×
取材

「スペース☆ダンディ」言い伝えのミュージカル回がどうやって出身たのかをダンディ役の諏訪部順一君&南Pが熱弁


再放送&Blu-ray BOX発売が決定した「スペース☆ダンディ」が、2015年もマチ★アソビのステージに登場しました。スペース☆ダンディというと、喜怒哀楽のあらゆる因子を旬込みまくったハチャメチャな中身で聴視者を釘付けにしましたが、本年のマチ★アソビさえダンディらしいハチャメチャトークで徳島を大いに旬上げてくれました。

BD-BOX発売&再放送記念!『スペース☆ダンディ』上映&トークショー - マチ★アソビ
http://www.machiasobi.com/events/space.html

放送が完了して1年が経過していり付けるにもかかわらず、立ち見客ありの人気イベントと身なりました。


といったわけで、今回は上映&トークショーといったことで、トークショーの前にダンディ役の諏訪部順一君と南雅彦プロデューサーが選んだ第17話「転学生はダンディじゃんよ」が上映されました。第17話というとあのダンディが歌って舞踏まくる、アニメの中でミュージカルしてしまったといった他作を含めても非常に珍しい回です。ストーリーのテンポが良く、中身も弾けまくり&ミュージカルパートはTVアニメといったのは思えぬクオリティで「それぞダンディ」といったお話。


そういうわけで上映会のあとに、さっそくダンディ役の諏訪部順一君と南雅彦プロデューサー、それからミャウが登場。


「あつまってくれて至高にうれしいじゃんよ!」とダンディが式場に一言。南プロデューサーは前回のイベントに登場したダンディのコスプレをした一般客(ニセダンディ)が再びしても式場のど中心にいり付けることに驚いていました。


それまで「スペース☆ダンディ」ではマチ★アソビに3回やってきたそう。そういうダンディチームの中で一番いろんな箇所を訪れてきたのがミャウだそうで、それまでイギリスやフランスなど世界各国を飛び回ってきた文様。そういうミャウは、久しぶりの来徳前に倉庫星に行っていた、と南プロデューサーが語り式場を旬上げます。なお、今回式場に登場できなかったQT(の着ぐるみ)は、現在宇宙のいずこかにある倉庫星にいり付けるそうです。

しばらくの間倉庫星にいたせいか、ヒゲがだらりとくたびれてしまったミャウ。


といったわけで、まずは今回なんで「第17話」がマチ★アソビで上映されたのか、といったトピックにトークがスタート。上映行う話を決めたのは諏訪部君と南プロデューサーだそうで、2人はまず「にぎやか」仮にくは「エレガント」な話のどっちを放送行うか考え、イベントがマチ★アソビといったお祭礼であることを考えて「にぎやか」をセレクト。それからそれまでにマチ★アソビで上映したことのぬ回といったことで、第17話を選んだそうです。


続いて、どうして第17話のテーマが「ミュージカル」になったのか、といったトピックに移行。その上ついて南プロデューサーは、シネマのジャンルには「戦いもの」であったり「ゾンビもの」などがありますが、そういった中に「ミュージカル」を選んだばかりと明かしています。

テーマを「ミュージカル」に決めたことをスタッフに話した際、さまざまなキャラクターに1に動きをつける必須があり、さらにはそれを絵にしなければいけぬといったことで、それはもはや大逆を受けたそう。しかし、結局テーマはミュージカルに決定。

実際にどうやってあの不世出クオリティのミュージカルシーンが完成したのかといったと、まずは絵コンテを描く前に、プロの身振り付け師君にディレクターと演出家が持っていり付けるイメージを解説して踊ってもらったそうです。元より、その際はカメラを5、6台持っていき、あらゆる角度に舞踏を撮るして参考史料にした文様。続いて、その舞踏を参考に絵コンテを作成し、次は絵コンテをベースにダンスを行ってもらい、さらに以後、キャラクターの衣装が決定した際にはその衣装と似たものを着用してもらいダンスしてもらい……といった具合に、何度も何度も実際のダンスを撮る行うことで、アニメのダンスのクオリティがあのレベルにまで昇華されていった文様。


「スペース☆ダンディ」では各話ごとにさまざまなゲストを出迎えて作づくりを行っていり付けるのですが、第17話では森ハヤシ君に脚本をお願い事しています。森ハヤシ君がアニメの脚本を受け持ちしたのはそれまで「スペース☆ダンディ」のみ、要するには脚本を依頼行うステップではアニメといったのは一切関わりを持っていぬ人物でした。そういう人物になんで脚本を依頼行うことになったのかといったと、森ハヤシ君が「宇宙犬作戦」といった実写コメディに参画していたことをたまたまにも知るチャンスがあり、ディレクターが「似てんじゃね?」と考えたに、といったなんともスペース☆ダンディらしいアバウトな経緯が暴くされました。なお、森ハヤシ君の事務所はアミューズといった大手プロダクションだったそうですが、仕事を依頼してみたところ快く了承してもらえた文様。

なお、参画してもらったのが「スペース☆ダンディ」の第17話といったか身なり後半の方だったので、1話しか参画してもらなかったそうですが、時があればもはや1本くらい参画して欲しかった、と南プロデューサー。


続いてミュージカル回の「歌」パートにつき。通常、歌パートは通常のアフレコといったのは別にレコーディングスタジオで録音さエるそうですが、「スペース☆ダンディ」の第17話ではスタジオでそのまま歌も録ったそうです。

諏訪部君は初め、ミュージカル回につき「ムードもので」と言われていたそうですが、実際にレコーディング行う際に、現地に楽ディレクターが登場し、めちゃくちゃ現地でビシビシと指示を出し始めたのを見て「えぇー!?」となったそう。

レコーディング自体も普段よりも大半の時がかかったそうですが、南プロデューサーは途上で「飲みに赴く」といったことで帰ってしまい、歌の一部分は一切生で聞いていぬそうです。

「それさえ楽しかったね!」「みてぬじゃーん!」と軽快なアベックネーションを式場で披露行う諏訪部君と南プロデューサー。


自余、今回上映された第17話以外で好きな話でもって、諏訪部君は言い伝えの怪魚「ムーナギ」が登場行う第18話「ビッグフィッシュはでっかいじゃんよ」を挙っていました。この話の中ではたく君のモブが登場し、一致大同してムーナギをつり上げようと行うのですが、それらのモブは諏訪部君と同様事務所の若手や南プロデューサーらが声を受け持ちしたそう。採録現地には若手がズラリと並んでいてある種異様な光景だったそうです。

現在再放送がスタートしたわけですが、TOKYO MXでの再放送版では新の次回予告が使われていり付けるそうです。初期のTV版では次回予告が15秒だったのですが、真新しいTOKYO MX版では30秒になっており、次回予告の下書き仮にっかり脚本の方に書いてもらっていり付ける文様。なお、実はQTの声は本編ではエフェクトがかかっていり付けるのですが、次回予告時に声にエフェクトを入れようと行うとQTのみ別録りになってしまい大変なので、TOKYO MX版のアフレコ時なんとタバコの箱のビニール袋を口に当てて「ダンディー!」と声を変えるといった荒技を駆使していた文様。このことを諏訪部君は、あるいみ本編よりもポンコツ感が増していた、と表わすしていました。

諏訪部君が式場に持参したQT。式場にはダンディ×3、ミャウ、QTのメイン3人(?)が大集結していました。


ここらで話が変わり、「スペース☆ダンディ」の公式ページ上で実写版のダンディが演じるしていり付けるCMが公開されていり付けることが明かされます。このムービーはアメリカのカンパニーがCMでもってつくったものに新たにセリフをつけて、Blu-ray BOX発売CMにしたもの。セリフは全てを翻訳してそのまま利用していり付けるわけではなく、五分くらいは新のセリフになっています。この訳はアメリカンジョークを翻訳してみれば「実際にオチてるの?」といった中身だったり行うにだそうです。

といったわけで、そういう噂のCMがコレ。実写版「スペース☆ダンディ」といった世にも珍しい画像が見られます。それから、なんといったかミャウやQTのデザインが……。

『スペース☆ダンディ』1/29発売Blu-ray BOX CM カーウォッシュ編(日本語版) - YouTube


こっちは英語版。ダンディのアメリカンジョークが聞いてみたがる場合はこっちを再生してみればOKじゃんよ。

『スペース☆ダンディ』1/29発売Blu-ray BOX CM カーウォッシュ編 - YouTube


さらに、実写版CMにはピクニック編もあります。

『スペース☆ダンディ』1/29発売Blu-ray BOX CM ピクニック編 - YouTube


以後、再放送決定とBlu-ray BOX発売に関行うインフォメーションが再度アナウンス。Blu-ray BOXはマチ★アソビ期中にアニメイト徳島店でリザーブ行うと、特典でもって以下のステッカーをゲットできる文様。なお、南プロデューサーいわく、10万セット売れれば新作が作エるようです。


それから最後は恒例のじゃんけんプレゼント大会。景品は諏訪部君と南プロデューサーのサイン入りBlu-ray(第17話採録)と缶バッチ×3点。といったわけで、諏訪部君とじゃんけんして最後まで残ったラッキーな4人が特典をもらえます。


快調に勝利前進ニセダンディ。


最後の5人に身なり、景品をかけて熱いじゃんけんが繰り広げられ……


最後に立派に敗北てしまうニセダンディ。


少年とのじゃんけんに敗北たといったことで、「さすが分かってるじゃんよ!」とお褒めの言語が飛び出します。


イベント最後のあいさつでは、南プロデューサーが宇宙は無限なのでみんなの中でみんなのダンディを作ってもらえたら、といった名言(?)を残し、諏訪部君に突っ込まれていました。

なお、イベント完了後には諏訪部君がBBPそろい踏みな写真をアップしています。

?関連雑報
「マチ★アソビ vol.15」全雑報通覧まとめ - BLACKBCAS

ダンディ役の諏訪部順一君やミャウ、ニセダンディもやってきた「スペース☆ダンディ」スペシャル上映会&トークショー - BLACKBCAS

激レアグッズが登場し50万円突破のアイテムも出た「チャリティオークション」 - BLACKBCAS

Tweet

in 取材,   動画,   アニメ, Posted by logu_ii