Employee's Anti-Diversity Manifesto Goes 'Internally Viral' - Motherboard
https://motherboard.vice.com/en_us/article/kzbm4a/employees-anti-diversity-manifesto-goes-internally-viral-at-google

事の発端は、現地時の2017年8月3日にGoogleの社内MLで公開された「Google's Ideological Echo Chamber (Googleのイデオロギー的なエコーチェンバー)」と題された文書です。10ページに達するといったこの文書では、Googleが目指差す両性同権的な方針につき「左寄り」と批判し、女性が「平均的」に持つといった特性を典拠に、男性と女性をあながち同様比率でアサイン行う必須はぬと力説しています。

Twitterの投稿によると、文書を作成した人物は、男性と女性の生物的な特徴の差異がもとでソフトウェアエンジニアリングの方面には見方の差異が根強く所在していり付けると力説していり付けるとのこと。再び、一部の限られた民族や性的なマイノリティー層に対し、Googleは対策を提供すべきではぬとも力説していり付けるとのこと。

By Jens Hoffmann

Googleが従業員に対して定める厳しいインフォメーション流出防止対策ののに、大半の人物はインフォメーションの提供を拒んでいり付けるとのことですが、アメリカのGizmodoは文書を入手して全文を登載しています。

Exclusive: Here's The Full 10-Page Anti-Diversity Screed Circulating Internally at Google [Updated]

文書は「私は多様性とその受け入れを評価しており、再び、性差別が所在していり付けることを否認せず、紋切り型のステレオタイプで論じることを是認行うものさえありません」といった一節に始まっており、沈着な目線で論じていり付けることを印象づけようと行うものであることが印象られます。第一にまとめられた要所では「Googleが持つ政的バイアスで陳述を妨げられ、ある考えにつき真っ正直な論議を行うことが疎んじらエるエコーチェンバーを形づくっていり付ける」などと行う所見が語られています。ここらでいう「エコーチェンバー」といったのは、同様所見を持つ人ばかりが大半集まり、その中で陳述が繰り返さエることで独善的なムードが醸成さエるスペースのことを指しており、特に政的な左右の偏りを表わす行う際のキーワードでもって用いらエることが大半なった用語です。

By Garry Knight

要約行うとこの人物は、両性には将来備わった差異があるのにに全然同様条件で雇用行うべきではぬ、といった旨の陳述を行っていり付けるのですが、気になるのはその典拠を示していり付ける一部分といえます。「Personality differences (人格的な差異)」と題された一部分でこの人物は、女性は「平均的に」以下に挙げるような特徴があると論じています。

?女性は着想よりも情や美的センスに対行う寛容さがある。再び、男性と比べて女性は一般的に、モノよりもヒトに強力関心がある。それは「情」と「系列立て」といった言語の対比でもって表すこともできる。
?それらにより、女性は社会的で芸術的な方面を気に入る趨向にあることが解説できる。男性はよりコーディング(プログラミング)を気に入るが、それはより系列立てた「システマイジング」が要求さエるにである。ソフトウェア工学の方面にあってさえも、女性は他の人と接して美的センスを取り扱うフロントエンドの仕事に就く。

一見行うと理路整然と語っていり付けるようにも見える中身ですが、い食い差異の論点も主観に基づくもので科学的な典拠がぬ、といったことで、この文書に対してはさまざまな論争が起こっています。そういう中、Googleの多様性および統合性、ガバナンスを受け持ち行うダニエル?ブラウン副専務も社員に向けたメモを送付しています。トピックの目玉ともいえる「女性」であるブラウン氏はこの件に対し、社員に宛てたメモの中で「多様性とその受け入れがGoogleの成功にあって、決定的なものであることいったのは明確です。オープンで受容力のある環境を作り出すこといったのは、別の視点を持つ人や違った政的立つ瀬に佇む人がいり付ける中にあっても安全に所見を交わす文明を醸成行うことを意義しています。しかし、その論議は当社が定める行動規範に沿ったものである必須があります」と記しています。

Googleは、この件に関して第一のニュースを行ったMotherboardがレビューを請いたことに対して反応を示していぬとのことです。

?つづき
Googleが「女性蔑視」陳述を行った社員をクビに、GoogleのCEOに全社員へのメール本文全文をネットで公開 - BLACKBCAS

?関連雑報
Googleが社員教育で実施していり付ける「無実像バイアス」の講義を浸透解説 - BLACKBCAS

学歴やGPAを使わずに優等な新入社員を見抜くのにの7因子 - BLACKBCAS

カードの移民ポリシーに逆しApple?Google?Tesla?AdobeなどそうそうたるIT公企業が所見書を提出 - BLACKBCAS

Twitterが社員構成に多様性を請いていり付ける訳といったのは? - BLACKBCAS

「ゲイであることいったのは、神が私に与えた至高の賜物の一つだと考えていり付ける」、Appleのティム?クックCEOがゲイであることをはっきりに - BLACKBCAS

Tweet

in メモ, Posted by logx_tm