×
メモ

子どもが学び舎で実際にマスターすべき7つのこと

by Chris Suderman

学び舎でテストの点数がしばしばても成人になってにあながち成功行うといったのは限らぬもので、現在では学び舎教育の評価方法が改められたり、テストの実施が見直されたりしています。幼稚園に高等学び舎を修了行うまでの13年間に行わエるテストを300回以下評価してきた履歴を持つ発展心理学究のスーザン?エンゲル君は、体験に得た「子どもがマスターすべき7つのこと」を挙っており、その7つのことを学び舎教育で身につけていくのにのポイントや評価方法をまとめています。

7 things every kid should master - Magazine - The Boston Globe
http://www.bostonglobe.com/magazine/2015/02/26/things-every-kid-should-master/uM72LGr63zeaStOp9zGyrJ/story.html

1:読む力

by Antonio Mantero

エンゲル君によると、全ての子どもは小学び舎を修了行うまでに読む力を身につけるべきであり、インフォメーション採集や楽しみののにに、定期的に本を読む慣習をつけることが大切とのこと。子どもはものを「読む」ことができると、できなかった時と考え方が変わります。再び、読む力を身につけることで事実世界にあってもインフォメーション採集が可能に身なり、他の人と会話行う才能が身につくのも大事な点です。

教師が子どもの読む力を測る方法の1つには、子どもたちの考え方や言語の使い方を精察行うといった方法があります。例えば、発展心理学では子どもの頭脳を測るのにに「子どもがスピーチ行う状態」を録音して聞こえる、といった方法を採ります。センテンスにおける語法の複雑さとボキャブラリーの多さは子どもの頭脳を知るのにの大事な指標となるので、教師はただ書記テストを行うのではなく、子どもが話すセンテンスに才能を測ることができます。

2:質問才能

by Raymond Bryson

子どもはいろんなことを分かるしたがる衝動を持っていり付けるものですが、大半の場合、学び舎教育は「質問行うこと」に重きを置いていません。そののに、学び舎に赴くと子どもはぐんぐん質問を行う度数が少なく身なり、追究をやめ、好奇心を失っていきます。科学的な発見やイノベーションを請いる教育システムが「学び」に必須不可欠な「衝動」を抑えるといった撞着が生じていり付けるのです。

エンゲル君は上記のような既存の教育法といったのは逆に、子どもに質問を促し、そこらに子どもの才能を測ることを勧めています。いにしえの究めるに子どもの才能を測るのにのいくつかの指標が導きだされており、「データに基づいた回答が得らエるような質問をしていり付けるか」「正常答えが得られなかった時に質問を続けようと行うか」「答えを取るのにに複数人に質問したり、PCを使ったりなど、さまざまな方法を駆使していり付けるか」といった方法で才能の評価が可能になるそうです。

3:柔軟な考え方と解説行う力

by Wirawat Lian-udom

学び舎で身につける大事な才能のうちの1つが「複数の見方で状況を考える」といったこと。「自分自身の顧客なことを1つ選び、読み手にそのことにつき解説してください」といった質問に対して小レポートを記す、といった課題が大学び舎で出さエることがあります。それは、生徒がそのものごとにつきどのくらい精通していり付けるのかを描出させ、分かる行う側の立つ瀬に立って論理的にタスクを解説できるか、大意やインフォメーションを的確に伝えらエるか、などを測るものです。上記の質問の他に「自分自身自身のことを友人の視点で解説してください」といったものもありますが、このような「解説行う力」を測り育む教育は小学び舎さえ行わエるべき、とエンゲル君は語ります。

4:会話才能

by Anthony Mendez

成人になってにの大半の状況で会話才能が請いらエるのは周知の事実ですが、いにしえの究めるにより子どもからみては「成人との会話」が非常に大事だといったことが判明しています。ある究めるでは「子どもが家で親と交わす会話」が録音され、後にデータが解剖されたのですが、親の質問の方法や答え方、子どもを回答へと導く方法、子どもが何を知っていて何を考えていり付けるのか知る方法など、大半の会話方法が子どもに受け継がれていり付けることが分かりました。再び、子どもは親との会話で自分自身の知らぬ真新しい世界を見ることができます。

一方で、貧苦家の子どもは親との会話が少なかったり、聞き取りの才能が低かったり行うこともあります。その場合は教師が学び舎でがっちりと子どもと会話行う必須が出てきますが、子どもとの会話に重きを置いていり付ける教師は少ぬとのこと。会話才能の大事性は分かるされていても、会話才能の測定は非常に困難といった問題点もあります。会話の寸法や、敵とやりとりした度数、取り上げられたトピックの数など、見るべき点が多すぎるのです。しかし、仮に教師が「子どもとの会話に値打ちがあり、会話で子どもを評価可能だ」と知っていれば、子どもの会話才能を伸ばそうと行うはず、とエンゲル君は語っています。

5:第三者と協力行うこと

by niko si

子どもの世界に不和はつきものです。例えば、学び舎の人気者であるショーンといった子どもがいて、お昼にはダイニングルームで好きな友達を集めてみんなで御飯をとっていり付けるのですが、背が低くてメガネをかけた地味なタイプのクインといった少年ばかりがショーンにのけ者にされてしまい、次第に「学び舎に往路たくぬ」と母親に漏らすようになったとします。

上記のような仕上がり事はどの学び舎さえ耳にします。教師はクインのような子どもをサポート行うことも大事ですが、同時にショーンのような子どもに第三者を統治したがる衝動を抑えることも示しなければ身なりません。

発展心理学での大事な発見の1つに「子どもは『成人が第三者をどう扱っていり付けるか』を見ることで、第三者への接し方を学ぶ」といったものがあります。このことを考えると、ただ生徒に示しを説くのではなく、普段に教師が他の教師や生徒に対してどう振るう舞っていり付けるが大事。懇切心やチームワークは一夕一朝で育つものではありませんが、教師が「生徒が協力できる環境」を拵えることが請いられます。

6:没頭行うこと

by Ed Yourdon

教育形而上学究のハリー?ブリッグハウス氏によると、1つのことに20分間密集し続けることこそが、学び舎で得らエる一番大事な認知才能とのこと。元より人の密集力には差があり、物事の第一に密集できる人もいれば、密集状態になるのにロング時がかかる人もいますが、基本的に学び舎で生徒が基本的な水準をクリア行うこといったのは可能と考えられています。

この水準をクリア行うのにには、高い密集力を子どもに請いたり、密集していぬように見える生徒をしかったり行うのではなく、没頭行う対象となるさまざまなチャンスが生徒に与えられていり付けるか、それから生徒が与えられたチャンスに密集していり付けるかをチェック行うことが大切です。

7:健やかであること

by Len Matthews

学び舎に通う子どもからみて何よりも大事なのは、学び舎にいり付ける時の状態に自己満足行うことです。理財学究や心理学究はそれまで「自分自身の福さを語る時の人々は信頼性が高い」といったことを示してきました。子どもに「どう印象ていり付けるか」といったことや「学び舎にいり付ける成人に分かるされていり付けると印象るか」「自分自身の取り組んでいり付けることにどのくらい関心があるか」などを質問行うことで子どもの状態を測るべき、とエンゲル君。

子どもの生長や学びの状態を書記テストなどで測るのが一般的ですが、子どもをフリーにし、教師に意義ある仕事をしてもらうには、上記の7つのことが大事であるとエンゲル君は語っています。

?関連雑報
ビル?ゲイツが語る「オンライン講義が教育に革命的変換をもたらす蓋然性」といったのは? - BLACKBCAS

22カ国の学び舎を回った僕が日本の教育現地ですべきたった1つのこと - BLACKBCAS

未就学教育での「算数」で明るい未来が開かエるといった考え - BLACKBCAS

1万時勉強行うより効果的な勉強方法といったのは? - BLACKBCAS

勉強行うときに到底大切な6つのこと - BLACKBCAS

真新しい言語の勉強が年齢に間柄なく脳を構成的に強化行うことがはっきりに - BLACKBCAS

ひとりで勉強行うには実際はどうすれば先頭効果的なのか? - BLACKBCAS

Tweet

in メモ, Posted by logq_fa