メモ

偽iPhoneに人毛まで販売行う中国の「アンダーグラウンド?マーケット」といったのは?


中国には偽のスマートフォンに一般費やす者向けの売り物までを取り取り扱う「地底卸売市(アンダーグラウンド?マーケット)」と呼ばエる大がかりな市があります。中国製品の移入業を営むダニエル君は、地底卸売市で販売していり付ける製品や店舗などの実態を写真付きでブログに投稿しており、それまでの交易でミスを重ねた体験に、中国製品の仕入れで儲けを出す方法を授けるしています。

The truth behind China’s Underground Wholesale Markets. | Young Money China
http://www.youngmoneychina.com/2014/08/the-truth-behind-chinas-underground-wholesale-markets/

中国にオフィスを構えるFetchChina.comのオーナーであるダニエル君は、中国製品をイギリス向けに販売行うビジネスで、すでに中国国内に2つ目の工場を構えるくらいまで軌道に乗すことに成功。中国でビジネスを始めた初期に地底卸売市を利用していたとのことですが、いにしえに3回大きなミスを体験していり付けるとのこと。


中国には海外人バイヤー向けの大がかりなショッピングモールが多数所在しており、地底卸売市もその中の1つ。72年物のプラチナ?人の毛髪?オフィス什器?家財?電化製品など、思なんどきくものはなんさえそろっていり付けるとのこと。ブランド登記に違反していり付けるような売り物や不法な偽製品も大半取り扱っていり付けるわけですが、「未来中国でのビジネスを考えていり付ける人ののにの助けになれば」といったことで、地底卸売市のいくつかのセクションと、体験談をまとめています。


◆セクション1:偽ブランド品?コピー品エリア
第1セクションでは、偽ブランド品やコピー品の腕時計?PC?携行テレフォン?ロゴ入りマグ?衣類などを販売しています。店員は「偽?コピー品」と伝えてきますが、偽を「本物」でもって販売していり付けることがあるので留意が必須。ほとんどが低品柄の売り物なので、しばしば見ればわかるとのこと。


このフロアにはメモリーカード?USBメモリや……


オーディオアンプの偽ブランド品?コピー品も販売しています。それらの品物はくせ者で、パッケージが本物と見分けがつかなかったり、身動きしなかったり行うとのこと。特にメモリ間柄は「外装ばかりで内部に覚え装備が入っていぬことがある」とダニエル君は言います。基本的に中国の卸売市で本物のメーカー品を購入こといったのはできぬそうです。


◆セクション2:限りなく本物に間近偽エリア
第2セクションはグレーな販売エリアで、限りなく的確にコピーされたスマートフォン?タブレットなどの電子機器を購入可能。例えばパッと見て見分けがつかぬ偽のiPhoneは、70ポンド(約1万2000円)で販売しています。


特に人気のお店がBeatsショップで、Beatsヘッドホンや、キャリーケースなどがずらりとそろっており、偽には見えぬクオリティとのこと。


◆セクション3:改造品エリア
第3セクションでは、もといったのは実際にメーカー製品でもって販売されていた電子機器の、HDD?画面?CPU?カメラレンズ?外装などを全てはぎ取られて、安値なパーツで組み直した改造品が販売されています。


ただし、見た目はちょうど新品で、例えばiPhone 5は220ポンド(約3万8000円)くらいで購入可能。詳しくどういうパーツを使っていり付けるか分かればお得な買い出しができることもあります。なお、はぎ取られたパーツは中国国外へ売り払われて、海外の電子機器修理ショップなどで最新製品の引き換える用パーツでもって使われます。


デジタル一眼レフカメラのように内部パーツが高値なものは、ほとんどすべてのパーツが引き換えるされてしまっていり付けるので、利用されていり付けるパーツ単価に見合わぬような買い出しを行うことになってしまう蓋然性が大です。


◆セクション4:本物エリア
ダニエル君も驚いたといったのが第4セクション。ここらではまごう事なき本物の最新製品がメーカーに直々に販売されており、お金さえ出せば求めるものは購入できるものの、移入品であるのに非常に高値な価格設定になっています。


◆セクション5:中国一般費やす者向け売り物エリア
ここらは中国製品で儲けを出すのにに一番オススメの箇所とのことで、ノーブランドの中国産一般費やす者向け売り物が販売されています。偽や法的な抜け穴はなく、リスクをほとんど負わずに仕入れが可能です。


ダニエル君はここらでブランドがついていぬものを仕入れて、自社のロゴをつけ直して販売しています。偽?本物問わず、メーカー製の品に自社ロゴを付け繕うこといったのはできませんが、カメラ用三脚やiPadケースなど、付属品などのノーブランド製品であれば問題ぬとのこと。


世にあふエる製品の付属品を狙うのがすき間事業と身なり、儲けを産み落とすわけですが、ダニエル君は在庫を抱えすぎてミスしたこと仮にばしば。その場合は、スマートフォンの液晶ディスプレイを販売行う時に余剰在庫となっていり付けるツールキットを付けたり、タブレットにキャリーケースをおまけしたりすれば、在庫をさばくことができる上に、売りたがる売り物の儲け率も上げることができるとのことです。


地底卸売市ではか身なり眉唾な売り物が多数販売されていり付けるのに、仕入れには細心の留意が必須です。最後にダニエル君は、中国の卸業者とビジネスを行うにあたって、以下のようにアドバイスしています。

?中国の販売業者は必ず第一の5分間に「この製品は本物で~」と解説を試行るのに、何を言われても聞き過ごすこと
?手付けをキャッシュで払いのけると、価格談判を優位に運送ことができる
?平易な用命さえ、通常の交易センスでいり付けると、「電源ケーブルの寸法が足りぬ」といった売り物が着くことがある
?手付けといったのは別に用命料金の払いは、用命時/出荷前の2回に区切る。行うと払い時に用命品のチェックを2回実施できる
?配送日間差異などを起こさせぬのに、できるばかりこまめに業者と連絡を持つ。中国のメッセージアプリ「QQ」がオススメ

?関連雑報
iPhone?Zenfone?小米など激安でSIMフリースマホを台湾で手に入エるにはどうすればよいのか、実際にやってみた - BLACKBCAS

本物か偽かまったく判別のつかぬ中国のApple Store - BLACKBCAS

中国でノマドしてみたらイメージが一転した - BLACKBCAS

中国に移入した鏝に無電LAN経由でスパム攻めるを行うチップが発見さエる - BLACKBCAS

中国のネット検閲システム「グレートファイアウォール」のメカニズム - BLACKBCAS

中国で出回っていり付ける偽ブランド品の写真いろいろ - BLACKBCAS

Appleに続きIKEAを模倣、コレジャナイ感を放つ中国の家財店「十一家財」 - BLACKBCAS

Tweet

in メモ, Posted by darkhorse_log