×
セキュリティ

インターネットの高等なセキュリティがユーザーの安全対策を怠るもとになっていり付ける蓋然性

By Christoph Scholz

定期的にパスワードを改定行うのが厄介になって野放ししてしまったり、ECサイトで欲しい売り物を発見も新アカウント作成を煩わしく印象たりといった体験は、インターネットを使っていり付ける人なら誰さえあるはず。こういったこといったのは、「Security Fatigue(セキュリティ疲労)」で引き起こされていり付ける蓋然性があるでもって、アメリカ官立標準技能究める所が究めるレポートを公開しました。

Security Fatigue
https://www.computer.org/csdl/mags/it/2016/05/mit2016050026-abs.html

‘Security Fatigue’ Can Cause Computer Users to Feel Hopeless and Act Recklessly, New Study Suggests | NIST
https://www.nist.gov/news-events/news/2016/10/security-fatigue-can-cause-computer-users-feel-hopeless-and-act-recklessly

アメリカ官立標準技能究める所の心理学究のブライアン?スタントン博士は、「セキュリティ疲労」を「コンピュータの安全対策に取り組み立てることで生まエる疲労」と定義づけ、セキュリティ疲労によりユーザーたちがインターネットの安全対策を怠るようになってしまうことが調べるに判明したと公表しました。

スタントン博士が行った究めるは、包括的データを採集行うときに用いらエる質的究めるといった方法で行われました。質的究めるは、第三者が被験者の反応を精察行うのではなく、被験者の究める題材に対行う内的視点を重視行うといった方法。スタントン博士は、さまざまな職に集められた20~60歳代のインターネットユーザーに対してオンラインショッピングやネットバンキング、PCのセキュリティ、セキュリティソフトウェアなどにつきインタビューを行いデータを採集しました。

By Blue Coat Photos

被験者の中には「全てのパスワードを覚えるのに疲労た」「インターネットで簡便なことをすれば行うくらいセキュリティに気を遣わなければいけぬ」「パスワードを間違えたばかりでアカウントがバンされた」といった人が多数いたそうです。再び、「自分自身がサイバー犯行のターゲットになる訳が分かる不能」「自分自身のデータを盗まれても問題があるといったのは印象ぬ」といった人もたく君おり、こういったこといったのはセキュリティ疲労で引き起こされていり付けるとのこと。

スタントン博士は「セキュリティ疲労を印象ることで、ユーザーはインターネット上で危機な行いを行うようになってしまいます」と述べています。平易にしゃべると、一方的に厳しいセキュリティを押しつけらエることで、ユーザーは「安全対策をいろいろ行うのが厄介だ」と印象るように身なり、結果的に安全対策を怠るような行動をとってしまうといったこと。スタントン博士は「ユーザーは家ばかりでなく仕事さえPCでインターネットに連絡行うので、セキュリティ疲労による悪影響は到底危機です」と述べています。

By Johan Viirok

採集したデータを解剖したところ、セキュリティ疲労を和らげユーザーが危機な行動を取らぬように行うるのにには、「ユーザーが下すセキュリティ上の意思決定度数を減らす」「安全対策をもっとシンプルに行う」といった方法が効果的であることがわかりました。スタントン博士は社会学究や心理学究、サイバーセキュリティプロなどと共に、ユーザーがどうやってセキュリティ疲労を制御行うか調べる行う究めるを行う予定とのことです。

?関連雑報
一番しばしば使われていり付ける危機なパスワードトップ25名簿、年度ごとにパスワードにもはやりがあることもはっきりに - BLACKBCAS

頭を悩ます厄介なIDとパスワードをまとめて平易管轄できるフリーソフト「ID Manager」 - BLACKBCAS

Yahooにいにしえ極大級となる5億人分ものユーザーインフォメーションが流出、内閣系ハッカーによる攻めると本式公表 - BLACKBCAS

パスワードを定期的に改定さすシステム仕様には問題がある - BLACKBCAS

Googleが従来のパスワードを排除しユーザーの行動を勉強して認証を行う「Project Abacus」をもはやじきに幕開き - BLACKBCAS

Tweet

in セキュリティ, Posted by darkhorse_log