アート

世界で一番高値な色、金より得辛いな顔料「ウルトラマリン」の青史

by Boris Mann

「海を越えた」といった意義の「ウルトラマリン」は金よりも高値な色でもって芸術家に重宝されたり、芸術家のファミリーを貧乏のどん底に追いやったりしてきました。ウルトラマリンといったのは一体何なのか?といったことで、その青史がParis Reviewにまとめられています。

A Brief History of Ultramarine—The World’s Costliest Color
http://www.theparisreview.org/blog/2015/06/08/true-blue/

画工ミケランジェロの初期の作「キ名簿の埋骨」は未完のまま現世に残っていますが、キ名簿の埋骨が未完なのは、絵を描く上で用いるウルトラマリンの顔料をミケランジェロが手に入れられなかったにだと言われています。一方で、ラファエロはウルトラマリンの顔料を絵の仕上げに使い、フェルメールはふんだんにウルトラマリンの顔料を使ったが故にファミリーを負債の泥沼に陥れていました。


数々の芸術家に愛され、「海を越えた色」といった名を持つ「ウルトラマリン」の材料は宝石の一種であるラピスラズリです。ラピスラズリは何世紀もの間、アフガニスタン北部の山地にある乾燥地帯でのみ採鉱されており、金よりも得辛いだと考えられてきました。ラピスラズリは海路でヨーロッパまで運ばれてきたのに「海を越えた色」と呼ばれたわけです。

ラピスラズリをウルトラマリンの顔料に行うにはまず石を細か砂状に砕き、解かしたワックス?油?松ヤニなどと混ぜます。できた塊をうすい灰汁の中でこねると粒子が容器の底に沈んでいき、最終的には青い粒子を含んだ透明な抽出物が完成行うわけです。


宝石を材料と行うウルトラマリンはさほどにも高値なのに、通常はキ名簿かマグダラのマリアの着ていり付ける衣類を描く際にしか使われていませんでした。再び、当時の画工は絵画にかかる経費をスポンサーに負担させていましたが、人ではウルトラマリンの代物にインディゴスマルトの顔料を使い、ウルトラマリンを購入のにのお金を着服していた人もいたそうです。

上記のような状況を見かねて、1824年、フランスの手工業勧奨組合は「ウルトラマリンの代物になる顔料を開発した人に6000フランを授ける」と公表。数週間後、フランスの薬剤師であるジャン=バプティステ?ギメ氏とドイツ人究める者のクリスティアン?グメリン氏が別々に合成ウルトラマリンを開発したと名乗り出ました。グメリン氏は「1年前に既に合成ウルトラマリンを開発していましたが、レポートが発行さエるまで公表を控えていた」と力説し、ギメ氏も「2年前に既に開発していたが公表していなかったばかり」と力説したのに、賞金をめぐって大きな喧嘩が発端ましたが、結局、ギメ氏が作り方を公表しなかったのに、グメリン氏が合成ウルトラマリンの草分け者でもって認められ、賞金を得たとのこと。

by Orbital Joe

現在、合成ウルトラマリンは他の顔料と同様ような値で販売されていますが、相変わらず微妙に色調が違うのに、「天然のウルトラマリンを手に入れらエるならば自分自身の耳を切ってもいい」としゃべる画工は大半います。

一方で、合成ウルトラマリンには鉱石が含まれていぬゆえに、天然ウルトラマリンよりも豊かな色調だといった声もあります。20世紀のアメリカ画工であるアンドリュー?ワイエスは天然ウルトラマリンにつき「色が単純すぎます。近代の影や色調に用いると、その単純さゆえにぞっと行うような印象になってしまう」「旧式の青にはイエローが混ざっており、近代の色といったのはマッチしぬ」と語っています。手で細かく丁重に砕かれた天然ウルトラマリンであっても、方解石黄鉄鉱通常輝石雲母などが混ざっており、光を照り戻すしたり透過させたりします。そののに、さまざまなストロークで描かれた絵は、見る角度で青が白や黄金色に見えてしまうそうです。

小説家のウィリアム?H?ギャス氏は「On Being Blue」といった本の中で「青は古代に色んな箇所に所在しました。氷や水、炎、洞窟、花、フルーツ、それから魂」と語っています。古代エジプトの書籍では、中心に金が埋め込まれ目の形に彫られたラピスラズリが魔除けでもって扱われており、クレオパトラがラピスラズリの粉でアイシャドーを施していたことにも、青がいかに神神しいな色でもって扱われていたかが分かります。


ある色彩鑑定家は「青が深くなると人は『無限』のセンスが呼び起こされ、単純で超天然的なものへの欲求に気づきます」と語りますが、近代になっても空の青を瓶に詰め込み合うことができず、炎の青に触エることもできぬ人からみて、青は神神しいな色でもって所在し続けるのです。

?関連雑報
パタゴニアの氷河がこういうに麗しい青があると気付かせてくれた - BLACKBCAS

アイスランドにある氷の洞窟?スーパーブルーはちょうどLEDのような青い光輝 - BLACKBCAS

なんでインターネットでは「青色」が多用されていり付けるのか? - BLACKBCAS

色が変ずる青い紅茶や青づくしの調理を「TOCCA CAFE」で食べてきました - BLACKBCAS

青色光をぶつけるとハエ?蚊などの昆虫が死亡ことを発見、ブルーライトで人の目が傷つくのと似たメカニズム - BLACKBCAS

Tweet

in アート, Posted by logq_fa