セキュリティ

Appleの販売業者がユーザーの個インフォメーションを気ままに売りさばいていたことがはっきりに

By Kārlis Dambrāns

スマートフォンユーザーからみての危機対象というと、ハッカーや悪気のあるアプリ、マルウェアなどが一般的ですが、中国のiPhoneユーザーからみての「最悪の敵」は端末の販売業者だったようです。

Officials arrest Apple distributors who sold private data – BGR
http://bgr.com/2017/06/08/apple-china-arrests/


中国のApple製品販売業者がAppleのデータベースにユーザーの機密データを不法に販売していたことがはっきりに身なり、22人が検挙されました。なお、販売業者は検挙さエるまでに、個インフォメーションを販売して730万ドル(約8億円)を稼いでいたとみられています。

販売されたデータといったのは、ユーザーのApple ID?名前?テレフォンナンバーなどで、1アカウントあたりわずか1.5ドル(約165円)に26ドル(約2900円)度合いで販売されていたとのこと。なお、機密データの販売は考えの外好調だったようですが、どれくらいのユーザーデータが流出したのかは現時点では不明瞭です。

By njt1982

検挙された販売業者はサードパーティーの販売者であると見られていますが、せめてAppleの内部サーバーのある度合いのレベルの階級にアクセス行う職権を持っていたこといったのははっきり。ニュースによれば、中国当局による数か月に達する調べるの末に検挙さエることとなったそうです。

Appleが中国市に参入したのは2014年のことで、China MobileがAppleと提携してiPhone 5s/5cの販売をスタートしてに中国でのiPhone盛行が始めました。しかし以後、中国の内閣当局は「Appleが中国の顧客をスパイしていり付ける」でもって繰り返し訴えを起こしており、Appleと中国との間柄は激しく揺れ動いています。


なお、いにしえには本物か偽かまったく見分けのつかぬ偽のApple Storeが中国に所在行うとトピックになったり……

本物か偽かまったく判別のつかぬ中国のApple Store - BLACKBCAS


Appleが中国のスマートフォンメーカーに「デザインが酷似していり付ける」でもって知的財産権侵略を申し立てられ、中国の知財当局にiPhone 6の販売ストップ指令を下されたりと、中国では幾度も厄介ごとに巻き込まれてきたApple。

Appleがパクリだと訴えられた中国起訴が決着、ようやくiPhone 6の販売再開へ - BLACKBCAS


それさえ中国でのAppleの売上は依然でもって好調であり、Appleからみては欠かせぬ市であるといえそうです。

?関連雑報
iPhoneを製造行う中国の工場に潜入したアメリカの大学び舎院生がその労働環境を赤裸々に告白 - BLACKBCAS

Appleがパクリだと訴えられた中国起訴が決着、ようやくiPhone 6の販売再開へ - BLACKBCAS

「iPhone 6」と最新の「iPad」を作っていり付けるApple下請け工場の戦慄の実態がはっきりに - BLACKBCAS

iPhone 6を購入行うのにに多勢の中国人がニューヨークのApple Store前に集結、やりたがる放題の末に最後はiPhoneを闇市に流した文様 - BLACKBCAS

Tweet

in モバイル,   セキュリティ, Posted by logu_ii