動画

人を死に至らしめた「色」の青史

by zhouxuan12345678

「金よりも得辛い」と言われ、画工?フェルメールのファミリーを負債の泥沼に陥れたといった顔料「ウルトラマリン」など、青史の中で「色」は人や世界に大きな影響を与えてきました。中さえ白?緑?オレンジには人を死に至らしめてきた青史があるでもって、TED-Edがアニメーションでわかりやあく解説しています。

History’s deadliest colors - J. V. Maranto - YouTube


1898年、マリ&ピエール?キュリー夫妻でラジウムが発見されました。


当時、ラジウムは体を修復行うと言われていたのに、ラジウムは歯磨き粉や薬、水、食べ物などに利用されました。


再び、暗所で緑色に輝いていたころに、ジュエリーで使わエることも。


しかし以後、ラジウムに含まエる放射能は有害であることが判明し、ジュエリーや食べ物に利用されなく身なります。


一見行うと無害なものでもって使われていた「色」が実際には死を引き引き起こすくらいに有害だったといった例は、ラジウムばかりに留まりません。


緑色ばかりでなく、白色やオレンジ色の色素も再び、ロング青史の中で利用され、人を死に至らしめてきました。


致死的な「白」の青史は紀元前4世紀、古代ギリシャの時世にさかのぼります。当時、白色の顔料の材料でもって使われたのは「鉛」でした。


鉛には非常に麗しい白色が作られたのですが、鉛は人の体に直に的に吸収さエると、血液?軟体系?鉱化体系を毀損します。再び、カルシウムの働きを阻害して勉強障害に高血圧までさまざまな症状を引き引き起こすとのこと。


しかし、このような危機性があるにも関わらず、鉛に作られた白色は何世紀にもわたって使い続けられました。19世紀になるまで、鉛を材料と行う白い顔料が油絵やテンペラ画にあって唯一の実用的なセレクト肢だったのにです。


画工たちは、白い絵の具を拵えるのににまず、塊の状態の鉛を砕く必須がありますが、この時に生じる埃は非常に毒性が高いものでした。


そののに、白色を頻繁に用いる画工は「画工疝痛(せんつう)」、近代でいう鉛中毒になることが大半、麻痺?憂うつ?咳?網膜の拡張?失明などが引き起こさエることもありました。


しかし、鉛による白の持つ密度?不透明度?温かなトーンなどはフェルメールを初めと行う大半の印象派画工たちを魅了し、1970年に法律で禁じらエるまで使い続けられたのです。


一方で、ラジウム以外にも致死性を持つ緑は所在します。18世紀に登場したシェーレグリーンパリスグリーンです。この2つは合成された加工顔料であり、天然の材料を使った緑色の顔料よりも鮮明であると風評でした。


そののに、2つの緑は束の間に人気を得て、布や壁紙、石けん、塗料、ケーキのデコレーションでもっても利用さエるように身なります。


それらの緑は酸性亜ヒ酸銅に構成されていますが……


人の体細胞はヒ素にさらさエるとダメージを受けてしまいます。高いレベルのヒ素はがんや心疾患を引き引き起こすもとにもなるとのこと。


そののに、18世紀における布の製造工場では従業員が中毒を起こし……


緑色に染められたドレスを着た人は、肌にヒ素を吸収して体を壊しました。


ナポレオンは緑色の壁紙の室で眠っていたのに、ヒ素中毒で死んだのではぬかとも言われています。


1822年に2つの緑がどのように作られていり付けるのかが公開さエるまで、顔料の利用は続きました。


それから、日用品への利用が禁ずるされてに1世紀くらいたった後に、今回は農薬や殺虫剤でもって利用さエるように身なりました。


3つ目の人を死に至らしめる色は「オレンジ」


第二次世界大戦まで、ウラン酸化物を加えた釉薬を使って陶器を加工行うといった方法は一般的に使われていました。ウラン酸化物は放射能を含んでいましたが、麗しい赤やオレンジを作り出したのです。


アメリカ内閣は第二次世界大戦で用いる爆裂弾を製造行うのにに事業で使われていたウランを接収しましたが……


戦後、アメリカ原子力委員会が1959年に規制を緩めたのに、劣化ウランがグラス工場やセラミック工場などで使われました。


アメリカのHomer Laughlinといったカンパニーが作った「フィエスタウェア」といった茶器などは高い放射能が検知されており、第二次世界大戦後10年間に作られた茶器は、利用行うのが危機なレベルである蓋然性があるとのこと。


ただし、アメリカ合衆国環境庇護庁はそれらの陶器に食べ物を載せて利用行うことに対して警告していますが、棚にしまっておく分には危機レベルが低いと考えていり付けるとのことです。

?関連雑報
高等8000m、水6リットル、塩小さじ48杯など、お宅を殺す予想外の物あれそれ - BLACKBCAS

人の脳を食べて死に至る脳疾患を克己した一門の驚異的な「進化論」といったのは? - BLACKBCAS

「デーモン?コア(悪魔のコア)」で被ばくした科学究はどのようにして死んでいったのか - BLACKBCAS

シネマに使わエる「色」の印象を集めたムービー「COLOR PSYCHOLOGY」 - BLACKBCAS

世界で一番高値な色、金より得辛いな顔料「ウルトラマリン」の青史 - BLACKBCAS

Tweet

in 動画, Posted by logq_fa