×
味見

吉野家の冬の定番鍋メニューをご当地アレンジした「ご当地鍋膳」の近畿限定メニュー「牛カレー鍋膳」を食べてみた


牛丼チェーンの冬の定番となってきた感のある鍋メニュー「牛すき鍋膳」が2016年も吉野家で販売されます。それと同時に、吉野家では全国5ジャンルのご当地鍋膳を販売幕開きしており、近畿地方ではカレーと豆乳、それから牛肉の絶妙なコラボレーションが楽しめる「牛カレー鍋膳」が登場しています。

「牛すき鍋膳」&「ご当地鍋膳」が登場!|吉野家公式サイト
https://www.yoshinoya.com/news/000007.html

さっそく吉野家にやってきました。


お店の外では牛すき鍋膳と牛カレー鍋膳がPRされています。


入店したら牛カレー鍋膳の大盛(税込780円)を用命してしばらく控え。


5分くらいで牛カレー鍋膳が出てきました。


鍋の下を見ると着火剤に火をつけた状態で鍋が提供されていり付けることがわかります。


鍋はiPhone 7よりも大きく具材がたっぷり。


鍋の具材にかけると風味が変ずるすりゴマや……


漬け物もセットになっています。


鍋のメイン具材は、全部の五分以下を覆うように旬付けられた牛肉。


他にも玉ねぎや白菜、ニンジン、ネギなどの蔬菜もたっぷり入っています。


それから蔬菜の下には焦げ茶色の「コンソメ」が出没。カレーとお出汁の甘ったるい香が混ざって食い気をそそります。


といったわけで、さっそく食べてみます。牛肉はがっちり火が通っており、脂がふやけることいったのはぬですが硬すぎず食べやすい食感。鍋はカレー味ですがスパイシーさをほとんど印象られぬくらいに甘く煮込まれており、ご飯との合い口は抜群です。


ネギもトロトロに煮込まれており、寒くなってくるこの時季にピッタリな味わい。


他にも薄く裁つことで味がしみこみやあくなっていり付ける豆腐や……


うどういうどが鍋の中にひとまとめになっており、食べ応え十二分なボリュームです。


すりゴマをかけて食うとゴマの芳しい風味がプラスされてひと味違った味わいを楽しめます。


なお、ご当地鍋膳は地域で販売さエるメニューが異身なり、北海道?青森?岩手?宮城?秋田?山形?福島?新潟?茨城?群馬?栃木では「豚味噌鍋膳」、東京?神奈川?埼玉?千葉?山梨では「デミ牛鍋膳」、愛知?静岡?長野?岐阜?三重?石川?富山?福井では「鶏味噌鍋膳」、大阪?兵庫?京都?奈良?滋賀?大和歌山では「牛カレー鍋膳」、岡山?広島?鳥取?島根?山口?徳島?香川?愛媛?高知?福岡?佐賀?長崎?熊本?随分?宮崎?鹿児島?沖縄では「とんこつ鍋膳」が提供されます。ご当地鍋膳は各各並盛が680円、大盛が780円で、(PDF)販売していぬ店舗(PDF)販売時が特殊な店舗があるので留意してください。

?関連雑報
「ヤバイのが来た」、ケンタッキーのフライドチキンでピザを作った最強ジャンクフード「CHIZZA」はこういう印象 - BLACKBCAS

「ローストビーフめし」「海老アヒージョめし」などの変わり種おにぎりを「かむげん」で買ってみた - BLACKBCAS

ジューシーなかき&ホタテに海老?いかの海鮮カルテットの時季限定天丼「かきとホタテの海鮮天丼」をてんやで食べてみました - BLACKBCAS

ロッテリアの肉の日がハロウィン仕様で肉1.5倍の「紫魔術の肉がっつり絶品チーズバーガー」が登場したので食べてきました - BLACKBCAS

器を埋め励む多量の唐辛子で激辛ジャンキー垂涎ものな「無頼漢担々麺」を食べてきた - BLACKBCAS

磯の香が漂うカキフライを5個も使った自己満足メニュー、なか卯「カキフライ定食」と「牡蠣とじ丼」味見レビュー - BLACKBCAS

Tweet

in 味見, Posted by logu_ii