×
取材

ジョジョOPなど高クオリティ短編動画で知名な神風動画によるオリジナル長編アニメ「COCOLORS」の制作秘話を中の人が熱く語ったトークイベントレポート


アニメ「ジョジョの奇妙なアドベンチャー」シリーズのオープニング画像や「未来光子 播磨サクラ」など、CGを駆使した不世出アニメーションを拵えることで知られていり付けるのが神風動画です。そういう神風動画がアニメのオープニングやミュージックビデオ、CMなどの短編ムービー以外にもゆるゆる手を付けるしたがる……といったことでスタートさせたプロジェクト「GASOLINE MASK」では、CGと版画が奇跡的な融合を遂げるといったオリジナル作「COCOLORS」を鋭意制作中です。いまだにいまだに謎に包まれまくった状態のままのCOCOLORSですが、制作陣がマチ★アソビ vol.15に参戦してどのようにして高いクオリティのオリジナル作を作っていり付けるのか熱く語ってくれました。

神風動画
http://www.kamikazedouga.co.jp/

会の名前は「COCOLORS(コカラス)半ば報告会」といったことで、ufotable CINEMAのシアター2でスタート。


式場に登場したのは、左に神風動画の清水一達プロデューサー?横嶋俊久ディレクター?設計/広報受け持ちの宮下卓也君


といったわけで、まずは初めなおさらの人もたくさんかも、といったことでディレクターの引き合わせるに。COCOLORSのディレクターを義務る横嶋君は、それまでEXILE「愛すべき未来へ」のMVや「ドラゴンクエストIX ~星空の守り人~」オープニングムービー、「FINAL FANTASY TACTICS 獅子戦い」のムービーなどを手がけてきた人物。

「MVや遊戯ムービー、CMまで幅広く手がける実力派」でもって引き合わせるされたのですが、ディレクターは「ドラゴンクエストシリーズとFFシリーズの両方に携わったことがあることが自慢」と語っていました。


EXILE「愛すべき未来へ」のMVは以下に見られます。

EXILE / 「愛すべき未来へ」 - YouTube


続いて設計の成り立ちにつき。前回と前々回のマチ★アソビで神風動画は「GASOLINE MASK」プロジェクトと「COCOLORS」につきの公表を行ってきたのですが、そもそも前回来てくれた人はどれくらいいり付けるのらしいか?といったことで式場に質問してみれば、全部の半数くらいが挙手していました。


そもそも神風動画といったのは、代表役員である水崎淳平君が桟敷大祐君?森田修平君の2人と活動をスタートしました。1998年にCGでキャラクターものをやろうといったことで「ガソリンマスク」が作らエることと身なり、以後、神風動画は法人化も果たします。そういう神風動画の社訓は「譲歩は死」といったもので、その上恥じぬようにそれまでいくつもの真新しいことにチャレンジしてきたそうです。

そういう神風動画が新たにチャレンジしようでもっていり付けるのが「長編アニメ」。第一の法人化前のステップではやること自体に意義があったといった「ガソリンマスク」が、今の生長した神風動画で長編プロジェクト「GASOLINE MASK」でもって出身変ずるわけです。ただし、作自体には大きな関連性はぬ文様。それから、「GASOLINE MASK」プロジェクトでもってひとつの作を作り出すにあたって、ストーリーを描くことにチャレンジしてみよう、といったことで声がかかったのが横嶋ディレクターだったわけです。

なお、横嶋ディレクターはPVなどの短編ムービー以外に長編アニメも作ってみたがる、と考え「COCOLORS」のディレクターの話が舞い込み合う寸前に神風動画を退職したそう。しかし、その際に代表役員の水崎君に「長編あるよ!」と声がかかり、結局再び神風動画に戻ってくることになるといった妙な体験をした文様。それは式場いずころか共に登壇した広報の宮下君も知らなかったそうです。


「CGで長編って大変じゃぬの?」といった質問に対して、横嶋ディレクターは「CGでキャラクターを拵えるのはすごいコストがかかる」と回答。キャラクターをモデリングし、動かすようにセットアップを組んで、ようやくアニメーターが動きをつけらエるように身なります。しかし、物語となるとたがるていの場合はキャラクターが複数いり付けるわけで、そもそも真新しい長編となるとモブも出したがる……となってしまいそうなるとどこかと大変です。

そこらで出てきたアイデアが、初代ガソリンマスクのようにマスクをかぶせてしまえ!といったもの。初代は「大変だにマスクをかぶせちゃえ!」といった着想だったそうです。

ここらでいったん話が切り替わってキャラクターデザインの鈴木理君の引き合わせる。ドラゴンクエストシリーズや「黒猫のウィズ」などのキャラクターデザインの他、アートディレクターも身ごなしており「視覚にのインフォメーションで、匂いすら知覚できるくらいの空気感を描き出すデザイナー」とのこと。


その鈴木理君がデザインしたあるじ公の「アキ」と「フユ」。「第一のラフ」といったのは書かれていり付けるものの大体決定稿に間近ものになっていり付けるそうです。


あるじ公を基に作られたキャラクター素体


こっちは成人版。


いろんなバリエーションがありますが、頑としてマスクをかぶったキャラクターに行うことで、素体ベースに比較的平易にさまざまなキャラクターを作成できるようにしたわけです。登場キャラクター全てがマスクをかぶっていり付けるので、顔や髪の毛など細か一部分がなく、キャラクターを動かすことにも密集できそうな印象ですが、実際には動きをつける現地側に行うと、細かパーツの変換なしでキャラクターたちの情を表わす行う必須があるので非常に大変だそうです。


横嶋ディレクターいわく、今作でモチーフにしていり付ける木版画とアニメには似通った一部分がたくさんそうで、例えばアニメでいうところのシルエット線が版画にもあり、Photoshopのレイヤーを重ねるような画の作り方が版画さえ行われていり付けるそうです。そこらで、「版画的な表わすをアニメ側に落とし込み合う」といったチャレンジに「COCOLORS」では取り組んでいます。このチャレンジは平易にしゃべると「版画みたがるな線でアニメができたらな」といったことらしいです。

横嶋ディレクターと清水プロデューサーたちは版画を刷ったその質感を確かめたり仮にていり付ける文様。実際に式場で見せてもらった版画で刷った「COCOLORS」。


なお、プライベートさえマチ★アソビに来ていたくらいさまざまなアニメを見てきたといった清水プロデューサーも、「それまでこういう見た目のアニメは見たことぬ」と語っており、「COCOLORS」が完成した暁には誰も見たことのぬ画像になるのではと語っていました。

そういうわけで、「COCOLORS」では「近近代の版画表わすをアニメに落としこむ」と「マスクを浴びるといった枷に生じる奥往路」といった2点がポイントになっていり付けるわけです。


それから「COCOLORS」はどういう世界になるのか?


横嶋ディレクターがさまざまな箇所を回っておかしい見た目のものをピックアップして世界観の基本が作られていり付けるそうです。例えば栃木県宇都宮市にある大谷史料館は人の手で作られた石切場だそうで、ここらに着想を得て「COCOLORS」の地底の世界が生誕しています。さらに、秋田県由利本荘市にある宇宙船のような見た目の建築物「カダーレ」にもインスパイアされていり付けるそう。

「COCOLORS」は急速な環境変換が起きた世界といったコンセプトでできており、「変換に伴って地上に地底に地べたを掘り進めた」といった設定で世界観が設計されています。なので、地底の方には到底有機的な箇所があるのですが、半ば地点には有機的なデザインと無機的なデザインが混ざった箇所もあるそう。要するに、有機的なデザインの大谷石の石切場と、無機的なデザインのカダーレを参考にしつつ「COCOLORS」の地底世界が生み出されたといったわけです。

「COCOLORS」のおかしい点は、通常のアニメといったのは異身なり美術原図の作業が先立つしていり付ける点。通常は複数の作業が平行して行われますが、「COCOLORS」では、まず橋口君を目玉とした原図チームが、本作の世界観を作りつつ手を付けるしております。こののにまず全カットの美術原図が完成し、アニメーション作業に入る前に、全編をより完成図に間近形で見ることができます。その上は清水プロデューサーが「シアター版以下の作り方だと考える」とポツリ。

そういうわけで完成した世界観ラフその1がコレ。


ラフその1に暮らし感をプラスしたのがコレ。このステップだといまだにいまだに「大谷石史料館」と「カダーレ」のイメージに引っ張られすぎていり付ける、といったことで……


美術原図の橋口コウジ君に好き気まなおさら作ってもらったのがそれ。一挙にイメージが変換してしまいましたが、「ここらなら鈴木君が描いたキャラクターが走っていてもおかしくぬ」とディレクターも得心のできに仕上がった文様。


それから実際にどうやって作っていり付けるのか、といったお話。第一にあがってくるバックラフは……


線をブラッシュアップして……


それくらい書き入れを増やします。


その上色をつけることでようやくバックが完成。


そういう風にして作られたバックの数々。鳥居モチーフのものや……


入り組んだ街中


それは葬儀場だそうです。


葬儀場は原画を上下反転さすとドクロに見えるようなデザインになっています。


他にも、キャラクターを作成行う際、ディテールを把握行うのににあるじ公のフィギュアを作成したそうです。


ディテールにかけてこのディテールで立体化。むちゃくちゃ完成度であることがビンビン伝わってきます。


さらに、前回のトークショーの中さえ登場していた成型小説家の鎌田光司君に依頼して作ったといった、歯車やパイプのようなものが集まってできた持仏のような物体。それを鎌田君に制作してもらう際、ディレクターは「肉体を印象さす成型」と「心臓のようなものも足して欲しい」といった2点しか用命しなかったそうですが、できあがりは飲まれる的生々しさを持ったものに仕上がっています。


それを橋口君に原図で出してもらい、絵に落としこむとこういう印象。絵さえ立体物さえとにかく飲まれる的な所在感を放ちます。


といったわけで、ここらでタイムアップ。最後は前回のマチ★アソビで上映されたものと同様ティザームービーが上映されました。このムービーの中には今回の半ば報告で語られたバック画などが複数登場しており、その経緯を聞いたあとだと再び違った視点に画像が楽しめました。

GASOLINE MASKプロジェクト第2弾 『COCOLORS』 ティザームービー - YouTube


ムービーがマチ★アソビで公開されたのは5月だったのですが、なんとこのムービーは同年の4月に神風動画に入社したばかりの新顔たちと共に突貫作業で作ったことだそうです。現在も激賞制作中といった本編画像が一体どういうクオリティに仕上るのか……期待が膨らみます。


神風動画では物販ブースも出展しており……


ここらには「COCOLORS」のパンフレットも展覧されていり付けるので要チェックです。

?関連雑報
「マチ★アソビ vol.15」全雑報通覧まとめ - BLACKBCAS

CGと版画が奇跡的な融合を遂げた神風動画のオリジナル作「COCOLORS」世界最速上映トークショー - BLACKBCAS

ジョジョOP画像で知らエる神風動画のオリジナル作「GASOLINE MASK」起動 - BLACKBCAS

往年のアニメのOPっぽいムードを再現しまくった「播磨サクラ」がすさまじいクオリティ - BLACKBCAS

ドラクエ9のイメージ画像を制作した神風動画のオリジナルアニメ「アマナツ」の場面カットやPVを公開 - BLACKBCAS

Tweet

in 取材,   動画,   アニメ, Posted by logu_ii