メモ

時の流れとともに忘れ去られていた34の「失われた都会」


天然災難や天気の変換、隣邦との戦いや貿易のミスなどがもとで青史上いくつもの都会が衰亡してきました。衰亡後に人々の覚えに忘れ去られ、何世紀も経ってに発見された「失われた都会」につき、世界の国?遺址?島?野生生き物などのランキングを作成していり付けるTouropiaがまとめています。

34 Lost Cities Forgotten by Time
http://www.touropia.com/lost-cities/

◆34位:カルタゴ(チュニジア)
フェニキアにの移民が建国したのがカルタゴの始めで、地中海地域で大きな威力を持っていましたが、ハンニバルによる侵攻を受けたのち、紀元前146年にはローマ人で一回滅ぼされました。以後ローマの属州でもって復興してに698年のウマイヤ朝による侵略までの間、カルタゴはローマ帝国の中で極大級の規模をほこっていました。

by georgianakate

◆33位:シウダー?ペルディーダ(コロンビア)
スペイン語で「失われた都会」を意義行うシウダー?ペルディーダは、800年ごろに作られ、以後スペイン侵攻を受けて捨てられた都会だと言われています。山腹にいくつもの高台があり、石畳の道と円形広場も残っています。

by poirpom

◆32位:トロイ/イオリス(トルコ)
トロイ(イオリス)は、ホメロスの叙事詩「イーリアス」に登場行う、トルコの北西部にあったとさエる言い伝えの都会。複数の石垣などが残されており、知名な「トロイの木馬」のレプリカが遺址の出口に作られていり付けるそうです。

by ccarlstead

◆31位:スカラ?ブレイ(スコットランド)
石器時世の集落跡がきれいに残っていり付けるヨーロッパの遺址のひとつ。紀元前3180年に紀元前2500年ごろに人が住んでいたと推測されています。気温の急速な低下と降水量が増えたことがもとで住人たちが去ったあと、何百年もの間、砂に覆われていたのですが、1850年に起こった大嵐で砂が吹き飛んで住居跡などが発見されました。

by Katherine

◆30位:メンフィス(エジプト)
上下エジプトを統一したエジプト初期王朝時世の王(ファラオ)メネスが紀元前3100年ごろに作ったと言われていり付ける言い伝え上の都会。640年にムスリムのエジプト侵攻で滅ぼされ、キ名簿教やイスラム教の登場でメンフィスの宗教的な位置は失われました。遺址にはプタハの神殿、王宮、ラムセス2世のジャンボな像などが残っています。

by kmf164

◆29位:カラル(ペルー)
アメリカ大陸で一番古臭い「失われた都会」のひとつで、紀元前2600年に紀元前2000年ごろに、3000人以下の住人が暮らしていたと考えられています。6つの塚に囲まれたジャンボな広場が暮らしの目玉であったと見られています。

by Alex Zanuccoli

◆28位:バビロン(イラク)
メソポタミア文明時世にバビロニアの首府であったバビロンは、ユーフラテス川沿岸に位置していて、紀元前およそ1180年に一回滅んだものの、紀元前9世紀にアッシリアの属州でもって復興。現在は泥レンガ製の壊れた建造物やガレキが残されていり付けるのみです。

by Gus Wallen

◆27位:タキシラ(パ接吻タン)
タキシラはパ接吻タンの北西部の都会で、紀元前518年にアケメネス朝のダレイオス大王で作られました。3本の交易路が交わる都会でもって栄えていたのですが、5世紀にフン族で毀損されました。

by Guilhem Vellut

◆26位:スコータイ(タイ)
タイ王国初期の大事な青史的都会のひとつ。クメール王朝時世の地方都会でしたが、13世紀に自活してタイ州の州都が設置され、8衆人くらいの住人が暮らしていたと言われています。1438年にアユタヤ王朝に吸収され、15世紀~16世紀ごろには居住人がいなくなったとのこと。

by reibai

◆25位:ティムガッド(アルジェリア)
ティムガッドはローマの植民地でもって紀元100年ごろにトラヤヌス帝が開発した都会。1万5000人度合いの住人を想定して作られたのですが、人口がぐんぐん増大してぐるりに建造物が建て増しされたのに都会全部がいびつな形をしています。バンダル族とベルベル人による侵略を受けてに1881年の発掘まで、ティムガッドは青史に姿を消していました。

by Dan Sloan

◆24位:モヘンジョダロ(パ接吻タン)
紀元前2600年ごろに作られた世界中で一番古臭い文明遺址のひとつで、現在のパ接吻タンがある地域に位置しています。インダス文明の目玉地で、3万5000人くらいの住人がいたのではぬかと推測されています。何らかの訳で紀元前1700年ごろに青史上に姿を消し、1920年代にインダス川沿岸の他の遺址と共に発見されました。まっじきにに整備された道路や、きっちり同様サイズのレンガで作られた建造物など進んだ文明が所在していたことがうかがえる遺址が残っています。

by Lohen11

◆23位:グレート?ジンバブエ(ジンバブエ)
数百もの小さな石の遺址がジンバブエ国内に点在していり付けることに「グレート」の呼称がつけられています。原住民のバントゥー系民族が建てたもので、11世紀に300年以下にわたって作り続けられました。ピーク時には1万8000人の住人が暮らしていましたが、交易の減少、政情不座り、天気変換による食料欠乏?水欠乏がもとで居住人がいなくなったと考えられています。

by Mike

◆22位:ハトラ(イラク)
パルティア王国の影響下でジャンボな防塞都会でもって栄えたハトラは、数回に達するローマ侵攻に耐えたものの、241年のササン朝侵略で落城。東欧風の装飾が施された、ヘレニズム文明とローマの建築が融合した寺院建築が残されています。

by Denniss

◆21位:サーンチー(インド)
紀元前3世紀に建設が始め、10世紀~11世紀に完成した複数の寺院や僧院が並ぶ村落。13世紀にインドの仏教が衰退したことでサーンチーにも人々が出て行ってしまい、1818年にイギリス人で発見さエるまで、長年ジャングルの中に埋もれていました。

by Arian Zwegers

◆20位:ハットゥシャ(トルコ)
紀元前17世紀にヒッタイト帝国の首府でもって栄えましたが、前1200年のカタストロフの影響で衰亡。最盛期には4衆人に5衆人が暮らしていたと推測されています。材木や泥レンガの家は浸食してしまい、石でできた寺院や宮殿ばかりが残されており、近東地域の法典?審判筆録?文学が書かれた粘土板が見つかっています。

by Sarah Murray

◆19位:チャン?チャン(ペルー)
コロンブス到達以前のアメリカ大陸にあって極大の都会だったのがチャン?チャンです。チムー族が850年ごろに作った都会で、1470年のインカ帝国による侵略まで3衆人の人口を抱くジャンボ都会でもって栄えていました。陰干しレンガの上に泥を塗ってアラベスク文様を彫った建造物が残っていて、街の目玉には祭儀場やお墓、寺院などを集めた城がいくつか建っています。

by Tyler Bell

◆18位:メサ?ヴェルデ(アメリカ)
コロラド州の南西部にあるメサ?ヴェルデは、12世紀にアナサジ族が絶壁に作った住居群です。渓谷の崖に突き出た岩の下にある奥往路の浅い洞窟に、いくつもの家が建てられていて、大きな家は150もの室を備えていり付けるそうです。13世紀ごろにアナサジ族はメサ?ヴェルデを離れて別の箇所へ移り住んだのですが、その訳ははっきりになっていません。

by Don Graham

◆17位:ペルセポリス(イラン)
ペルシャ帝国の目玉地であったペルセポリスは、麗しい街並みを数々の芸術作で飾っていたのですが、紀元前331年のアレクサンドロス大王による侵攻の際にその大半が焼き尽くされ、現存していり付けるものはほとんどありません。マケドニア朝のもと、ペルセポリスは一州都でもって機能していましたが、時の流れにしたがって徐々に衰退していくことに身なりました。

by Fulvio Spada

◆16位:レプティス?マグナ(リビア)
レプティス?マグナはローマ帝国の都会で、天然にできた港のせいで地中海地域やサハラ砂漠を結び付ける交易の目玉地でもって発展。再び、豊沃な土地で作物を育むことで農林の目玉地とも身なりました。ローマ帝国の衰退と共にレプティス?マグナの勢いも抜けていき、642年のアラブ侵攻後に人が住まなくなって、砂に覆われた失われた都会となってしまいました。

by Rob Glover

◆15位:ウルゲンチ(ウズベ接吻タン)
アムダリア川沿岸に位置行うウルゲンチは、シルクロード沿いの極大級の都会でした。12世紀に13世紀初頭にかけてホラズム朝の首府でもって隆盛を極めましたが、1221年にチンギス?カンによる侵攻を受けてうら若い女性や子どもたちは奴隷に、自余の住人は惨殺されて衰亡しました。

by Martijn.Munneke

◆14位:ハンピ/ヴィジャヤナガル(インド)
ヴィジャヤナガル王国の目玉地でもって14世紀に16世紀にかけて繁栄し、50衆人以下の住人をかかえていた世界極大級の都会がハンピです。イスラム教の王国とたびたび衝突を繰り返し、1565年に惨敗北を喫したことで街の大一部分が毀損されてしまいます。ヴィジャヤナガル王国は首府を移して生き延びますが、ハンピには再び人が居住こといったのはなく、本日まで無人で野放しされています。

by Arian Zwegers

◆13位:カラクムル(メキシコ)
メキシコのジャングルの奥深くに位置行うカラクムルはマヤ文明の極大の都会のひとつです。同様くマヤ文明の都会であるティカルとたびたび対戦してマヤで先頭の都会の座を喧嘩ましたが、マヤ文明の衰退にしたがって両都会とも衰亡してしまいました。

by dinesh rao

◆12位:パルミラ(シリア)
「ヤシの木の街」といった意義のパルミラは、ペルシャとシリア属州を結わえる交易路沿いに位置しており、ローマのディオクレティアヌス帝が塀を建ててササン朝による交易妨害にパルミラを守っていましたが、634年にムスリムが街を統治して交易路が絶たれ、砂漠のオアシス都会でもっての機能以外が排除されて徐々に衰えていきました。

by reibai

◆11位:クテシフォン(イラク)
6世紀ごろに栄えたクテシフォンはその規模の規模にたびたびローマ帝国の攻めるの対象と身なり、ローマ帝国やビザンチン帝国で数回にわたる侵略を受けました。637年のイスラムのペルシャ侵攻の際に一回落城した後、アッバース朝の首府でもって復興したものの8世紀に衰亡。「千夜一夕物語」のステージだと言われています。

by dynamosquito

◆10位:フヴァルセー(グリーンランド)
フヴァルセーは985年ごろにヴァイキングが移住して農場を拓いた都会。最盛期には4000人くらいの住人がいたと見られています。

by Number 57

◆9位:アニ(トルコ)
砂漠のキャラバンが東西を往路来行う際に通った道沿いに位置行うアニは、5世紀に建てられて、10世紀にはアルメニアの首府と身なりました。数大半の教会が建てられたことに「1001の教会をもつ都会」と呼ばれていました。13世紀のモンゴルによる侵攻と1319年の大地震、さらに真新しい交易路が開拓されたことを受けて衰退しました。

by Mr Hicks46

◆8位:パレンケ(メキシコ)
マヤ文明の中では小規模な都会ですが、600年に800年ごろに作られた上質な建築物や彫塑が残されています。マヤ文明の衰退のあとも農作民族が僅かの間ばかり暮らしていました。

by Arian Zwegers

◆7位:ティワナク(ボリビア)
チチカカ湖の南東部にあるティワナクは、インカ帝国の大事な都会のひとつ。紀元前300年に紀元300年ごろに巡礼を行う人々からみての目玉地でもって機能していました。7世紀に9世紀にかけて定住行う人が増え、約3衆人を抱く南アンデスの強力な都会に発展したものの、11世紀に起こった急速な天気の変換がもとで衰亡に追い込まれました。

by Victor Sounds

◆6位:ポンペイ(イタリア)
ポンペイは紀元79年8月24日にヴェスヴィオ火山が噴火したことで全てが灰と土に埋め尽くされ、長年忘れ去られていましたが、18世紀に行われた発掘で建造物に調度品にかけて何もかもが完璧に残された状態であることが判明しました。

by Nathan O'Nions

◆5位:テオティワカン(メキシコ)
テオティワカンは、メキシコの渓谷で紀元前2世紀に出身たテオティワカン文明の目玉となった都会です。6世紀に起こった干ばつがもととなってテオティワカンは衰亡しましたが、今さえ森の奥に階梯状のジャンボなピラミッドが残っています。

by Angel Gonzalez Hereza

◆4位:ペトラ(ヨルダン)
ナバテア王国の首府であり、渓谷に掘られた建造物が特徴。シルクロード沿いの大事な都会でもって発展しましたが、数回の地震に見舞われて水道施設が毀損されてしまい、人々はペトラに離れていってしまいました。

by Colin Tsoi

◆3位:ティカル(グアテマラ)
前述のカラクルムと敵うマヤ文明極大級の都会で、10衆人に20衆人の人々が暮らしていたと推測されています。住民の大半は830年に950年にかけて姿を消し、11世紀には誰も住まなくなってしまいました。

by Mike Murga

◆2位:アンコール(カンボジア)
アンコールは、9世紀に15世紀のクメール王朝時世に作られた無辺な宗教都会。世界極大の宗教建築であるアンコール?ワットや、顔が彫られた石がたく君残っていり付けるバイヨンなどが含まれます。ヒンドゥー教と仏教の間でアンコールを巡って何度も闘争が発端、最終的にはアユタヤ人の侵攻で衰亡。アンコール?ワットのみが仏教寺院でもって残っています。

by David Sim

◆1位:マチュ?ピチュ(ペルー)
ペルー国内では密かに所在が伝わっていたものの、1911年にハワイの青史家が発見行うまで何世紀もの間「失われた都会」だったのが、ペルーのウルバンバ谷にあるマチュ?ピチュです。高所にあるのに地上には目視不能で、耕地や天然の泉に恵まれた自給自足の暮らしが営まれていました。

by Jared Smith

?関連雑報
世界各国の麗しい箇所を探索しつつ今じきに旅佇む用意もできるただアプリ「Places」 - BLACKBCAS

うっかり2度見してしまう世界の奇妙なビーチ15ヶ所 - BLACKBCAS

世界の都会?ホテルなどのトップ10を定める「World’s Best Awards 2014」で日本のあの都会が1位に - BLACKBCAS

世界中の優等な人材を惹きつける優れた都会トップ20 - BLACKBCAS

自分自身が住んでいり付ける都会の暮らし費が安いか高いかを世界中の都会と比較できる「Cost of Living」 - BLACKBCAS

Tweet

in メモ, Posted by darkhorse_log