×
メモ

優等なチームを拵えるのにの真新しいアイデアといったのは?

By Steve Corey

大きな公企業であるくらいにビジネスはチームで揺れるように身なりますが、それまでチーム育成にあってさほど大事視されていなかった「コミュニケーション」における究めるをMIT人工学究める所が行っています。究める結果には、「コミュニケーションがチームの中でどのように反作用行うのか?」といったことが判明しています。

The New Science of Building Great Teams - HBR
https://hbr.org/2012/04/the-new-science-of-building-great-teams


MIT人工学究める所は、チーム育成における「コミュニケーション」の影響力を究めるしています。究める対象には医院の術後病棟?金庫の顧客対応チーム?コールセンターなどが選ばれ、究めるチームは一同に「誰とどのくらい話したか」「声のトーン」「ボディーランゲージ」といったコミュニケーション?データを採集できる「電子バッジ」を配布しました。採集したデータを解剖したところ、「コミュニケーション」の因子は優れたチームを拵えるにあたって大事な役割を果たしており、今までチーム育成に大事視されていた個の「頭脳」「人格」「才能」「ディスカッション才能」といった全ての因子を組み合わせた才能に比肩行うくらいの大事性を持つことが判明しました。

By David Cosand

6週間にわたって採集したデータによると、大きく分けて「チームのエネルギー」と「会議外のやり取り」といった2つの素因が産出性を向上さす鍵となっており、チームでは産出性の3分の1を変動させていたとのこと。この結果を受けた究めるチームは、従業員が一回に一同で小休息をとエるようスケジュールの調節をチームのマネージャーに請いました。従業員からみては仕事場を離れて同志同士で社交的に過ごすわけですが、一同同時に休息を持つのは一見行うと業務効率が下がってしまうと考えらエるのに、動議を受けたマネージャーは半信半疑でスケジュールの改定に挑んだとのこと。

この試行で、コールセンターの中でさほど効率が良くなかったチームのAHT(平均処理時)が20%以下減僅か、全部さえAHTが8%の減少を筆録した他、従業員自己満足度も向上。優等な効果を発露したリスケジュールを受けて、金庫のコールセンターを率いり付けるマネージャーは精察期完了後に総計2万5000人の従業員の休息スケジュールを改定し、産出性の上昇で年間1500万ドル(約18億円)の収益増を見込めるようになったとのこと。

By INDIVIDUELL M?NNISKOHJ?LP

それまでチームの育成に「コミュニケーション」が大事視されていなかったのは、実際にチームのメンバー同士がどのように士気投合行うかを計測した主観的データがなかったのに。しかし、究める所ではいにしえ7年にわたって21の体系のチームに2500人以下のコミュニケーション?データを、実験ののにに開発された電子バッジで採集。成功したチームとミスしたチームの比較などを行いつつデータの解剖を行うことで、チーム内における詳細なコミュニケーションの動向が解剖できるようになっています。

人工学究める所によると、優れたチーム育成に影響行う大事な因子は的確には3つに分かれており、1つ目が「Energy(エネルギー)」。エネルギーはチーム内の「やり取りの度数」で計測可能で、やり取りは「はい」「うなずく」といった返事や行動ごとに1回と定義されます。やり取りの度数がたくさんくらいにチーム内にエネルギーが生成行うのに、面会でのコミュニケーションくらいエネルギーが高く身なります。テレフォンやTV会議などの遠隔コミュニケーションさえ「やり取りの度数」がカウントできるのでエネルギーが生成します。照合的にメールでのやり取りはエネルギーの生成量が一番少ぬコミュニケーションと身なり、「エネルギーが低い」となるわけです。

2つ目の因子は「Engagement(つながり)」に的中、チームメンバー内で生成したエネルギーを分配行う行いに的中ます。3人チームであれば、「AとB」「AとC」「BとC」のような1対1の相互コミュニケーションを指し、「思なんどきいたアイデアを打ち合わせ行う」といった行いを大半のメンバーと行うくらいに有限のエネルギーをチーム内でうまく回すわけです。例えば投資決定をチームで打ち合わせ行う場合、「一部のメンバー同士でつながりがたくさんチーム」と「チーム全部でつながりがたくさんチーム」では、後者の方が有効な判断を下すとのこと。


3つ目の因子は「Exploration(探検)」で、別のチームの人など、チーム外の誰かとのやり取りを指し、優れたパフォーマンスを発露行うチームには外部との連絡を請いるメンバーがたくさん趨向にあることがわかっています。特にクリエイティブなアイデアが請いらエるチームにあって、チーム外部とのコミュニケーションは全部像のリフレッシュに不可欠とのこと。ただし、「つながり」「探検」はどっちもエネルギーや時を要行うのに、両立が困難因子。有限のエネルギーをうまく内外に身振り区切ることが成功の秘策になるわけです。


なお、究める所の採集データによると、メンバー間のやり取りが増大行うばかりさえチーム全部の効率が35%上昇行うことがわかっています。優れたチーム育成を狙うマネージャーは、チーム内の3つの因子を高まるように采配行うことが不可欠ですが、「コミュニケーションの質」も勘案行う必須があります。例えば、従業員同士のコミュニケーションの場でもって「飲み会」といったアイデアがありますが、電子バッジの採集データはそれらのイベントにさほど効果がぬことを示しています。照合的に、カンパニーのダイニングルームの机を長くして、知らぬ人が隣に着くチャンスが大半なると、チームに非常にいい影響が現れていり付けるとのこと。

再び、産出性?クリエイティビティの両方にあって優れたチームに注視したところ、全メンバーと均等にコミュニケーションをとりつつ、チームメイト同士の間を取り持ってアイデアを広げらエる理想的なリーダーがチーム内にセッティングされていり付けることがわかりました。究める所が「カリスマ的コネクター」と呼ぶこのような人物がチームにいり付けるばかりさえ、優れたチームに発展しやあく身なります。

By Adrien Sifre

このように、MITの人工学究める所はチーム育成を今まで考えられていなかったさまざまな因子が影響行う「真新しい科学」と考えています。電子バッジに組み込み合うセンサーの発展や小型化につれて、ストレスのぬデータ採集や、さらなるチーム育成の素因が発見さエる蓋然性もあります。将来的には「長間隔ワーク」や「異文明間ワーク」の働き方を著しく改善できると究める所は考えており、成功すればグローバル理財の発展にも貢献できるといったことです。

?関連雑報
小さなエンジニアリングチームを成功さすのにの6つの機密 - BLACKBCAS

仕事場?チームのやる気やムードの状態を投票で見える化行う「moodvise」 - BLACKBCAS

チームやプロジェクトを成功へと導くのにに必須になる意外な才能といったのは? - BLACKBCAS

数々のエンジニアリングチームを導いた人物がマネジメントの中に学んだ教誨といったのは? - BLACKBCAS

チームリーダーが看過がちな聞き手でもっての3つスキル - BLACKBCAS

Tweet

in メモ, Posted by darkhorse_log