×
ハードウェア

鉄の暖簾の向こう側でコンピュータはどのような進化を遂げていたのか?

By Daniel Antal

1945年に1989年まで続いた冷戦の間、ソビエト合衆国(ソ連)は東ヨーロッパ列国の共産方針政権を統制し、東ドイツ?チェコスロバキア?ハンガリー?ユーゴスラビアの西側国境に鉄線で作られた柵を設置して国境間の往来を禁じました。資本金方針陣営との国交が絶たれたソ連統制下で近代社会に欠かせぬコンピュータは独自の発展を遂げていたようで、その詳細を冷戦直下のチェコスロバキアで出身、コンピュータに没頭していたといったMartin Mal?氏がはっきりにしています。

Home Computers Behind The Iron Curtain | Hackaday
http://hackaday.com/2014/12/15/home-computers-behind-the-iron-curtain/

イギリスのチャーチル元首相は、ソ連が資本金方針陣営のアメリカや西ヨーロッパ列国と敵対行う態度を「鉄の暖簾」と表わすし、以後冷戦の張り詰め込む状態を表わす単語でもって利用されています。その鉄の暖簾の東側に位置行う冷戦時世のチェコスロバキアはソ連構成共和国に含まれていなかったものの連合国でもってソ連の影響を色濃く受ける社会方針共和国でした。

Mal?氏によれば、ソ連は第二次世界大戦後に生誕した学術の「サイバネティックス」を器械で人を統治行うのに用いる「ブルジョアジーの共通科学」と批判しましたが、後に科学と軍におけるコンピュータの大事性を分かるし、東ヨーロッパ列国でコンピュータの開発を始めたそうです。

Mal?氏が産まれたチェコスロバキアには「Tesla」といった名前の公企業がありました。Teslaは半導体にレコードプレイヤー、TVまでさまざまな電子機器を製造行う、いわばチェコの総括電機機器メーカーといった所在。Teslaが販売した中さえ関心奥深いのが「JPR-1」といったコンピュータです。


JPR-1は8224?8228チップセットとメモリを船積みしたシングルボードコンピュータで、何が関心奥深いのかといったとJPR-1のデザイナーが同機種の設計図とプリント基板を「Amatérské Rádio」といったマガジンで公開していたこと。Mal?氏によると、共産方針の内閣がコンピュータの詳細の公開を認可したのは、当時の政体制に考えるとたまげるべきことで、そのバックには内閣がエンジニアを必須でもっていたことが読み取れます。

Teslaは勘定機?勘定機向けLEDディスプレイを船積みした「PMI-80」や、PMI-80をグレードアップさせ32KBのRAM?16KBのVRAM?キーボード船積みの「PMD 85-1」、64KBのRAM?キーボード船積みの「Ondra」といったコンピュータを家向けに発売しましたが、当時のチェコスロバキアの平均賃金6カ月分といった恐ろしく高い値ののにに一般家では流通せず、学び舎や工場、究める所といった施設が購入していたのが実情でした。

それがPMI-80


PMI-80をグレードアップさせたPMD 85-1


TeslaのOndra


ただし、チェコスロバキアの一般家にコンピュータが普及していなかったのか、といったとそうではありません。当時一般家では西ドイツやオーストラリア、イギリスに非正規のルートや個移入で入ってきたシンクレア?リサーチAtariのコンピュータが流通していました。シンクレア?リサーチの「ZX Spectrum」やAtariの「800XL」といった機種は値が平均賃金1カ月分で、Teslaのコンピュータの約6分の1。再び、シャープの「MZ-800」が市に出回ることがあり、自余にもコモドールAmigaAtari STといったコンピュータも市に登場しましたが、正規ルートではなく個移入されたものしかなかったそうです。

非正規ルートに流通していた移入コンピュータは当然マニュアルが付いていり付けるわけではぬので、家向けと言っても購入していたのは近代でしゃべるところのギークな人たち。移入コンピュータを購入した人は海外のコンピュータマガジンや本を入手して操作方法を学んでいたようで、Maly氏の友人の中にはAtari 800XLと「6502」といったCPUの取扱解説書、逆アセンブラソフトウェアばかりを使って試行錯誤しつつコードやコード表を勉強した人もいたそうです。


一方コンピュータで利用行うソフトウェアといったと、冷戦時世のチェコスロバキアにはソフトウェアを取り扱うお店は所在しなかったので、ソフトウェアを手に入エるには西ヨーロッパ列国に密輸行うしかなかったのが実情です。しかしつつ、ソフトウェアを入手行うのが難しかった反面、コンピュータの所有者は最悪さえBASICを勉強行う必須があり、その結果でもって数大半のプログラマが育ったとのこと。ただし、プログラミングを勉強して自分自身でソフトウェアを開発しても販売行うこといったのは禁ずるされており、1989年にようやく販売免許取得者のみ自作ソフトウェアの販売が認可されました。

1989年にベルリンの壁が瓦解し冷戦が終結に向かうと共に、鉄の暖簾は消失。冷戦以降のチェコスロバキアでは一般家レベルでハードウェアやソフトウェアの購入が始め、東ヨーロッパやアメリカに差を開けられたIT事業のギャップを僅かずつ埋めていきました。そういった環境で育ったMal?氏は雑報書き物現在、プログラミングを道楽としつつ、チェコの新聞社でITコンサルタントでもって働いており、未来も冷戦時世のITに関行う得辛いな話をはっきりにしてくエるのを期待したがるところです。

?関連雑報
知られざるCPUのいにしえ40年における機能向上と進化の青史 - BLACKBCAS

世界第一のマウスに最新のマウスまで、知っておいて損はぬマウスの青史 - BLACKBCAS

Appleの歴代OS?PC?モバイル端末などの栄枯盛衰をパンフレット1枚に全部突っ込み合うとこうなる - BLACKBCAS

コンピューターの青史上最悪だったウイルスをイラスト化行うとこうなる - BLACKBCAS

MITが携わった世界を変えるコンピュータサイエンスの青史的発明50選 - BLACKBCAS

時世に影響を与えた青史的CPU?11モデルまとめ - BLACKBCAS

断じて主流になることいったのは無く、青史の表ステージに姿を消した非常にパーソナリティー的な筆録媒体いろいろ - BLACKBCAS

IT発展の青史をまとめたインフォグラフィック「Evolution of The IT PRO」 - BLACKBCAS

中生徒一同に手帳PCを配布した結果、何が起きたのか? - BLACKBCAS

Tweet

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log