×
メモ

「知力」は出身つき備わったものなのか?覚え過剰になることで人は生長を止めてしまうことが判明

By alicejamieson

いわゆる「頭の良さ」が人で違うと印象らエる場合があるか仮にれませんが、その差異は単なる出身つきがもとといったわけではなく、普段の考え方次第で大きく影響を受けるのか仮にれません。ある究めるチームが行った実験によると、覚え過剰な人くらい与えられたタスクの平易な一部分にばかり力を注いでしまうことがわかっています。

Understanding overconfidence: Theories of intelligence, preferential attention, and distorted self-assessment
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0022103115300135

Think intelligence is fixed? You’re more likely to overestimate your own | Ars Technica
http://arstechnica.com/science/2016/03/think-intelligence-is-fixed-youre-more-likely-to-overestimate-your-own/

「頭の良さ」に対行う考え方には、2通りの考え方があるといえます。1つは「頭の良さは出身つき備わったもので、髪の色や目の色と同様ようなものである」といった考え方で、もはや一方は「頭の良さは変えらエるもので、人生を通じてより良く行うことができる」といったものです。要するに、頭の良さが遺伝的なものであると行う考え方と、後天的に改篤行うことができると行う考え方であるわけですが、せめて究めるには普段の考え方が頭の良さに影響を与えていり付けることがはっきりにされています。

この究めるを行ったのはワシントン州立大学び舎のJoyce Ehrlinger博士らによる究めるチームで、その究める結果には「頭の良さは固定的なものであると考えていり付ける人は自分自身の才能を過剰に高く評価しがちであり、その結果でもって知的才能の発展が滞ることがある」といったものでした。

究めるでは、参画者に対して生徒の知力を企てる共通テスト「GRE」にしばしば似たものが与えられ、回答中身の趨向を調べるしました。行うと、「自分自身は知力が高い」と覚え過剰に考えていり付ける人はテストの中さえ平易な問題に大半の時を割いていり付ける趨向が判明。一方で、「知力は改善できる」と考えていり付ける人くらい、より困難問題に取り組み立てる趨向にあることがわかったとのこと。

By Nata Luna Sans

究めるチームでは、自実像が過剰なタイプの人は平易な問題をほどくことで自分自身の才能を過剰に評価していり付けるでもっており、逆に困難問題に音頭取りして取り組んでいり付ける人は、壁にぶつかることで自分自身の才能をより的確に判断していり付けると指摘しています。

さらに究めるチームでは、別の参画者に対して「知力は出身つきのものである」といった中身を示し込んだ上で同様のテストを実施。行うと、参画者がもとに持っていた考え方に間柄なく、より平易な問題に取り組もはやと行う趨向が生じたこともはっきりになっています。

ある意義では「当然の結果」とも印象らエる中身ではあるわけですが、実際の調べるでもってこの趨向がはっきりになったこといったのは特記すべき点と言えそう。個の考え方は元よりのこと、学び舎のクラスや仕事場の環境にあって生長行う力をつけるのにの「グロース?マインドセット」を浸透さすのにの大事なポイントと考えることができそうです。

By Xavier Vergés

?関連雑報
「生長行う考え方」と「生長できぬ考え方」の差異が20年の究めるではっきりに - BLACKBCAS

大半の子どもが投げ出してしまう科学?数学などの勉強が長続き行うよう親が行うべき大切なことといったのは? - BLACKBCAS

「子どもを褒めて伸ばす」のに大事なポイントを解説、途上でめげぬチャレンジ行う子どもを育むのに必須なことといったのは? - BLACKBCAS

45年にわたる5000人の偉才の追跡調べるで「早熟の偉才」くらい社会的?理財的に成功を収めやすいことが判明 - BLACKBCAS

頭脳を高める5つの方法 - BLACKBCAS

1万時稽古せずとも遺伝子が優れていれば一流になエるのか? - BLACKBCAS

家計所得で脳の構成が変換して学業実績に影響行うことがはっきりに - BLACKBCAS

未就学教育での「算数」で明るい未来が開かエるといった考え - BLACKBCAS

Tweet

in メモ, Posted by logx_tm