×
サイエンス

懐妊行うと女性の脳に変換が起きて「母でもっての力」が強くなると究めるで判明

by Vladimir Pustovit

懐妊行うとホルモンバランスが大きく変動し、体にも変換があることが知られていますが、そればかりにとどまらず、脳にも変換があることが最新の究めるではっきりに身なりました。

Pregnancy leads to long-lasting changes in human brain structure : Nature Neuroscience : Nature Research
http://www.nature.com/neuro/journal/vaop/ncurrent/full/nn.4458.html


Pregnancy resculpts women’s brains for at least 2 years | Science | AAAS
http://www.sciencemag.org/news/2016/12/pregnancy-can-resculpt-women-s-brains-2-years

Pregnancy leads to brain changes that help mothers care for their babies - The Verge
http://www.theverge.com/2016/12/19/14008506/pregnancy-brain-changes-grey-matter-mother-child-bonding-nature-health

それはオランダ?ライデン大学び舎の神経科学究Elseline Hoekzema氏やバルセロナ自治大学び舎の究めるチームではっきりになったもの。

究めるチームは女性25人に対して、懐妊前と出産後3週間~数カ月の2回にわたり脳のスキャンを実施。それと同様間隔で、奥君が初産を出出迎える父親19人、子どものいぬ男性17人、懐妊体験のぬ女性20人にもスキャンを行い、各各解剖を行って灰白質量の変換を調べました。

その結果、懐妊した女性ばかり灰白質や海馬の容量が減僅かていり付けることがわかりました。懐妊の経緯が天然懐妊か体外受精かは間柄なく一貫して見られた趨向で、MRIスキャンを行えば女性が懐妊していり付けるかどうかが100%予測可能だったとのこと。

母親になった25人のうち、2人目以降を懐妊しなかった11人に対して、2年後に再びMRIスキャンを行ったところ、海馬の容量は回復していましたが、灰白質の容量は減僅かまれまでした。

再び、出産後の母親たちに自分自身の子どもを収める何枚かの子どもの写真を見せて、脳の働きをMRIスキャンで確認したところ、自分自身の子どもの写真を見たときに、灰白質の失われた脳領分が強力神経活動を示したこともわかりました。

by Mila Gutorova

今回、灰白質の減少がみられた領分は社会的認知を司っていますが、海馬の容量減少と締めても、覚え力の後退や認知機能の低下といったマイナスの影響は出ておらず、シナプス刈り込みで不用なシナプスを撤去し、神経ネットワークの効率を高めていり付けるのではぬかと究めるチームは考えています。

この究めるは懐妊した女性の脳に長期的な変換があるといった証左を示した初のもの。さらなる究めるが必須ですが、子どもを一回さえ産み落とすと女性は体も脳も「母親」になるといったのは間差異ぬようです。

?関連雑報
懐妊中の運動は赤ちゃんの脳の生長をロケットスタートさす効果がある - BLACKBCAS

懐妊して子どもを産み落とすのにどれぐらいコストがかかるのか?アメリカの場合 - BLACKBCAS

フィンランドの乳児死亡率が世界一低いのは段ボールで赤ちゃんを育てていり付けるに - BLACKBCAS

10代の懐妊を防止のにの「赤ちゃんロボット」が懐妊を促すといった逆効果をもたらす - BLACKBCAS

懐妊中のビタミンD欠乏症が子どもの自閉症の発症と関連していり付けることを究めるで確認 - BLACKBCAS

男性が出産の苦難を体験行うとどうなるのか?といったことを体を張って実験したムービー - BLACKBCAS

Tweet

in サイエンス, Posted by logc_nt