×
動画

やるべきことをのろのろと先延ばしに行う慣習を利用して逆に産出性を上げることができる

by Morgan

やるべきことを締切寸前まで先延ばしにしてしまう「先延ばし行動」をやめたがるのにつなんどきいやってしまう……といった人もたくさんはず。先延ばし行動を断ち裁つのにのライフカレンダー「your life」なども作られていますが、先延ばし行動をすっぱり打ち切るのではなく、逆に利用して産出性を上げる方法が所在します。

How to Procrastinate Productively - The Atlantic - The Atlantic
https://www.theatlantic.com/video/index/497642/how-to-procrastinate-productively/

「産出的に先延ばし行う」方法は、以下のムービーは以下に確認できます。

How to Procrastinate Productively - YouTube


「のろのろと先延ばしにしてしまうほう?」と聞かれて「常に先延ばしにしていますね。今仮にています」と返答男性。


別の男性は「どういうジャンルのことを先延ばしにしますか?」と聞かれて「仕事」と答え……


「先延ばしに行うことが問題になったこといったのはありますか?」と聞かれた女性は即答で「はい」と答えました。


このように、大半の人が「先延ばし行動」を行っており、一方で先延ばし行動をやめたがるとも願っています。問題は、先延ばし行動をしてしまう人の脳は休息を請いていり付けるといったこと。では、脳の請いる休息を与えつつ「産出的に先延ばしを行う」といったこといったのは可能なのでしょうか?

慣習の力 The Power of Habit」といった本の著者であるジャーナ名簿のチャールズ?デュヒッグ氏は、先延ばし行動のことを「倫理的なウイークポイント」ではなく行動の契機?ルーティン?報酬に構成さエる「慣習」だと語っています。例えば、「契機」はメールボックスが一献になっていり付けること、「ルーティン」はFacebookをチェック行うこと、「報酬」は休息を取ることでリフレッシュできることなどを示します。


そこらでリポーターのオルガ?カザン君が先延ばし行動をしてしまう女性に対して「先延ばし行動を5~10分取るとリフレッシュした気分になる?」と聞こえると……


「そういう気分には身なりません。先延ばし行動の後はやるべきことを受動的にやってしまったり、密集力がなくなったりしてしまうし、『自分自身がいかに先延ばし行動で時を無駄にしたのか』を考えてしまいます」と女性は語りました。


一方で、「なんで先延ばし行動を取ってしまうと考える?」と聞かれたこっちの男性は「迫り来るものが何もぬかのように振るう舞い、他のことを行うのは気分がいいにです」と回答。要するに、先延ばし行動は頭をリフレッシュしてくエる役割があるものの、人や場合では単なる「時の無駄」に終わってしまうことがあるわけです。


先延ばし行動を利用して産出性を上げる方法でもって「Simplified Habit Reversal(慣習転回法)」といった診療法があります。


慣習転回法は通常、体をかきむしったり髪の毛を引っ張ったりといったクセを持つ人の診療法でもって使われます。


Facebookをチェック行う行いなどは爪かみなどと同様に無実像で行わエることなので、慣習転回法のテクニックが使えるわけです。慣習転回法は「(1)実像下稽古」「(2)拮抗反応の勉強」「(3)リラクゼーション稽古」「(4)たまたま性の管轄」「(4)汎化稽古」といった方法で行われます。まず、Facebookを触ってしまったらその度に筆録などを行うことで、自分自身がどのような状況でFacebookを触れるかを認知し、無実像の行動を実像的に行えるように身なります。それが(1)実像下稽古です。それから、「Facebookを見たくなったらデスクを清掃行う」といったような別の行動を体に勉強さす、要するに(2)拮抗反応の勉強で、先延ばし行動を産出的な行動に置き換えることができるはず、といった論理です。


さらに、Implementation Intention(実践積もり)といったものも役立ちます。実践積もりは「○○だったら△△をやろう」といったもので、どのような時にどのような行動を取るかをあらかじめ決めておくこと。この方法ではまず、やらなければならぬことをToDo名簿でもって書き出します。


それから名簿の中にある「本を読む」といったとタスクの後に「Facebookをチェック行う」といった行いをあらかじめ設定しておけば……


意思の力に頼らずとも、Facebookといった慣習を「本を読む」といった慣習に置き換えることができるように身なります。


先延ばし行動は全てがいけないものではありません。スタンフォード大学び舎の形而上学究ジョン?ペリー氏は「構成化された先延ばし論理」を主唱しており、ペリー氏によると「大事な作業を先延ばしにして大事度の低い別の作業をしてしまう」といった慣習を逆手にとり、一番大事な作業を後回しに行うことで、大事性の後れる作業をぐんぐん片付けていけるとのこと。要するに、先延ばし行動を利用行うことで単純なタスクを産出的に行えるようになるわけです。


ここらでカギとなってくるのは、大事なことを先延ばしにしていり付ける時にやる別のタスクが「まったくの無駄な行い」なのか「大事度は低いがやるべきタスク」なのかといったこと。先延ばし行動は全てが全ていけないのではなく、やり方では産出性を上げることが可能。先延ばし行動の後に罪悪感を抱かず、頭をリフレッシュ行うことができるような代替的な「先延ばし行い」を考える必須があるわけです。

?関連雑報
やるべきことを締切寸前まで先延ばしにしてしまう心理に迫る「Inside the mind of a master procrastinator」 - BLACKBCAS

のろのろと先延ばしに行う慣習を打ち破くのにに「脳をだます」といったシンプルな実践法 - BLACKBCAS

やることを先延ばしにして本気になれぬ人に「人生の締切」を可視化して行動を起こさすツール「your life」 - BLACKBCAS

なんで締切りギリギリまで先延ばしして遊んでしまうのか、どうすれば防止ことができるのか? - BLACKBCAS

やるべき事を後回しに行う「先延ばし行動」のバックにある「情」を分かる行う事で問題決着を狙う取り組み方法といったのは - BLACKBCAS

グズグズして今すべきことを「あとでやる」にして悔やむ行うのを改篤行う心理学的方法 - BLACKBCAS

なんさえ「あとでやる」でもってしまう人が知るべき10個の真実 - BLACKBCAS

Tweet

in 動画, Posted by logq_fa