×
メモ

40年以下もシベリアの奥地でひっそり暮らし第二次世界大戦の所在すら知らなかった「ルイコフ一家」


1930年代にソ連当局にの迫害に逃エるのにに、人里離れたシベリアの森の奥深くにとんずらた「ルイコフ一家」は、40年以下の間、世界とのつながりを一切絶った状態でひっそりと暮らしを続けていました。苛烈な環境の中、世の中と隔絶した暮らしは、奥深い信ずる心がもたらしたようです。

For 40 Years, This Russian Family Was Cut Off From All Human Contact, Unaware of World War II | History | Smithsonian
http://www.smithsonianmag.com/history/for-40-years-this-russian-family-was-cut-off-from-all-human-contact-unaware-of-world-war-ii-7354256/

1978年、ロシアのシベリアで地質調べるを行うのにに飛行中のヘリコプターがタイガが生い生い茂るシベリアの密林で、着陸行う箇所を探していり付ける途上にわだちのようなものを発見しました。クルーたちは形や規模を検討した後に、人が居住用に作った庭ではぬかといった結論に達したとのこと。しかし、この箇所は、一番近くの人里に150マイル(約240キロメートル)以下も離れた辺地であり、当時のソ連当局が住人を把握していぬ箇所だったのに、非常に大きな驚愕を与えました。


野生生き物以下に危機な所在ととらえられた人を探索行うのにに、科学究たちはその箇所に10マイル(約16キロメートル)くらい離れた箇所に本拠を構えて調べるがスタートしました。調べるをリードした地質学究のガリーナ?ピスメンスカヤ氏は、探索は日本晴れた日を選んで行い、親交を示すのにのプレゼントを片手にしつつも、ピストルを携行していたそうです。調べるではジャガイモを乾燥させていり付ける木肌でできた容器など、人の活動行う痕跡が見つかり始めたとのこと。それから、とうとう細流のわきに建つバラックをピスメンスカヤ氏は発見しました。


ビスメンスカヤ氏が低い箇所に取り付けられたドアを開けると、突然、眼前に裸足の老人が現れたとのこと。やや怯えるように見えた男性の老人に対してビスメンスカヤ氏が、「こんにちは、おじ君い君。お宅を尋ねてきました」と呼びかけたところ、しばらく間をおいてに、「はるばるここらまで来られたのです、中へお入りください」と老人は話したそうです。


道案内されたピスメンスカヤ氏がバラックに入ると、床にはジャガイモの皮とナッツの殻が敷かれており、薄薄暗いこの小さな室で5人ファミリーが暮らしていり付けることをピスメンスカヤ氏は知りました。しばらくの沈黙の後、中にいたある女性はヒステリックに叫びだし、再びある女性は「神様。私たちの罪です。私たちの罪です」と祈念始めたとのこと。小さな窓に入る光で照らされた二人の女性の恐怖が浮かぶ目を見たとき、ピスメンスカヤ氏はできる限りすばやくそこらに退去しなければいけぬと気づいたそうです。

科学究一行は急いでバラックに数メートルはなれた箇所に待避したところ、約30分くらいしてバラックのドアが開き、老人と二人の女性が近づいてきました。いまだに用心深く、恐怖がぬぐいされぬ目をしつつも、非常に好奇心に満ちた妙な状態で、なんと「私たちはそれを許されていません」と小さくささやきつつプレゼントでもって渡したパンとジャムを返したそうです。ピスメンスカヤ氏が「お宅はパンを食べたことがあるのですか?」と問うと、老人は「私は食べたことがあります。ですが、彼女たちは食べたこといったのはありません」と述べたそうです。


科学究たちが時をかけてこのシベリアのは食い差異にあるバラックをたずねたところ、老人の名はカープ?ルイコフ氏で、17世紀に変わらぬロシア正教会古儀式派の信ずるを持つ男性だと分かりました。ピョートル大帝時世に迫害されてきた宗派の青史をすらすらと話すルイコフ氏は、当時のソ連が行っていた宗教弾圧を受けていたとのこと。1936年に共産党の機密ポリスに姉妹を射ち殺さエるといった事件のあと、ファミリーをつれてシベリアの森にとんずら出したそうです。


当時ルイコフ氏は、妻、9歳のせがれと2歳の娘を道連れて4人でとんずら出しました。シベリアの森を切り開きバラックと作物を培養したルイコフ一家は、1940年、1943年に大天然の中、新たな子どもをもは自暴自棄ています。しかし、1950年代後半には食料となる生き物を捕まえることがなく、再びニンジンなど培養していた蔬菜を野生生き物に荒らさエるなど、食糧欠乏の時分を出迎えたとのこと。それから、子どもののにに食料を分け与えていたルイコフ氏の妻は1961年に死亡したそうです。

粘り気強くルイコフ一家を訪れた科学究一行が持っていた透明セロハンを見た子どもたちは、「グラスなのに反る」と関心を示したとのこと。遠方、世の中に隔絶された山奥で暮らしていたルイコフ一家は1936年に発見さエるまでに世界で起こっていたことをまったく知らず、第二次世界大戦とも無縁の暮らしをひっそりと送っていました。しかし、聖書を勉強行うことで子どもたちはみな読み書きができたとのこと。「薄暗い荒野に単独で出ると怖くぬの?」と問う調べる員に対して、「私を傷つけるものがここらにはあるでしょうか?」と答えたそうです。


「下界」との接点を回復したルイコフ一家でしたが、1981年には4人の子どものうち3人が滋養失調や肺炎で死亡したとのこと。子どもたちを救おうと、救急ヘリコプターの要請を受けたルイコフ氏は、「人はみな神の許しのもと生きていり付けるのです」と述べ、申し出を拒絶しました。2人ファミリーになったルイコフ氏は町に移り居住ように説得されましたが、断固でもって拒絶。1988年2月16日にとうとうルイコフ氏は息を引き取ったとのこと。この日はルイコフ氏の妻の忌日の翌日だったそうです。ただ1人となったルイコフ氏の末の娘?アガーフィア君は、依然でもってシベリアの森の奥での暮らしを続けています。

?関連雑報
信念ののにに命を落とした6人 - BLACKBCAS

3万年前のとわ凍土にいにしえ極大サイズのウイルスが復活 - BLACKBCAS

レーニンの遺体の維持?温存には年間2000万円以下のお金が必須 - BLACKBCAS

ロシアの富の35%をわずか110人の人が占めていり付ける - BLACKBCAS

共産方針時世のルーマニア人民に唯一のエンターテインメントを届け続けた女性といったのは? - BLACKBCAS

突如に現れしたジャンボな穴は地球温暖化対策が待ったなしを暗示行う時限爆裂弾だと科学究が指摘 - BLACKBCAS

旧ソビエト合衆国時世のクリスマスカードいろいろ - BLACKBCAS

Tweet

in メモ, Posted by logv_to