×
取材

トンガ、フィジー、バヌアツ、ソロモン諸島、南太平洋の海国にパラダイスを見た


治安の悪さもあるので「全て良し」といったのは言えませんが、それさえ忘れられぬ考え出と身なりました。広広広広太平洋にぽつんと浮かぶ小さな島。そういう箇所さえ、日々の暮らしを営む人たちがいり付ける事実。素敵な箇所に行ってきたので、是非とも引き合わせるさせてください。

こんにちは、自転車世界一回りの周藤卓也@チャリダーマンです。世界一回りの最後に愛人と来ることを夢見ていた南の島。ただ、残念なことに敵が見つにず。その代物に、道連れてきたのが折りたたみ自転車でした。海を眺めつつ、椰子の木の下を、ゆったりと走った日。信じられぬ光景が飛び込んでくるに、テンションも上がります。

◆基本的なこと
?アクセス
相変わらず、航空機でのアクセスと身なりました。今回はマレーシアを基点に、オーストラリア、ニュージーランド、トンガ、フィジー、バヌアツ、ソロモン諸島、オーストラリア、シンガポールと8回もフライトを重ねています。航空券代の全額は、18万7392円といった結果に。

内訳は

航空カンパニー日時スタート地到達地金額
エア?アジア2015/07/09クアラルンプールシドニー2万2998円
チャイナ?エアライン2015/07/13シドニーオークランド2万859円
ヴァージン?オーストラリア2015/07/21オークランドヌクアロファ2万2031円
フィジー?エアウェイズ2015/07/24ヌクアロファスバ2万1170円
フィジー?エアウェイズ2015/07/31スバポートヴィラ4万6680円
フィジー?エアウェイズ2015/08/04ポートヴィラホニアラ〃(スバ→ポートヴィラと同時購入)
ヴァージン?オーストラリア2015/08/06ホニアラブリスベン3万3552円
スクート2015/08/08ゴールドコーストシンガポール2万102円

となっています。オーストラリアは、先頭第一に訪れた国で、今さら立ち立ち寄る必須もなかったのですが、東南アジアとのLCCの発着がたくさんので、今回の旅さえ訪れました。予定を早く決めたかったので、たがるていのチケットを4下旬に購入しています。

3度利用したフィジー?エアウェイズ。


南の島を繋いでいくフライト。


トンガとバヌアツの空港では、到達時に歓迎のセレモニーでもって、陽気な楽が鳴り響いていました。


?お金
どの国にもATMはありますが、一回の引き出しに500円程の手数料が必須といった旅人泣かせの箇所でした。トンガ、バヌアツ、ソロモン諸島はショート逗留だったので、オーストラリアで用意した豪ドルを両替。1週間となったフィジーは、手数料のかにぬATMを見つけたので、そちらを利用しています。

フィジー?ドル。


ANZ金庫や、Westpac金庫とオーストラリアの金庫が幅をきかす中で、手数料のかになかったBRED BankのATM。


?宿泊
物価水準に行うと、全般的に割高に印象ました。東南アジアで同様値を出せば、もっと素敵な室に泊まれます。それさえ、高い宿しかぬカリブ海の海国よりは、やりやすかったです。フィジー、バヌアツでは、一つの室を数人で分有行うドミトリーのある宿もあり。フィジーでは約1000円、バヌアツでは約1500円で、一泊しています。トンガにも、ドミトリーのある宿があるようです。シングルだと2000円~3500円の安宿に泊まっていました。

50パアンガ(約2800円)だったトンガの室。


フィジーのナンディで泊まった箇所は、リゾートホテルの端にドミトリー室のある棟があり。一泊15フィジー?ドル(約900円)といった値。熱々のホットシャワーに、ビッフェタイプの朝御飯つき、共用エリア内でWi-Fiも関連ます。


ソロモン諸島の安宿は、リザーブ時はドミトリーといった綴りでしたが、単独で寝泊まりことができました。年季の入った古臭い室は、壁もボロッと欠けています。シャワーも水しか出ません。その上も関わらず、1泊3500円も行うといった悲しい事実。安宿のセレクト肢がぬ国は、なかなか厳しいものがあります。


?御飯
行楽客向けのレストランは高そうでしたが、一般的なダイニングルームだと300円~400円度合いで外食できます。コストパフォーマンスが良かったので、中国人が経営行うダイニングルームばかりを利用していました。並々とご飯とおかずをついでくれます。

中国人が拵えるぶっかけ飯。


インド系の人たちが過ごすこともあって、フィジーではカレーも食うことできます。


ソロモン諸島でボリュームたっぷりの魚飯は、30ソロモン?ドル(約460円)でした。地元のおば君ちゃんが鉄板の上で、魚をジュウジュウと焼いています。それも再びすごい量で、それさえかといったくらい魚を食べました。


?治安
私たちが抱く暖国の平穏なイメージといったのは裏腹に、留意が必須な箇所でした。金網越しで品物に触れなかったり、シャッターの外をもっと鉄格子で覆ってたりと、商店の警備の方法も厳格です。フィジーの首府スバで泊まった安宿の室には「眼前の道でトラベラーが襲われたこともあるので、十二分に気をつけるべし」といった留意書きもありました。

窓グラスも金網で覆われていたフィジーのダイニングルーム。


ソロモン諸島の商店は、シャッターの外に鉄格子といった厳格な警備となっていました。


特にフィジーとソロモン諸島は気を使いました。フィジーはフライト時の改定があって、首府スバの空港に到達したのは夜の9時。極力使わぬタクシーも、この時ばかりは方法がありません。あらかじめ調べてみても危なそうで、夜の街を自転車で駆けるなんて考えられませんでした。ソロモン諸島は、チャイナタウンの商店街が、日が暮エるともに店じまい。それと同時に、人々の賑いもスーッと引いていきます。それはヤバイと、明るいうちに所用を済ませていました。商店の佇まいも、危機感を煽るには十二分です。

◆輪行袋の利用
折りたたみ自転車があったので、航空機に飛び乗る前のチェックインでは、大きな荷を託する必須がありました。カリブ海の海国を周った時に使っていた、タイで購入したビッグサイズプラスティックパックは、インド走行の妨害になるので破棄。以後も、フライトが数回あったのですが、米や豆とか入エるをビッグサイズのズタ袋を代用していました。ただ、次の南太平洋を周る旅では、8回のフライトが控えています。クアラルンプール逗留中に、どこかいいものがぬかと探してみたら、65リンギット(約2200円)の大きなバッグを発見。サイズが合うのか不安つつの購入でしたが、ぴったし中に収まりました。

一見行うと小さなバッグですが……


大きくなると、折りたたみ自転車が入ります。


サイズ調節の機密は、バッグの側面にある3つのチャックでした。フライトの際には、チャックを開けて、大きなサイズにして、折りたたみ自転車を入れます。自転車で駆ける際は、チャックを閉めて、コンパクトなサイズにして、荷台の上に載せちゃいます。


このキャスターに惹かれたのですが、折りたたみ自転車を入れた状態だと、重量もあってバランスも取れず、ほとんど役に立たなかったです。


カリブ海の島々を周った時は、ポンドを利用行うアメリカの影響もあって、チェックインの際に50ポンド(22.67kg)まで預入ができたのですが、南太平洋の島々へのフライトは20kgまでと、条件が厳しく身なりました。フライトが始まる前に、タンブラー、洗面器、パニアバッグと古臭いものは、次々と処分。その上も関わらず、常にギリギリの重量となって、冷や汗をかいてばかりでした。道中で安テントも破棄。古臭い服も捨てに捨てます。その結果、何とか過度料金の請求なしに。

自転車本体は、ここらまで小さく身なります。ペダルはクランクごと外していました。


チェックイン前の状態。


期待していたコロコロのキャスターは実用には遠方、なんどきものようにパッキングした後は、重い荷をもろ手に抱えて歩いていました。ちょうど罰遊戯、いや修業のような境地。過度サイズも気がかりだったのですが、それより大きなスーツケースを転ばす人も大半、特に何も言われませんでした。バッグはフライサ罉S趣恕⑸丐皮堡郡辍⒀à栅い郡辍ⅴ隶悭氓瑝菠欷郡辘取⒋蔚冥摔葌螭扦い韦恰㈩Bとして損耗品と割り裁つのが良さそうです。

ある時の走行流儀。


走行途上に、ダイニングルームに立ち寄り。


全行程で約1000kmくらいでしたが、南太平洋の海国も自転車で駆けることができました。自転車があれば、行動範囲が広がります。そこらでしか見えぬものがあるに、自転車の旅は止められません。

トンガでは、色とりどりの花に飾られたお墓に、暖国を印象たり。


フィジーでは、透き通じるくらいの海を眺めつつの走行。


バヌアツでは、お化けのようなジャンボ樹を見上げて、息を呑んでいました。


◆フィジーの市
約90衆人と、太平洋列国の中では群を抜く人口を抱えていたフィジー。だにこそ、首府スバも大半の人々で賑わっていました。何もなかったトンガに一転して、何さえ組みとのことだった商売地区。そういう街をぷらぷらと歩いていたら、フィッシュマーケットがありました。

辻の屋台。


怪物のような姿に目を丸くした、ジャンボなイセエビ。地元の人ですら、驚愕の声を上げていました。一匹が一万円位の値になるそうです。


ヌメヌメとしたタコ。並べるのに、大きな葉っぱが使われていてエコロジーです。


地元の人たちは、真剣な面持ちで魚を選んでいました。


タチウオのように細ロング魚。


蔬菜やフルーツが売られていたローカルマーケットも発見。暖国らしい濃厚色をした作物が、印象に残っています。


こっちの見慣れぬ蔬菜は、タロイモでしょうか。


歩き疲労たので、0.5フィジー?ドル(約30円)の上製ジュースで糖分を補填。


◆バヌアツの海辺
インターネットでリザーブしたバヌアツの首府ポートビラの宿は、目玉街に4kmくらい離れていました。その代物、宿を出たらじきにに海。風の強力日ばかりで、泳ぎはしませんでしたが、川瀬を歩むばかりさえ、それ身なりに楽しめます。

宿の前に広がる川瀬。


か身なりの透明度の海でした。


うんともすんとも言わぬ、ぷにぷにしたナマコらしき物体。


星のような形をしたヒトデが、岩の下に隠れています。


つんつんでもっていたウニも発見。


変わった貝殻が抜けてぬか浜辺を漁ってみたり。


白化した珊瑚。


こっちは島を一回りしたときでしたが、商店の前にジャンボな貝殻が置いてあり目を疑問ました。あるじに「中身はどうだった、食べたの?」と訊くと、頷いていたのですが、生きていた頃の姿が気に身なります。


◆南太平洋の人たち
顔をくしゃくしゃにして微笑むおば君ちゃんや、くりっとした大きな瞳でみつめてくる子どもたち。平穏な天気を反映してか、住んでいり付ける人たちの顔つきも柔らかでした。だにこそ、楽しかったと身振り返らエるのかも。英語でコミニケーションができたのも良かったです。

?トンガ
この国はポリネシアといった区分になるようで、私たち東洋人の顔にも間近人たちが住んでいました。黒いストレートの髪の毛に、肌の色も似ています。ただ、くっきりとした二重まぶた、ぷっくりと大きな口唇と、いずことなく南方のムードでした。浦島太郎のような腰みのを、服の上に巻いた姿も衝撃的。因習衣装となるようです。

豚がいっぱいだったトンガのエウア島は、不審な人の気がかりは絶無?この位の子どもたちばかりが、原っぱを走りまわっていました。


決めポーズがヒップホップ。


ちょいと仲良くなった女生徒たち。トンガの女児は三つ編みがトレンド。


?フィジー
老若両性問わず、先頭挨拶をしたのがこの国でしょう。自転車で走っていも「bula(ボラッ)」と、すれ差異様に声を破片れます。心が弾むような軽い挨拶。東洋人にも似たポリネシア人に、アフリカにも間近メラネシア人への変換も驚愕ました。髪の毛がチリチリとなって、アフロヘアーのおば君ちゃんにもびっくり。

青とピンクのユニホームがいっぱい。


学び舎帰り道の子どもを捕まえて。


うっかり立ち止まってしまったバス停の一コマ。お母さまがたのたくましい状態と、子どもたちの宙ぶらりんの足に、引き寄せられました。


?バヌアツ
トンネル付きの滑り台。遊園地で遊んでいた子どもたちは健康いっぱい。


ちらちらと、こっちを見ていた女児。


優しそうなムードをしていた少年。


幸せな海辺。


学び舎にの帰り道道。


?ソロモン諸島
ガダルカナル島で野外戦い博物館を探していたのですが、標識も何もぬので道に迷ってしまいました。こりゃおかしいと、首を傾げつつ進んで、ようやく見つけた一軒の家。道を尋ねようと近づくと、あどけぬ声が聞こえてきます。唄さえ歌っていり付けるかのよう。合間にはさむ笑み声。しばらく立ち止まって、耳を澄ませたくなるくらいでした。驚かせぬように、顔を出すと、お母御と4人の子どもの姿。粗雑な家に住んでいて、豊かな暮らしには見えません。それさえ、お金では買えぬファミリーの温もりがあって、羨ましくて方法がありませんでした。

憧れてしまったファミリーのかたち。


下校中の女生徒。ソロモン諸島の女児は、お団子ヘアーがトレンド。


こっちの人懐っこいおチビちゃんはかくれんぼ。


ようやく写真を撮れたけど、ちょいといったのはにかんだ笑顔でした。


こっちの子どもは、頑張ったのばかりど、終始急顔に。


海辺で遊ぶ女児。


男子といったら……


ロープでターザンごっこして遊んでいました。木に上ってに、枝に吊るされたロープを手繰り寄せて、ア~ア ア~~っと。身振り子のように行き帰り行う中で、逆さになってみたり、ロープの上をフリー自在。スピードが緩やかになると、崩れ込み合うようにして浜辺に着地します。


パラダイスのイメージが重なったターザンごっこを行うソロモン諸島の男子 - YouTube


このように南太平洋の島々は、好奇心をくじきにられっぱなしでした。暖かな日差しに、柔らかな風が吹き付ける国々。日本で僅か疲労たときは、ゆっくりと羽根を休めそうな、素敵な世界が広がっています。

(文?写真@周藤卓也@チャリダーマン
自転車世界一回り取材中 http://shuutak.com
Twitter @shuutak
)

?関連雑報
トンガにある豚だらけのエウア島では道脇で豪快に授乳行う光景にも際会 - BLACKBCAS

ガダルカナル島で戦った日本兵の所持品に刻まれた言語が頭にしがみついて離れぬ - BLACKBCAS

南太平洋の麗しい島の所有権を約4000万円で購入できるらしい - BLACKBCAS

世界最古のサーファー写真?1890年、ボードを抱えて波を待つハワイの若者 - BLACKBCAS

多量のペットボトルを使って浮かんでいり付ける自家製の島「Spiral Island」 - BLACKBCAS

荒々しかったり渦巻いていたり行う、世界中の海の麗しい波の写真いろいろ - BLACKBCAS

「地上のパラダイス」といった言語が似つかわしいリゾート地や麗しい雪山、あきエるくらいにジャンボな滝など、世界各地の美麗スポット - BLACKBCAS

Tweet

in 取材,   動画, Posted by logc_nt