×
メモ

日中に仮睡を取る効果や最善の仮睡時帯?仮睡時など「仮睡」に関行うあれそれ

by Chris Goldberg

普段暮らしをしていり付けると、日中に眠くなることがあります。そういうときに仮睡を取った方がいいのか、仮睡を取るでもってもどれぐらいの時仮睡を取った方がいいのか、そういう疑問を解消行う「仮睡」に関行う究める結果などをBBCがまとめています。

BBC - Future - Sleep: How to nap like a pro
http://www.bbc.com/future/story/20150106-how-to-nap-like-a-pro

仕事場などで仮睡を取ることいったのはさほどいいイメージに受け取らエることいったのはありませんが、仮睡を取ることで運動才能、認知力、覚え力などを向上させらエることがわかっています。2014年の究めるによると夜と昼の睡眠は無間柄な単語同士の組み合わせを覚えしておく力を向上させ、北京大学び舎で行われた究めるでは、トレーニング後の仮睡は脳機能と視覚機能を向上させ、肉体と精神の回復を促進さすことが判明。

by Chris Hunkeler

再び、2008年カルフォルニア大学び舎のメドニック君による究めるでは、カフェイン200mgと60分に90分の仮睡の効果を比較した結果、仮睡は覚え力を向上させましたが、カフェインには効果がぬか覚え力が悪化行うことがわかりました。さまざまな仮睡の結果に、公企業の中には仮睡の効果に目を付け仮睡室を設けて仮睡を推奨行うことで産出性がアップしたカンパニーがありますが、一方で産出性が抜けたカンパニーもあります。トロントのスタートアップは約30%産出性が抜け、プロジェクトの遅延が生じてしまったとのこと。

by waferboard

最善の仮睡方法は、メドニック君の究めるによると、仮睡を取る天然な時は14時に16時ぐらいとのこと。再び仮睡の時で効果が違うことも分かっています。2009年に行われた究めるでは、身体が眠っていり付けるのに脳が活動していり付ける状態である「レム睡眠」と脳が休息状態になる「ノンレム睡眠」と「起きまれま休んだ状態」を比較しました。究める中身はテスト実施の朝に、1つの言語に対して3つの無間柄な言語を考え浮かべるといった平易なテストを行ってもらい、昼過ぎの初めに「レム睡眠」「ノンレム睡眠」で仮睡を取ってもらうか「起きまれま休んだ状態」になってもらって、夜に再び朝と同様テストを行うといったもの。結果は「レム睡眠」が一番創出的問題決着力を向上さすことが分かりました。ただし、レム睡眠の効果を取るには60分に90分のロング仮睡時が必須になることが問題です。

by Asim Bharwani

一方、ショート仮睡さえ効果があります。オーストラリアの究めるでは、10分度合いの仮睡を取ると155分のロング仮睡を取ったときよりも睡魔が少なく、活力を印象、認知才能が向上行うことがわかっています。20分に30分の仮睡も効果がありますが、認知才能が向上行うまで時がかかるとのこと。なお、仮睡に起きた直後は、複雑な仕事はしぬ方がしばしば、脳が完璧な状態に戻るまで仮睡後1時に2時が必須になるとのことです。再び、カルフォルニア大学び舎の睡眠と認知の究めるを行っていり付けるエリザベス君によると、「特に仮睡の必須性を印象なければ、仮睡の効果はぬ」とも話しています。

なお、完璧な睡眠を実現行うのにの脳波?目玉運動?筋肉の張り詰め込む?心拍数などをチェックし、離床直後のボーっとした状態を極小限に抑える快眠マスク「Neuroon」といったものがすでに開発されています。

?関連雑報
よりいい睡眠を持つのにの「10のゴールデンルール」といったのは? - BLACKBCAS

軽い運動さえ睡眠の質を劇的に改篤行うことが判明 - BLACKBCAS

睡眠の質を高める3つのシンプルな方法 - BLACKBCAS

睡眠中にビクっでもってしまう行動はどうして起こるのか - BLACKBCAS

睡眠時が短くても健康的な人は一体どういう暮らしをしていり付けるのか? - BLACKBCAS

世界初の睡眠制御で1日2時睡眠を可能に行う「Neuroon」 - BLACKBCAS

Tweet

in サイエンス,   メモ, Posted by darkhorse_log