×
ネットサービス

ユーザー自身よりもユーザーの嗜好な楽を知るのにに楽ストリーミングサービス「Spotify」が行っていり付けることといったのは?


CDアルバムとダウンロード販売の売上げが錐揉みしていり付ける中、快調にサービスの規模を拡大していり付けるのが楽ストリーミングサービスの「Spotify」です。日本でのサービス展開はいまだに始まっていませんが、日本語ページは既に所在しておりサービス幕開きも間近と考えられています。そういうSpotifyの最新機能の解剖をウォルト?ヒッキー氏が依頼されたそうで、解剖結果をFiveThirtyEightにて公開しています。

Spotify Knows Me Better Than I Know Myself | FiveThirtyEight
http://fivethirtyeight.com/features/spotify-knows-me-better-than-i-know-myself/


◆SpotifyのNestify
FiveThirtyEightは米大統領選の勝敗を全50州分的中させたり、野球プレーヤーの実績を予測行うのにの統計ツールPECOTAを開発した偉才データアナ名簿であるネイト?シルバー氏が立ち上げた、統計を使ってあらゆる事象を解剖行うニュースサイトです。そういうFiveThirtyEightにてアナ名簿兼ライターでもって活躍していり付けるウォルト?ヒッキー氏は、一日Spotifyに最新のオススメ楽提示機能の解剖を依頼されます。

このオススメ楽提示機能「Nestify」は、Spotifyが1億ドルで買収したThe Echo Nestの技能を元に仕上げられたプロトタイプで、ユーザー個個の再生履歴やお気に入りの曲に関行うインフォメーションなどを解剖して、各ユーザーにオススメの曲を提示行うといったことだそうです。

Nestify機能の開発者のひとりがアジャイ?カリア氏で、この機能は数学的立証を駆使して各ユーザーにオススメの曲を提示してくれます。利用さエるデータはSpotifyで曲を各各何回ずつ再生したのかといったデータに、どの曲をスキップしてどの曲をどの時帯に再生したのかまで多岐に渡るそうです。

By Bj?rn Olsson

ヒッキー氏は解剖を始める前まで、楽には「聴く楽」と「周りに聴いたとしゃべるのにの楽」の2つがあると考えていたそうです。「聴く楽」といったのはそのままの意義で、「周りに聴いたとしゃべるのにの楽」といったのは、FacebookやTwitterなどのSNSで分有したり、SNSのプロフィールに自分自身の好きな曲でもって書いたり行うのにの楽、といったこと。しかし、実際に解剖してみれば、「第三者に聴いたと言いたがる楽」「聴いたと考えたがる楽」「実際に聴く楽」といった3つのカテゴリーが浮かび上がってきたそうです。

ヒッキー氏は2013年の1月にSpotifyを利用して楽を試聴し続けてきたそうで、総再生数は1735回、再生度数のトップ10は以下の通りになっています。


再生度数の5位に位置していり付ける「Let it Go」はディズニーシネマ「アナと雪の女王」の挿入歌のひとつで、曲の寸法は3分44秒です。それを107回再生したといったこといったのは、6時半以下この曲を再生していたといったことに身なります。「The Mountain Goats」「Supergrass」「Arcade Fire」などはヒッキー氏お気に入りのミュージシャンとのことですが、例えば「Hooked On A Feeling」はシネマガーディアンズ?オブ?ギャラクシーのムービー予告編を再生しすぎたせいでこのような再生度数になっていり付ける、とのこと。

さらに、アーティスト別に見た再生度数トップ10は以下の通り。


それらのデータを見てカリア氏は、「ひとつの曲が何百回も再生されていり付ける場合、それはお宅が実際にその曲を好きだといったことを表します。10曲の総計再生度数が百回を超えていり付ける場合、それはユーザーが自分自身嗜好な曲を探していり付けるといったことを意義していり付けるそうです。それから、数百曲が数百回再生されていり付ける場合、それはたく君の曲を再生してもひとつも引っかかる曲がなかった、といったことを意義します」と再生度数が意義行うところを解説します。

それから、カリア氏はアーティスト別に見た再生度数トップ10のデータを見て、ヒッキー氏は「Vitamin String Quartet」や「London Philharmonic Orchestra」の曲を特に意義なく聴き流していり付ける、と解剖しています。ヒッキー氏はVitamin String QuartetとLondon Philharmonic Orchestraの曲を大半再生していますが、再生していり付ける曲の数もたくさんことがデータを見るとしばしば分かります。それから勘定してみれば、London Philharmonic Orchestraは1曲平均6.2回しか再生されておらず、Vitamin String Quartetさえ1曲平均11.5回再生されていり付ける度合いで、再生度数のたくさん曲と比較とその差は歴然です。

しかし、カリア氏は「だにといってヒッキー氏がVitamin String QuartetやLondon Philharmonic Orchestraをさっぱり好んでいぬといったわけではぬ」とレビューしています。再びヒッキー氏は、ライターでもって長文のテ接吻トを書いていり付ける際にVitamin String QuartetやLondon Philharmonic Orchestraがバックアップしたポップミュージックを再生していり付ける、と打ち明けています。

Vitamin String Quartet viva la vida - Coldplay - YouTube


一方、ヒッキー氏はブルー?スウェードの曲を「Hooked On A Feeling」しか再生していませんが、再生度数は128回と非常にたくさんです。ヒッキー氏はそれほいずこの曲を気に入っていり付けるといったのは思っていなかったそうですが、カリア氏はそれこそが実際は好きな曲である、でもっています。

Blue Swede - Hooked On A Feeling (Guardians of the Galaxy - Music Trailer) - YouTube


それから、ヒッキー氏が「自分自身のお気に入り」と思っていたThe Mountain Goatsですが、それは1曲平均18.2回再生されており、カリア氏の解剖さえそれは「ヒッキー氏のお気に入り」でもって認められた、とのことです。

「Nestify」機能はユーザーの楽再生データと、「どういう時にどういう楽を聴いていり付けるか」のデータを利用します。例えば、ヒッキー氏は通勤時や仕事中は決まった楽を再生行うそうですが、Nestifyはそれを自動で行ってくエる、といったことのようです。そののにに、Spotifyは楽に関行うビッグデータを用いて、楽やアーティストを「楽を聴く際の気分」に合わせらエるように類別しています。具体的には、各曲を「どれくらい親近感があるか」などのさまざまな側面に重み付けし、再生度数に基づいてタイプの似たアーティストを探すそうです。

◆なんでSpotifyはNestifyのようなアルゴ律動を拵えるのにに大金を用いるのか?
ヒッキー氏は、Spotifyがオススメ機能の強化に大金をつぎ込み合うのは広告主を引きつけるのにだと考えていたそうです。しかし、Spotifyは既にユーザーの大半がFacebookアカウントでログインしていり付けることをしばしば分かるしており、Spotifyのユーザー層を徐々にはっきりにしていくこといったのは技能的には可能ですが、いまだにいまだにそれらのインフォメーションは不確実でビジネスに利用できるレベルのものではぬ、といったこともはっきりになっています。さらに、Spotifyは現状の広告主を処理行うので手一献であることを考えると、Spotifyのオススメ機能は広告主を引きつけるのにのものではぬ、とヒッキー氏は結論を出しています。

再び、Spotifyを利用行うには月額料金を払いのけるか、広告付きのただのものを利用行う必須があります。Nestifyは、この広告付きのただサービスを利用していり付けるユーザーを、月額料金を払いのけるユーザーに変換行うのにの切り札なのではぬかとヒッキー氏は推測していましたが、Spotifyの中の人たちはもっと大きなビジョンを持っていたそうです。

The Echo NestのCEOであるJim Lucchese氏は、「好きな楽を再生行うのににスマートフォンをポケットの中に抜き出す、といった身動きが必須なくなるくらいにいいサービスになるといったのが理想的」と語っています。The Echo Nestチームは、タイムスタンプを利用して、数週間前に再生した曲よりもついさっき再生した曲の方に重み付け行うなどを行っており、長期的な目標は「金曜の夜はウイークデーの朝と比べてどのような曲を流したがるものなのか?」などの要求に応えた、ユーザーの暮らしの中により溶け込んだサービスを展開行うことだそうです。

ヒッキー氏は、「Nestifyは完璧に個化した予言のようなものを観念実証しようでもっていり付ける」と叙述しています。

◆「恥ずかしさ」と「インディー」といった2つのグループ
ヒッキー氏は自身がSpotifyで再生してきた楽は、主でもって「恥ずかしさ」と「インディー」といった2つのグループに分けらエることに気づきます。「恥ずかしさ」には、ラナ?デル?レイ、ブルー?スウェード、マイリー?サイラスバングルスマドンナケシャブロンディロードパット?ベネターロビン?エレガントアンドリューW.K.ザ?キュアーソフト?セルビリー?ジョエルといったアーティストが類別され、以下のようなジャンル(Spotifyにより類別されたジャンル)が含まれます。


この「恥ずかしさ」グループの中の44%はポピュラー楽に類別さエるものです。それから、大半の女性アーティストはこのグループに類別さエる、とのこと。

「インディー」グループに分けらエるのは、The Mountain Goats、Arcade Fire、Supergrass、LCD SoundsystemCHVRCHESGenerationals、Matt&Kim、The StrokesPulp、Blow、Neutral Milk HotelSTRFKR、The Shins and Vampire Weekendなど。「インディー」グループの曲は以下のようなジャンルに類別され、ヒッキー氏の再生した楽の中だと82%の曲が「indie rock」といったジャンルに集約されたそうです。ただし、カリア氏はこのグループを「特有の音を出す緊密なグループ」と称しています。


さらに、この2つのグループには入らなかった大半の曲が所在します。それはLondon Philharmonic OrchestraやVitamin String Quartetなどの「サウンドトラック」群です。

◆Nestifyは自動でプレイ名簿を作成
Nestifyでは3つのプレイ名簿が作られます。ひとつは「My Music」といった、それまでにたく君再生した曲が入れらエるプレイ名簿。もはやひとつは「Discovery」といったプレイ名簿で、ユーザーの嗜好の曲に似たタイプのユーザーが再生したことのぬ曲が入れられます。それから3つめが「Default」で、それは「My Music」と「Discovery」のプレイ名簿に入らなかったものが入れらエるプレイ名簿です。


このプレイ名簿は、「恥ずかしさ」「インディー」「サウンドトラック」といった3ジャンルのグループごとに作らエるようで、ヒッキー氏は「『インディー』グループで作られたプレイ名簿は到底面白かった」とレビュー。元より、Nestifyがオススメしてくる楽には気に入らぬものなどもあったそうですが、新しくオススメされた曲の中で「どっちかと言えば好きだな」とヒッキー氏が印象た曲は、そのあと実際に好きになったとも語っており、Nestifyが作り出すプレイ名簿は非常に関心深く驚愕に満ちたことだと評価しています。

ヒッキー氏が「Discovery」と「Default」に類別された曲を自身の主観に基づいて「好き」か「毛嫌い」に区切ると以下のような内訳になったそうです。プレイ名簿内の約3分の2は嗜好の曲とのことで、いかにNestifyがユーザーの嗜好の曲を髙精度で判別できていり付けるかが分かります。

?関連雑報
楽ストリーミング「Spotify」はどうやって楽業界に貢献していり付けるのか? - BLACKBCAS

楽再生時の「スキップ」機能は実際にどれぐらい大半使われていり付けるのか? - BLACKBCAS

YouTubeの有料ストリーミングに750のインディーレーベルが反旗を翻す - BLACKBCAS

CDアルバムとダウンロード販売の売上げが錐揉みしていり付ける訳といったのは? - BLACKBCAS

一体オンラインで何曲売れば、アーティストは暮らししていくことができるのか?を表す図 - BLACKBCAS

超平易操作で楽検索&試聴が可能な「The Artist Hunt」 - BLACKBCAS

Tweet

in ソフトウェア,   ネットサービス,   動画,   メモ, Posted by logu_ii