サイエンス

虫歯診療が大きく変ずる蓋然性あり、アルツハイマー診療薬を使って歯を再生さすことに成功

by Evan Long

虫歯の診療ののに歯をそぐと、通常、削った一部分が完璧に再生されぬので加工の詰め物を入エることに身なります。しかし、キングス?カレッジ?ロンドンの究める者らで公表された中身によると、アルツハイマーの診療薬を利用して、虫歯などでダメージを受けた歯を再生さすことに成功したとのことです。

Promotion of natural tooth repair by small molecule GSK3 antagonists : Scientific Reports
http://www.nature.com/articles/srep39654

Decline of the dentist's drill? Drug helps rotten teeth regenerate, trial shows | Science | The Guardian
https://www.theguardian.com/science/2017/jan/09/decline-of-the-dentists-drill-drug-helps-rotten-teeth-regenerate-trial-shows


A Drug Meant for Alzheimer’s Treatment Regrows Human Teeth | Motherboard
http://motherboard.vice.com/read/an-alzheimers-drug-could-help-grow-teeth-and-fight-cavities

「歯」は一見行うと鉱石質の塊のようにも見えますが、実際には独自の生理機能を持っています。表面にある硬いエナメル質の下にある象牙質といった一部分は、エナメル質より柔らかく衝撃に強力といった性格を持ち、歯の体系の大一部分を占めています。象牙質は一回削らエると完璧に再生さすことが困難のに、歯の診療では削られた一部分に詰め物をして、その上にバックアップを行うのが一般的です。しかし、現在の診療で使われていり付けるセメントの詰め物は、歯を弱く行うと考えられており、基本的にはもともと所在行う象牙質を維持行うことが好まれます。


そこらで、究める者らが目をつけたのが、アルツハイマーの診療で使わエるTideglusibといった薬。Tideglusibには「歯が生長行う」といった副反作用があり、究める者らはTideglusibを使って象牙質を再生できるのでは?と考えたわけです。アルツハイマー診療にあって、Tideglusibはアルツハイマー型認知症のもととなる、異常のあるタウタンパク質に働きかけると考えられています。一方、歯の診療におけるTideglusibは歯の目玉にある幹細胞に働きかけ、象牙芽細胞を成寸法すトリガーと身なります。

今回行われた実験はマウスを対象にしたもの。欠損のあるマウスの歯に、薬を浸したスポンジを詰めたところ、歯の再生を確認したとのこと。生物分解性のあるスポンジを利用し、数週間後にマウスの歯を確認行うとスポンジはほとんど分解され、真新しい歯に置き換わっていたそうです。今回の診療法が人にも適用さエるようになれば、加工の詰め物で歯が弱く身なり将来的に虫歯にかかるリスクが高くなることもなく、健康な歯を取り戻すことが可能と考えられています。

この技能を人に適用すべく、究めるチームは現在、マウスより4倍くらい歯の穴が大きなラットで実験を行っていり付けるところ。実験が成功すれば、2017年内にも人を対象とした臨床テストが行わエる予定です。ただし、今回の方法は虫歯診療における「歯をドリルでそぐ」といった作業をなくすものではぬので、虫歯診療の恐怖が完璧になくなるわけではぬとのことです。

?関連雑報
点滅行う光を浴びすばかりでアルツハイマー病が治癒行う蓋然性 - BLACKBCAS

アルツハイマー病の徴候を「目」に知ることができる新技能が登場、従来より安値?早期に点検可能に - BLACKBCAS

アルツハイマー病になって失われた覚えは還元できる蓋然性が示さエる - BLACKBCAS

睡眠欠乏は覚え喪失のもとと身なり、さらにアルツハイマーの元となるタンパク質も累積してしまうことが判明 - BLACKBCAS

「アルツハイマー病は人に人に移動」といった新説に新たな調べる結果 - BLACKBCAS

サウナ風呂場に頻繁に入る人はそうでぬ人よりも認知症に66%も身なりにくいことが究めるで判明 - BLACKBCAS

超音波がアルツハイマー病で失われた覚えを回復さす - BLACKBCAS

Tweet

in サイエンス, Posted by logq_fa