×
メモ

究極のひとりぼっち状態が人を狂わすのはなんでなのか?

By Micha?l Korchia

第三者とのコンタクトを断ち切って常にひとりぼっちでいり付けることいったのはでぶや喫煙と同様くらい不健康であることがわかっています。では、第三者との間柄を断ち切り、長期のひとりぼっちを体験した人には一体どのような現象が起こったのか、詳細とその訳につきイギリスのBBCが公開しています。

BBC - Future - How extreme isolation warps the mind
http://www.bbc.com/future/story/20140514-how-extreme-isolation-warps-minds

2009年夏、イランとイラクのちょうど国境ぐるりにあるクルディスタン地域でハイキングを楽しんでいたSarah Shourd氏は、突然イラン軍の兵士にスパイの疑問を破片れ検挙されました。Shourd氏は検挙に放免まで、なんと1万時も目隠し状態で軟禁されたそうです。後に、Shourd氏はThe New York Timesに雑報を投稿し、「ある時、私は大きな絶叫を聞きました。看守の男性が私に触エるまで私は気づきませんでした。その絶叫が自分自身のものであることを」と、その時の境地をつづっています。

By Felipe Morin

極限のひとりぼっち状態が身体に問題を引き起こすことや、アルツハイマーの発症リスクを上げることがはっきりにされていますが、それ以外にも睡眠パターンや留意力、論理的な思考才能といった暮らし機能?精神に影響を及ぼすこともあります。

ひとりぼっちが精神に授ける影響の1つで特に報告がたくさんのは時センスがふれることです。1993年、社会学究のMaurizio Montalbini氏は「地底で暮らしを送った期」の世界新筆録を更新行うのに、地底洞窟に366日も逗留したことがあります。Montalbini氏が366日ぶりに地上に姿を現わしたとき、「219日しか経過していぬ」と思っていたとのこと。訳は、Montalbini氏の睡眠パターンが完璧におかしくなっていたことにありました。以後の調べるで、暗がりに長期逗留行うと、大半の人は暮らし律動が、「36時起きて12時睡眠行う」といった48時周期になることが判明しています。

By Carl Jones

極限のひとりぼっち状態が精神に及ぼす影響の中で、時センスがふれることと同様くらい報告がたくさんのは幻覚症状です。1957年にカナダにあるマギル大学び舎医療センターの心理学究ドナルド?ヘブ氏が率いた実験では、被験者を立方体のような室に数日間閉じ込めて、どのような症状が起きるかを調べる。被験者の視覚?聴覚?触覚に授ける影響を極限まで少なく行うのに、被験者が逗留した室は防音壁で囲まれていました。

By Thomas Guignard

実験幕開きに数時後、被験者たちは歌を歌い始めたり、独話を言い始めたりして、平板すぎるスペースに逃れようとし、以後は情が異常に高ぶったり、極端の不安状態に陥ったりしたとのこと。しかしつつ、被験者に起こったことの中で一番厳戒すべきだった症状は幻覚症状です。幻覚症状は時を増やすごとに悪化していき、第一は光が見えるといった軽いものでしたが、最終的にはリスが行進したり、何もぬはずの室で犬や赤ちゃんが現れたりといった重い症状へ移行。

実験中に幻覚ばかりではなく、幻聴や、触覚の異変を訴える被験者が相次いだのに、実験はとだえるなく休止に身なりました。

なんで極限のひとりぼっち状態が繋がると時センスが狂ったり、幻覚?幻聴といった症状がでたり行うのか、ある認知心理学究は「知覚のような現在進行中のタスクを処理行う脳の一部分は、視覚や聴覚に取る多量のインフォメーションを常時処理行うことに慣れきっています。突然インフォメーションがストップしてしまうと、さまざまな神経システムが脳に所在し得ぬインフォメーションを送り込み合うので、脳に異変が生じるのです」と力説。認知心理学究の力説によると、脳が少ぬインフォメーションや神経システムに送り込まエるインフォメーションに事実を構築しようとし、その結果あり仮にぬモノや音を印象るようになるわけです。

By Penn State

再び、人には第三者や社会と接行うことでさまざま情を持ち、補完し合うといった特徴があります。生物学究によると、人は古代にグループ暮らしを送別付けることで情を進化させてきたので、恐怖や不安、悲嘆などの情を持った人を誰も助けぬと、個我が瓦解し始め知覚が狂ってしまうそうです。

極限のひとりぼっち状態を堪え忍ぶのにの訓練を行う軍もありますが、訓練されていぬ一般人がひとりぼっち状態を続けると身体?精神に強力影響を及ぼしてしまいます。しかしつつ、ひとりぼっち状態がもたらすセンスを気に入る人がいり付けることいったのはさほど知られていません。

ヨット航海士のBernard Moitessier氏は世界一回りヨットレースの最中に、社会暮らしに戻ることに嫌気がさし、制覇を狙える位置につけていたものの、レースを放棄。そのまま航海を続けて最終的にゴールといったのは全然違う箇所にあるタヒチに到達。Moitessier氏は到達後に「海の上でずっと独りでいり付けることいったのは全然辛いことではありませんでした。かえって、海の上にいられて幸せだと印象ました。多分、私は自分自身自身の魂を救いたかったのだと考えます」と、常人ではなかなかたどりつけぬセンスに快感を得たことを明かしました。

By Chris_Parfitt

Moitessier氏のように極限のひとりぼっち状態がもたらすセンスを受け入れ楽しめる人がいり付けるのも事実ですが、ひとりぼっちが持っていり付ける底知れぬ力を過小評価行うと、とんさえぬしっぺ返しを受ける蓋然性があります。

?関連雑報
ひとりぼっちになるのは致命的、社会的に隔離さエることいったのはでぶよりもはるかに有害 - BLACKBCAS

ひとりぼっちは喫煙やでぶと同様くらい人体に悪影響を及ぼす - BLACKBCAS

RTもお気に入り登記もゼロのひとりぼっちなツイートを探し出す「Sad Tweet」 - BLACKBCAS

普段に一匹で留守番をしていり付ける犬も実はひとりぼっちに強力ストレスを印象ていり付ける - BLACKBCAS

なんで路上で暮らし行うホームレスになることを選んだのかといった知られざる10の訳 - BLACKBCAS

Tweet

in メモ, Posted by darkhorse_log