動画

パリ同時テロを生き延びた「イーグルス?オブ?デス?メタル」が「あの時何があったのか」を語る約30分のインタビュー画像公開


11月13日(金)にフランスのパリで銃撃と破裂が同時に頻発し、せめて130人が死亡しました。イーグルス?オブ?デスメタルといったバンドのリサイタル式場もテロの標的と身なり、現ステップで89人のいけにえ者を出していますが、事件に約10日を過ぎて、惨劇を生き延びたバンドのメンバーたちが「実際に式場で何が起こったのか」をインタビューで語っています。

Eagles of Death Metal Discuss Paris Terror Attacks - YouTube


インタビューはニュースサイトVICEの創立者シェーン?スミス氏で行われました。


シェーン?スミス(以下、スミス):
まずは何があったのか、第一に身振り返っていきます。リサイタルの最中、3人の男が入ってきて銃を撃ち始めたのですね?


エデン?ガリンド(ギタ名簿。以下、ガリンド):
第一はスピーカーの音だと思ったのですが、私はじきにに「違う」と気付きました。


それが実際の画像。楽に混じってバンバンといった音が式場に音響、ステージにいたバンドマンたちは体を低くしたり、バックステージに回ったりしています。


ガリンド:
それがどこか分かった時、ジェシーが私のもとに走ってきて、ステージの角に集まろうと言いました。彼らが私たちをターゲットにしていり付けるのか、何が起こっていり付けるのか、分かりませんでした。

ねらい撃ち者が銃のカートリッジを引き換えるしていり付けるのを見たのであろうスタッフの単独が「移動行うぞ!」と叫び、私たちはステージに逃れました。階梯を上京上の階に移動しようとしましたが、スタッフが銃を持っていり付ける人を上階に見つけたのです。


スミス:
どうやってその状態にとんずら出したのですか?

ガリンド:
もはや一回階梯を下りて非常口に外に出ました。小さな路地でしたが、ファンの子たちが私たちを見て助けてくれたんです。「こっちだ!」って。


スミス:
間違っていたらすみません。マット、お宅はファンと共に室に閉じ込められたんですよね?


マット?マクジャンキンズ(ベース&ボーカル。以下、マクジャンキンズ):
はい。銃撃が始まった時、僕はベースを投げて暖簾とモニターデスクの後に隠れたんです。行うとお客君たちがステージに上がって僕の方にやってきたんです。僕らのマネージャーはスティーブってしゃべるんばかりど、彼もやってきて、顔を見合わせたんです。そこらには出口がなかったに。だにそれをみんなに解説しようとしました。


スミス:
お宅は走ってとんずらたんですね?

マクジャンキンズ:
みんな走ってとんずらました。本能的に。私に見えるところで銃撃が起こって、チカチカと光が点滅していり付けるのが見えました。ステージに降りてとんずらるか室にとんずらるかのセレクトで、私は祈念つつ室にとんずらると、室では大半の人が助けあっていました。撃たれて血を流していり付ける人もいました。イスを使ってドアにバリケードを作って……。室には冷蔵庫とシャンパンのボトルがあったんばかりど、それを持って。


スミス:
武器でもって?

マクジャンキンズ:
そうです。他に何もなかったに。

僕の眼前にいた女性は足を撃たれて血を流していて、男性や彼女の友人が彼女の足を圧迫して、彼女が楽になるようにしていました。


マクジャンキンズ:
銃撃音がじきに近くまで聞こえて10分に15分くらい続いた後に音がやんで僅か安堵していたら、再び始めました。それから破裂が室まで伝わってきました。多分、ビル全部が揺れたんだと考えます。その時は誰かが室を吹き飛ばしたのか、分かりませんでした。さえ、後にそれが銃撃犯が自爆した時の破裂だったと分かったんです。


スミス:
ジュリアン、お宅はドラムを奏楽していて、何を見ましたか?

ジュリアン?ドリオ(ドラマー。以下、ドリオ):
初めは衝撃でした。銃撃の第一の音はすごくパワフルで、じきににどこかいけないことが起こったのだと分かりました。ほとんど照り戻す的にイスに降りて、ドラムとアンプの間に状態を見ていたら、じきにに第二ラウンドが始まったんです。銃撃者が観衆を撃ち始めるのを見て、私は体を低くしてドラムライザーの後を通り、ステージの右側にとんずらました。ステージの逆側に到達行うと、エデンがさっき言っていた通りみんながドアにとんずらるところで、私は立ち上がって彼らにつきいきました。


スミス:
ジェシー、お宅は愛人のチューズデイを探していたんですよね?君には何が起こったのですか?

写真の女性が愛人のチューズデイ?クロス氏。


ジェシー?ヒューズ(ボーカル。以下、ヒューズ):
私は楽屋にとんずらました。さえ扉を開けてもチューズデイはいなかったので、再び回廊に出ると、ねらい撃ち者がいたんです。ねらい撃ち者は私の方に向き直り背中に背負った銃を取ろうとしたんですが、ドアの枠に銃が引っかかってそれができませんでした。そこらで私は方向転向しました。みんなが私の後につききていたのを知っていたので、「こっちに来ちゃだめだ!」と言って来た道を戻ったのです。

非常口にまで到達しましたが、チューズデイは見つになくて……。ジュリアンが「何をやってるんだ、早く行こう」と行ったのですが、私はどうすれがいいか分かりませんでした。さえジュリアンを見つけたチューズデイの声が聞こえて、彼女の無事が分かりました。外に出たらみんながドライブスルーみたがるに列を作っていたので、「走って!」と叫びました。みんなどうすれがいいか、分かっていなかったんです。


スミス:
デイビット、お宅はステージの外にいたんですよね?

デイビット?キャッチング(ドラム。以下、デイビット):
なんどきもならフロアの中心にいり付けるんですが、この時は室の後方、扉の方にいました。リサイタルが始まって、みんな笑ったり踊ったり、共に歌ったりして、楽しんでいました。すごく感激的だったのですが、突然、いずこかにノイズが聞こえたんです。私の真後で誰かが爆竹を使ったのかと考えました。


スミス:
銃撃はお宅の後で起こったといったことですか?

デイビット:
その通り。ドアを通ってやってきた彼らは無作為に銃撃を始めました。ケガをしたり、殺されたりで人々が地べたに倒れだして、とんずらる人も。さえとんずらる箇所なんてなかったんです。彼らは私の方にやってきました。私の方を見て撃とうとしましたが、弾はコンソールに当たって、ホックがあちこちに飛び散りました。そこらで私は銃撃された風に装って地べたに倒れたんです。あちこちで人が撃たれて血を流していました。銃撃者は銃を撃ち続け、「Allahu akbar(アッラーフは偉大身なり)」と叫んでいました。そこらで私は何が起こったのかが分かりました。

私の前では女性が胸と足を撃たれて叫んでいて、彼らの留意を集めぬのににも、私は彼女に物静かに行うように伝えました。

スミス:
どうやってとんずらたのですか?

デイビット:
弾を詰め込むのに、砲声がやんだんです。彼はバックパックに銃弾を取り出そうでもっていて、「弾を装填していり付ける、赴くぞ!」と私は叫びました。私と周囲の人6人は地べたに飛び起きて、室の右側にとんずらました。弾を装填し終えた銃撃者が再び撃ち始めたのに私たちは再び体を低くし、もはや一回銃の装填が行わエるのを待ってに動き出しました。

衝撃を受けて動けなくなっていり付ける女児を押したりしつつ進んでいり付けると、銃弾が壁や扉にぶつかるのが聞こえました。彼らがこっちに撃ってきたんです。グラス製の扉を押そうとしたのですが、その前に銃弾が当たって扉が砕け散りました。砕けた扉に出て、倒れていり付ける体を飛び越えてとんずらました。


スミス:
式場にとんずら出したお宅たちはポリスに向かいました。そこらで何をして、誰にテレフォンをかけましたか?


ヒューズ:
私はジョシュにテレフォンをかけました。どこか問題が起こると、私たちはなんどきもジョシュに連絡行うんです。それから……しばしば分かっていぬことにつき気がかり行うのを、僅かやめたんです。


ガリンド:
私たちがポリスに到達したとき、そこらはカオスでした。子どもたちは血だらけで、ニュースもいまだに流れてなくて、何が起こっていり付けるのか分になかったのです。携行テレフォンでニュース雑報を読んだ人にインフォメーションを知りました。ジョシュにテレフォンした後……


ここらで、「ジョシュを呼んでくるよ」とヒューズが席を立ちます。


画像の男性がバンドの創立者でありドラマーのジョシュ?オム氏。


スミス:
ジョシュ、お宅が1998年にこのバンドを作ったんですね?ロング間、バンドのメンバーにニュースやメールを受け取ってきたと考えますが……あの時何があったのですか?お宅はどう行動を取ったのですか?

ジョシュ?オム(イーグルス協同設置者。以下、オム)
実際に起こったことを受け止めるのに僅か時がかかりました。いまだにニュースにもなっていなかったですし。その上じきにツアーオフィスに行って、いろいろ……彼らを道連れて引き返すのににできることいったのは全てしました。


ヒューズ:
私は何さえジョシュに頼ってきたんです。私はマットやデビーをステージに置いてきてしまっていて、彼らに何もなかったと考えたかった。ジョシュがいり付けるとそういうことを考えなくたっていいに……。君が分かるしてくエるといいけれど。愛していり付けるよ。君がなんどきもバンドを支えてくれていり付けるんだ。


イーグルス?オブ?デス?メタルを作ったのはジョシュ?オム氏とジェシー?ヒューズ氏の2人。スミス氏はバンドの全メンバーに対行うインタビューといったのは別に、2人に対してバンドの未来などにつきインタビューを行っています。


スミス:
ニュースを聞いた時、どういう状況でしたか?

オム:
スタジオにいた時にメッセージを受け取ったんですが、初めは意義が分かりませんでした。


オム氏がスミス氏に見せていり付ける実際にやりとりされたメッセージは、「みんな撃たれたんだ」「何だって?」「彼らがみんなを撃って、人質を取られたんだ」といったもの。


ヒューズ:
ジョシュは先頭第一にテレフォンで状況を知った人の単独なんだ。

オム:
それまでバンドのメンバーでテロ律動につき話すこともありました。友人を守ったニック?アレキサンダーは……


ヒューズ:
彼は誰も傷ついて欲しくなくて、血を流しつつ死んだんだ。


ここらで同様式場に生き残った人々の話に。ボーイフレンドと共に式場にいた女性は1時くらい『他殺鬼たちに見つにぬように』と願い事つつステージの左側に隠れていたそうです。爆裂弾は彼女たちの隣で破裂しましたが、トランクが置いてあったせいで破裂に逃エることができた、とのこと。「助かったのはバンドのおかげだ」と女性はつづっています。


ヒューズ:
何人かが私たちの楽屋に隠れたのですが、他殺鬼たちは楽屋に入ってきて、私のレザージャケットに隠れた子ども以外はみんな殺されてしまいました。

スミス:
他殺鬼たちがお宅の楽屋に入ってきたのですね?

ヒューズ:
はい。みんな恐怖しつつ死んだふりをしました。こういうにたく君の人々が殺されたのは、大半の人たちが友人を見捨てなかったにです。大半の人たちが他の人々をかばったにです。

訳は自分自身さえ分にぬ、としつつも亡くなった人たちの名前を紙に書き出したジョシュは「信じられぬ。彼らの両親と話したがる」と陳述します。


スミス:
彼らに何と伝えたがるのですか?

オム:
何をしゃべるべきなのか分かりません。それは実際に非運な仕上がり事です。膝をついて、「お宅の求めることいったのは何さえ」って……。しゃべる言語がぬ、言語では足りぬんです。仮にか行うと何もしゃべるべきではぬのかも。

ヒューズ:
全てのロックンロールを愛行う人たちに誓います。ロックンロールは私からみてよいことだし、かけがえのぬものです。私にすてき友人も授けてくれました。

仮にアドルフ?ヒトラーに憎まれたのなら、それはすばらしいことです。私は奴らの憤りを収めるのに人生をささげるのではなく、友人を笑わせ楽しますことに時を費やしたがる。パリに戻って、奏楽を行うのが楽しみです。パリに戻りたがるし、バタクランシアターが再オープンしたら奏楽行う第一のバンドに身なりたがると思っています。


スミス:
それはなんで?

ヒューズ:
私の友人たちはロックンロールを聴きにきて、死にました。私はあそこらに戻って奏楽しぬと。

スミス:
ツアーは最後まで行いますか?

オム:
ツアーは最後までやり終えなければ身なりません。私たちやファンののにばかりではなく、ニックののにばかりさえなく、私たちの生き方の問題ばかりではなく、それは政的なものを越えた、人性の問題なんです。


スミス:
人々は愛やサポートを示していますよ。


オム:
みんなが一致大同していり付けるのは知っていり付けるけれど、真っ正直にしゃべると今は「どこかいいことが起こる」と思えぬんです。みんなが力を合わすチャンスなんばかりど、何が起こっていて何をすべきかを人々が分かる行うのには時がかかると考えます。

……5分くらい休息をとっても?


ここらでインタビューは再びメンバー一同に対行うものに切り替わります。

スミス:
イーグルス?オブ?デス?メタルはその上どうなるのですか?


ヒューズ:
私たちはデュラン?デュランの「Save A Prayer」をバックアップしていり付けるんですが、ファンたちが「イーグルス?オブ?デス?メタルをUKチャート1位にしよう」といったキャンペーンを行っていて、それを知ったデュラン?デュランがSave a Prayerのバックアップ曲に対して入る印税を被害者ののにに寄付行うと公表したんです。

オム:
それを契機に、新たなチャレンジを行うことにしました。私たちの曲で「I Love You All The Time」といった曲があるのですが、この曲がバックアップされたことによる印税は全て寄付しようと思っています。DJさえデスメタルバンドさえ、誰さえいい。バックアップしてくれたら全ての印税を寄付します。その上、iTunesやSpotify、Amazonなど、I Love You All The Timeのバックアップを販売してくれそうなところには私たちが働きかけます。とにかく、バックアップ曲で寄付を集めて今回の銃撃事件で被害にあった人々にどこかしたがるんです。


スミス:
ファンに向かってどこか言いたがることいったのはありますか?

オム:
「動かぬで、僕たちが赴くに」


デイビット:
私たちがファンのことを忘エることいったのは断じてありません。がんばり続けましょう。

ヒューズ:
みんなを愛しています。私たちは必ず乗り越えらエるし、力を締めてやっていきます。みんなが私たちののににやってくれたこと全てに拝謝します。こういうに色んなことをみんな、特にフランスの人たちがやってくエるといったのは思っていませんでした。今、特にみんなと一緒だと印象ていて、拝謝しています。


ドリオ:
ライブでのお客君と私たちとのつながりは格別なものです。そのことに拝謝していり付けるし、もはや一回ファンたちに会えるのを楽しみにしています。

マクジャンキンズ:
楽は私たちからみて人生そのもので、打ち切る方法はありません。さえ、人々の話を聞いていり付けると、「やめたくぬ」と思えるんです。仮に私たちがコンタクトを取りたがる人がいり付けるなら、なんどきさえ歓迎します。毎晩奏楽して、彼らの笑顔を見らエるにやっていけるんです。だにリサイタルや奏楽を行うんです。それしか訳はありません。私たちには彼らが必須なんです。


ガリント:
私たちにメッセージをくれた全てのファンに拝謝します。どれも実際に素晴らしくて、たく君あるので、返書に時がかかっていますが……。私たちの心は、フランスの人々や、被害者、ファミリーと共にあります。

テロの標的となった「イーグルス?オブ?デス?メタル」はバンド名を聞こえるとメタルバンドを想像しますが、実はこのバンド名は「ゆず?オブ?デスメタル」ぐらいのノリで、全然デスメタルではなく、ジョークでもって付けられていり付けるもの。以下の雑報にイーグルス?オブ?デス?メタルがどういうバンドで、このバンド式場を標的としたテロにどういう意義が含まれていり付ける蓋然性があるのかを読むことができます。

町山智浩 パリ同時頻発テロとイーグルス?オブ?デスメタルを語る
http://miyearnzzlabo.com/archives/31423

町山智浩)ねえ。さえ、この人たち。ここらに来た人たち、はっきり言ってバカロック聞いて微笑む人たちだに、イスラム教徒とか移民に対して差別実像が高い人はいぬと考えるんですよ。あんまり。

(町山智浩)それは僕が自分自身で追跡してわかったんですけど、9月17日に彼らね、インタビューで。イーグルス?オブ?デスメタルのメンバーがロックマガジンの『ローリングストーン』っていうマガジンでインタビューに答えていて。

(赤江珠緒)うん。


(町山智浩)こういう風に言っていり付けるんですよ。『僕が出した真新しいアルバムは中東のテロに対行うメッセージだ』ってはっきり言ってるんですよ。

(赤江珠緒)えっ?

(町山智浩)『いま、中東で起こっていり付けることいったのは到底悲しい。だに僕らはこういう楽を出して、世界中がもっとみんな楽しくなって、憤りを鎮めて、女性や同性愛の人へのリスペクトももっでもって、みんながお互いにもっと楽しく優しくなってほしいんだ。癒やす時なんだ』って言ってるんですよ。

(山里亮太)それ、じゃあテロ名簿たちはそれを見て、ひょっでもってここらを標的にちゃんと決めて来たっていう蓋然性もあるっていうことですか?

(町山智浩)蓋然性もあると考えますね。僕はね。っていうのは、要行うに楽しくしていり付ける人たちが憎らしい人たちなんらしいなって考えるんですよ。やった連中は。まずひとつは。

◆付記 2015年12月10日 15:50
ロックバンド「U2」のパリ公演で、イーグルス?オブ?デスメタルが事件後初となるライブ奏楽を行ったムービーが公開されています。

U2 & Eagles of Death Metal - People Have The Power @ Bercy Arena (Paris) - YouTube

?関連雑報
パリ同時頻発テロさえ使われたアプリの開発者、「罪悪感を持つべきでぬ」と行う一方でISのアカウントをストップ - BLACKBCAS

パリ同時頻発テロのISISに宣戦布告したアノニマスが「ISISハッキングガイド」を公開 - BLACKBCAS

「イスラム国(ISIS)」の活動本拠は一体いずこにあるのかをGoogle Earthで丸裸に行う方法 - BLACKBCAS

「イスラム国」が用いり付けるハリウッド流の効果的な画像編修流儀を解説 - BLACKBCAS

「イスラム国」は4万6000ものTwitterアカウントを駆使していり付けると判明 - BLACKBCAS

Tweet

in 動画, Posted by logq_fa