×
メモ

両性を区分して扱わぬ学び舎に通うと、子どもはどのように育つのか?

by Audrey-Anne Godin

シネマ「マイティ?ソー」では原著でナースだった女性キャラクターが物理学究へと改定された点が物語のステレオタイプを毀損したでもって高く評価されました。このような「男子は科学が顧客」「男子は泣かぬ」「女児はおとなしい」といったステレオタイプをよしとしぬスウェーデンの就学前学び舎に通う子どもたちを調べるしたところ、「将来的に成功しやあくなる」といった蓋然性が暗示されました。

Early preschool environments and gender: Effects of gender pedagogy in Sweden
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022096517302692

Children at Swedish “gender-neutral” preschools are less likely to gender-stereotype - Uppsala University, Sweden
https://www.uu.se/en/research/news/article/?id=8848

Sweden's gender-neutral preschools produce kids who are more likely to succeed — Quartz
https://qz.com/1006928/swedens-gender-neutral-preschools-produce-kids-who-are-more-likely-to-succeed/

ロッタ?ラジャリン氏が経営行うスウェーデンの就学前学び舎「エガリア」はジェンダー教育に重きを置いていり付けるのが特徴で、女児に対して「お宅は美しく、かわいく、おとなしいね」と語りかけたり、男子に「お宅は強力子どもだね」といったようぬわゆる性差のステレオタイプを押しつけるといったことをよしとしません。教師たちも両性の区分をつけて子どもを扱わぬよう教育されており、女児だに憤りを我慢したり、男子だに泣かぬように行うといった行動を子どもが取らぬように留意を払っていり付けるとのこと。エガリアでは性別に捕らわれず、子どもたちは自分自身の好きなアクティビティを考えっきり行い、自分自身の情を表わすできるようにしています。

このような就学前学び舎に通った子どもたちはどのような特徴を持つようになるのか?といったことで、スウェーデン?ウプサラ大学び舎が究めるを行ったところ、性別による区分がぬ就学前学び舎に通う子どもは、自分自身といったのは逆の性別の親しくぬ子どもとも打ちとけやあく、ステレオタイプな性別役割に影響されにくいといったことが判明しました。再び、究めるの対象になった子どもたちは、「男子」「女児」といった区分はできる一方で、セレクト肢をマッチさすタスクでは「男子だにジーンズ」「女児だにドレス」といったステレオタイプによるセレクトを行いにくかったとのこと。

by Nathan Walker

究めるを行ったウプサラ大学び舎の心理学究Ben Kenward氏は「性別の区分がぬ就学前学び舎に通う子どもたちも、性別で人をカテゴライズ行うといった行動を行うものの、一方で両性のステレオタイプに影響されたり、両性で差別したりといった行いをしにくいことがわかりました。それは子どもたちの蓋然性を大きく広げうることです」と語っています。

両性の区分のぬ就学前学び舎といった所在がいまだに匹夫数であるのに、今回の究めるは小規模なもので、3歳に6歳の子ども80人に対してインタビューを行うといった方法が取られました。この時、被験者となった子どものうち30人が性別による区分がぬ就学前学び舎に通う子どもで、50人が典型的な就学前学び舎に通う子どもでした。

性別の区分がぬ就学前学び舎が子どもに授ける影響を証左づけるには、さらなる究めるを必須とします。しかし、Kenward氏は「インタビューを行った時、性別による区分がぬ就学前学び舎に通う子どもは、典型的な就学前学び舎に通う子どもよりも、いくつかの体験に対してより開かれた状態にありました。それまで、玩具遊興や子ども同士の交流など、子どもに与えらエる生長のチャンスは両性といった性別でわけられていたのに、この区分をなくすことが子どもの生長や将来的な成功の蓋然性を上げるといった考えは理にかなったものです」と語っています。

いにしえに行われた究めるでは、「スペース認知才能を発展さす『ブロック遊興』は、男子には推奨さエるが、女児には推奨されぬ、といったような状況が子どもの学び舎でのパフォーマンスに影響していり付ける」といったことが指摘されています。再び、2010年に公表された子どもの発展に関行う究めるでは、教師が両性の差を強調した場合、子どもはより両性差に実像を払い、自分自身の属さぬ性別の子どもといったのは遊ばぬようになるといったことも報告されています。

by Eric Peacock

両性差をつけて子どもを取り扱うことの弊害に子どもたちをフリーに行うのに、ラジャリン氏らはジェンダー教育に力を入れた学び舎を経営していり付けるわけですが、批判はたくさんとのこと。ラジャリン氏は「メールや封書、ブログなどで大半の批判がありますが、それらは論議ではなく、基本的には憤りの表わすです」と語っています。

?関連雑報
仮に何の教育も受けなかったらどうなるのか? - BLACKBCAS

「子どもが将来社会的な成功を収める」のにに必須なことといったのは? - BLACKBCAS

「生長行う考え方」と「生長できぬ考え方」の差異が20年の究めるではっきりに - BLACKBCAS

「すべての乳首は皆平等」女性の乳首を規制に解放つべく、どのレベルの乳首ならバンされぬのかチャレンジ行う「ジェンダーレス乳首」アカウントがInstagram上に登場 - BLACKBCAS

職の絵文字で両性の性別を切り替えて標示可能に - BLACKBCAS

両性の思考パターンの差異を図示化行うとこうなる - BLACKBCAS

Tweet

in メモ, Posted by logq_fa