×
メモ

優れたエンジニアを採用行うのにに大事なポイントといったのは?

By Paul Inkles

interviewing.ioの創立者であるアライン?ラーナー君の前職は、特定の売り物を購入のと引き換えにただ体験ができるサービス「TrialPay」の採用受け持ちで、それはアライン君がエンジニアでもっての履歴を持っていたにでした。TrialPayで約1年間といったショート期つつ300人のエンジニアと面接を繰り返してきたアライン君が、その中で得た「敏腕なエンジニアを採用行うのにのポイント」を簡潔にまとめてくれています。

Lessons from a year’s worth of hiring data | Aline Lerner's Blog
http://blog.alinelerner.com/lessons-from-a-years-worth-of-hiring-data/

TrialPayでアライン君が面接してきたのは、大学び舎の中退者にMITやハーバード大学び舎の生徒、さらにはMicrosoftやAmazon、Facebook、Googleなどの一流公企業で働いてきた人までさまざま。そういった人物たちに対してフリーに面接を行うチャンスを得たことで、アライン君は敏腕なエンジニアを採用行うのにの5つのポイントを発見します。

その5つのポイントといったのが以下のもの。

?誤字脱字の数は大事
?トップレベルのコンピュータサイエンスの大学び舎に通ったかどうかは大事ではぬ
?履歴書に書かれたサイドプロジェクト(本業ではぬ個的な活動)の名簿は大事ではぬ
?GPAも再び大事には見えぬ
?一流公企業で働いた体験は大事


この5つのポイントがどうやって生誕したのか、をアライン君は自身のブログ内で明かしています。

By Douglas Muth

現状、ほとんどの公企業は雇用データの浸透的な解剖を行っていません。元より解剖を行っていり付ける公企業もありますが、そういった公企業はそのデータを社内で厳格に保管しており、そこらに導き出さエる一般定律を一般社会に広く分有したり行うこといったのはありません。その結果、現在もある種の体験則に来るような方法で採用が進められており、その採用方法に合わぬ「才能を持ったエンジニア」を公企業が見逃すことにつながっています。

「なんで才能を持った人物を見落でもってしまうのか?」といった質問の答えは、ある度合いの規模の公企業になると採用受け持ち者が隅に隅まで履歴書に目を通すことが不能になるといったことや、採用プロセスの第一ステップである「履歴書による選考」が、エンジニア以外の手で行わエることにより「トップレベルの大学び舎やコンピューターサイエンスを学んでいり付けるかどうか」などの履歴重視の採用につながってしまうに、などさまざまです。

そこらで、アライン君は「TrialPayの履歴書による審査を通り経つし、面接行うことになった人物」が採用さエるか否かを調べる行うことで、どういった特徴を持った人物が「TrialPayの厳しい面接」を通り経つ行う優等な人物なのかを調べたそうです。なお、TrialPay採用プロセスは非常に厳しく、応募者のわずか10%しか面接を受けられず、面接自体も複数回行われ、実際にコーディング作業を行ってもらうなどさまざまな課題が待ち構えていり付けるとのこと。それ故、内定倍率は0.2%だそうで、この競技を勝利抜く人々が持つ共通点をアライン君は統計的に導き出した、といったわけ。

なお、アライン君が注視した特徴は以下の8つで、それらが統計的な有意性を持つかどうか論証しています。

?トップレベルのコンピューターサイエンスの大学び舎出身かどうか
?語法上のミスや誤字脱字、構文的な撞着、はやり語の利用頻度
?仕事の中身をどれくらい平易に解説できるか
?高等な学位を取得していり付けるかどうか
?履歴書の寸法
?サイドプロジェクト
?一流公企業での体験
?GPA


それから、各項目の「効果量(効果の公算)」を示したのが以下のグラフ。統計的に有意とみられたのは「語法上のミスや誤字脱字、構文的な撞着、はやり語の利用頻度」「一流公企業での体験」「仕事の中身をどれくらい平易に解説できるか」の3唾液かりで、特に大きな効果があるとみらエるのが「語法上のミスや誤字脱字、構文的な撞着、はやり語の利用頻度」でした。


◆語法上のミスや誤字脱字、構文的な撞着、はやり語の利用頻度(誤字脱字の数)
一番効果的であることが分かったのが「語法上のミスや誤字脱字、構文的な撞着、はやり語の利用頻度」に着目行うことです。しかし、TrialPayの採用マネージャー30人に聞いたところ、誤字脱字の数を大事視していた人はひとりもいませんでした。


しかし、実際に採用されたグループの誤字脱字数を調べるしたところ、採用された人物の実に50%以下が履歴書に誤字脱字がひとつもなかったことが判明。誤字脱字1つ未満の人物が全部の80%を占有といった驚異の結果が出ました。なお、以下の図の横軸が履歴書内にあった誤字脱字の数で、縦軸が採用されたグループ全部における割りです。


さらに、採用されなかったグループの誤字脱字数(横軸)と全部の割り(縦軸)を示したのが以下のグラフ。全部で見ると誤字脱字ゼロの割りはたくさんものの、パス者のグラフと比較とはっきりに誤字脱字した人物の割りがたくさんことが分かります。


スタートアップでは、しばしばメールの書面のみで大事な決定が下されたり行うことに「いい文書を書ける」といったコミュニケーションスキルが大事視さエるばかりでなく、「いい文書を書ける」人物といったのは往々にして解剖的なタスクを上部にこなす趨向がある、とアライン君。それらのことに、「誤字脱字のぬ履歴書を提出行うこといったのは、詳細にまでちゃんと留意を注ぐことができることを示すサインであり、そういった才能はコーディングなどの作業にあって、非常に大事なスキルとなる」と述べています。

◆一流公企業での体験
「誤字脱字の数」の次に有効だったのが「一流公企業で働いた体験があるかどうか」でした。アライン君は「私はほとんどの場合、候補者の履歴を重視しませんでしたが、一流公企業で厳しい仕事を身ごなしてきた人物が敏腕であることいったのは確かです」とレビューしており、TrialPayではAmazon、Apple、Evernote、Facebook、Google、LinkedIn、Microsoft、Oracle、Y Combinatorのスタートアップ、Yelp、Zyngaを一流公企業と設定していたそうです。

By Tsahi Levent-Levi

◆仕事の中身をどれくらい平易に解説できるか
以下の画像は、内定をもらった側が履歴書内で自身のいにしえの仕事を解説行う際に大半使っていた言語をまとめたワードクラウド


内定がもらえなかった方のワードクラウドがコレ。


2つを比較と、内定をもらった方は「身動き(manage、ship、create)」を示すのに対し、内定をもらえなかった側はより技能的な単語などを利用していり付ける、とのこと。

なお、アライン氏はデータが300人分しかぬことを挙げ、「私はデータサイエンティストではぬし、考察の中で出てくるほとんどの統計的なデータはStatwingやWikipediaの助けを借りて出したものです。より大半のデータが集まり、より厳密に解剖すれば私の導き出した結論といったのは違う結果が出るか仮にれません」とレビューしています。

?関連雑報
Googleが面接で優れた人材を見出すのににやっていり付けることといったのは? - BLACKBCAS

仕事に役佇む才能のある人を面接で見区切るのにの質問 - BLACKBCAS

就活の未来は面接結果よりもビッグデータに導き出さエるデータが重視さエることになる? - BLACKBCAS

面接を行う必須がなくなる採用向け遊戯が登場、そのメリットは? - BLACKBCAS

起業家が投資を受けるときの最終面接テストに向けてすべき7つのこと - BLACKBCAS

面接の場では「わにぬ」と言えるムードづくりがよい結果を生むといった調べる結果 - BLACKBCAS

Tweet

in メモ, Posted by logu_ii