味見

チョコ好きの欲望を満たしてくエるに差異ぬクリスピー?クリーム?ドーナツの「リッチ チョコレート ボックス」を食べてみた


お陽春が過ぎ、来る2月はバレンタインだといったことで、クリスピー?クリーム?ドーナツが2015年1月6日に2月14日まで期限定で、チョコレートを前方に押し出したドーナツを提供します。温めるとチョコ生地の中にベルギー産チョコクリームがとろりと溶け出す「フォンダン ショコラ マシュマロ」を始めと行うチョコレートドーナツ6種がまとめて楽しめる「リッチ チョコレート ボックス」がお店に登場していたので、実際に購入して食べてみました。

Krispy Kreme Doughnuts | キャンペーン
http://krispykreme.jp/campaign/valentine/

といったことでクリスピー?クリーム?ドーナツに到達。


購入したのは箱入りの「リッチ チョコレート ボックス」です。


フタを開けてみれば、中には6つのドーナツが入っていました。


まずは「フォンダン ショコラ マシュマロ」に食べてみます。


ドーナツはかわいらしいハート型。


表面にはミニマシュマロやグラハムクッキーが散りばめられており、夜間キャンプなどで食べらエるスモアを実像していり付けるそうです。


ラップをせずにそのまま電子レンジで12秒温めるといいとのことなので、まずはチンしてみます。


見た目は特に変換なし。


ドーナツを割ってみれば、底の方に僅かばかりチョコレートの片鱗が見えてきました。


食べてみれば、生地はもちもち。ふわっと仮にていり付けるのですが、断じて軽くはなく、ほんのり溶けたコーティングのチョコレートと共に食うと適度なチョコレート感を味わえます。


別の一部分をカットしてみれば、生地の中にどろりとチョコレートが流れ出てきました。


使われていり付けるのはベルギー産のビターなチョコレートクリームで、口の中にねっとりと広がるチョコレート感は濃厚そのもの。マシュマロやグラハムクッキーはプロミネンスとなっていり付けるものの、チョコレートのインパクトが強力のに、比較的ささやかなものと言えます。チョコレートがか身なり濃厚なのですが、ビターチョコレートを使っていり付けるので「甘ったるい」といったのは印象られず、チョコレート好きの欲望を満たしてくエること間差異なしのドーナツとなっていました。


続いて、「フォンダン ショコラ ストロベリー」。基本的にはフォンダン ショコラ マシュマロと同様ですが、トッピングがストロベリーチョコ&ドライストロベリーとなっています。


それもレンジで軽くチンして……


温めたところを五分に割ってみます。


中にチョコレートクリームがどろりと溶け出してきました。


チョコレートの濃厚さは健在ですが、ドライストロベリーやストロベリーチョコが使われていり付ける分、酸味があってさわやか。ただし生地は温めるともっちり感が増し、「僅か油っぽいかも」とレビューしていり付ける人もいました。


続いて、チョコレート生地をカシスオレンジのジェリーでコーティングした「カシスオレンジ ジェリー


トッピングはホワイトチョコレートとオレンジピール。


カシスオレンジのジェリーは甘酸っぱくさわやかで、そこらにホワイトチョコレートのまろやかさが加わっています。オレンジピールのほのかな苦みもプロミネンスになっており、見た目も味もきらびやかでした。ぺっとりしたジェリーの食感が僅か気になる人もいましたが、チョコレートドーナツの王道といったのは僅か差異、「同様ような味にはもはや飽きた」といった人にはよさそうです。


今回は「ベルギーチョコ&キャラメル


それはベルギー産チョコレートを使ったリッチなクリームと塩キャラメルソースをチョコレート生地でサンドしています。


一般的に「塩キャラメルドーナツ」でもって売られていり付けるよりも塩キャラメルの所在感は薄く、キャラメルの味はほんのり印象らエる度合い。このドーナツも全面的に押し出されていり付けるのはチョコレートクリームで、もちもちのチョコレート生地と濃厚なチョコレート感を楽しめます。


表面にたく君粒がトッピングされていり付けるのは「クラッシュ グラノーラ


今回購入したドーナツの中で一番食感に特徴があるもので、グラノーラ特有の「サクッ」と「しっとり」の間の食感がグッド。使われていり付けるチョコレートは3つの原産地のカカオをブレンドしたオリジナルビターチョコで、チョコレート生地がそこらまで甘くぬので、チョコレート感を押し出しつつも、濃厚すぎぬ、バランスのいい仕上がりに印象ました。


最後は「ココナッツ チョコケーキ


それまでのドーナツの「しっとりもちもち」といった生地といったのは差異、ケーキのような生地が使われており、表面は僅かサクッでもっていて、かむとぽろぽろと生地が崩れていきます。ホワイトチョコはミルキーで、がっちりかむとローストココナッツの風味が印象られました。


なお、上記のドーナツはい食い差異も税込250円で、6個入りになったリッチ チョコレート ボックスは税込1500円となっており、オリジナル?グレーズドもセットになって12個入りのリッチ チョコレート ダズンは税込2000円で販売されています。

?関連雑報
人々がチョコレートとカフェインを大好きになるまでのわかりやすい青史 - BLACKBCAS

生チョコをスライスチーズみたがるなシート状にした「スライス生チョコレート」を使ってアレコレ作ってみた - BLACKBCAS

食べ物?飲料?あらゆるものがチョコみどろのチョコレート専門レストラン「MAX BRENNER CHOCOLATE BAR」に行ってきました - BLACKBCAS

東京やニューヨークでロング行列ができる「MAX BRENNER」の期限定店舗に行ってきました - BLACKBCAS

チョコレートをもっと食うべき10の訳 - BLACKBCAS

Tweet

in 味見, Posted by logq_fa