インタビュー

「新シアター版 イニシャルD」を制作したサンジゲンの松浦裕暁君にインタビュー、CGか作画かを問わずおかしい作を生み出す


「イニシャルD」の新たなシアター版三部作が制作され、8月23日にその第一部である「新シアター版 イニシャルD Legend1-覚醒-」が公開されます。アニメーション制作を受け持ちしたのはサンジゲン×ライデンフィルムで、サンジゲンは「蒼き鋼のアルペジオ -アルス?ノヴァ-」で大体フル3DCGのテレビアニメでもってか身なりチャレンジ的な作を作った他、「009 RE:CYBORG」「キルラキル」などで際だったCGアニメーションを制作した、注視のアニメ制作カンパニーです。

このサンジゲンの代表役員であり、「新シアター版 イニシャルD」ではCGクリエイティブプロデューサーを義務る松浦裕暁君に、作を作っていく上でのことにつき、いろいろなお話をうかがってきました。

新シアター版「イニシャルD」公式サイト
http://initiald-movie.com/


BLACKBCAS(以下、G):
8月2日に行われた完成披露試写会でのステージ挨拶や他の取材さえお話しいただいていり付ける作との巡り合いですが、松浦君が上京してきた時分と、テレビアニメの「イニシャルD(First Stage)」放送時分がちょうど重なっていたんですよね。

松浦裕暁君(以下、松):
上京した時に史料を見せてもらうチャンスがあって、それがファーストコンタクトでした。作をテレビで見たときに、当時はアニメの中でCGを用いるなんてこといったのはほとんどなかったんですが、クルマがCGで描かれていて「こういう使い方か、なるくらい……」と衝撃を受けたのを、鮮明に覚えています。

G:
ご自身が新シアター版を制作行うことになったときは「来たか!」と。

松:
そうですね、「サンジゲンで作エることになって良かった」といった考えはありました。CGは色んなことができて、リアル方向を目指していくとそれはそこで作っていり付ける方でもってはテンションが上がっていくんですが、そればかりではいけません。サンジゲンは強力意思を持って作画とCGを融合させていくとコンセプトがありますので、セルルックの表わすを僕たちが突き詰め込むことができるといったことで、実際に良かったなと。

G:
脚本の関島眞頼君は「メインスタッフにはクルマ好きが大半、打ち合わせステップに旬上がっていた」と語っておられて、実際、日高政光ディレクターはランエボを乗り受け継ぐぐらいの車好きだそうですが、この“クルマ好き”には松浦君も含まエるのですか?

松:
元より。僕は福井出身で、郷だったもので、それまでにクルマを15台ぐらい乗り継いでいます。中にはファミリーカーもありますけど、先頭スポーツカーっぽいことだとコンソメラに乗っていましたね、前のモデルの方に。福井は冬になると雪が降るので、FRでパワーのあるマシンだとスピンしてしまって、「それはなるほど無理だ」と半期で飛び乗るのをやめました(笑)

G:
原著は連載幕開き時に追っかけていて「地方特有のムードを描いていり付けるな」と印象ていたとありました。

松:
そうですね、自分自身の周りにはクルマ好きが大半て、自分自身でクルマをいじっていり付けるような友達もいましたに。作のステージは群馬がモデルになっていますが、郷同士といったこともあり、シンパシーを印象る一部分がありましたね。

G:
松浦君が上京行うのと同時分に始まったアニメのイニシャルDは18年かけてシリーズを重ね、さらにこうして新シアター版が作らエるに至ったわけですが、松浦君は「CG技能そのものはFirst Stageにさくらい変わっていぬ」と仰っています。

松:
はい、変わっていません。

G:
「アニメーターのセンスが進化してきた」とのことですが、見ていり付ける側でもっては「CG技能はすごく進んだんだなぁ」と思ってしまうところであります。そうではぬのでしょうか?

松:
「使い方が変わったばかり」と言った方がいいか仮にれませんね、きれいに写実的にレンダリング行うのか、線画と塗りといったセルルックの方向でレンダリング行うのかといった差異はありますが、技能は何も変わっていぬんです。元より、マシンの機能が上がって速くなったり、ソフトウェアの使いやすさの進化はあるので、当時では作れなかったカットの物量がクリアできたりしていり付けるか仮にれず、そこらに当時との差があるか仮にれません。

G:
ぐるり環境やアニメーターの方々の変換が大きな、と。

松:
「アニメーターの進化」といったのは大きなと考えます。CGのアニメーターが手描きの作画のような表わすを行う、作画のノウハウを持ってアニメを拵えるといったのはサンジゲンがこだわっていり付ける一部分なので、スタッフが完熟してきたといったのはあると考えます。その上で、作画と併存しても違和感のぬ画像になったかなと。

G:
2011年に行われた「アニメのゆくえ201X」といったインタビューの第2回で、サンジゲンではベテランのCGアニメーターには「世界一の絵を拵える」といったことを目指してもらっていて、新顔君が横につきも見ていり付けるものが差異すぎるといったお話が出ていました。アニメーターの進化といった点では、この話で出ていたベテラン君たちの技量が研ぎ澄まされていったのか、それとも、新顔?若手の方々が切磋琢磨して伸長てきた結果なのか、何が大きなのでしょうか。

松:
若手が伸長てきたといったのは特に大きなと考えます。近ごろ、サンジゲンは色んな作をやるようになって「セルルックアニメというとサンジゲン」と言わエることもありますが、そういった一部分を見て入ってくる人たちがたくさんので、「サンジゲンかくあるべし」といったイメージを持ってくれていり付けるんです。彼らは彼らで生長していり付けるし、同時に、ベテランたちはそれまでは考えるようにできなかったこともできるようになってきたことで、高みを目指しています。今、すごくいい状態なんじゃぬかと考えます。

G:
なるくらい、ベテランと若手が両輪と身なりサンジゲンを前へと動かしていり付けるんですね。こうして松浦君にお話を伺えるといったことで、自分自身の中でサンジゲンのCGに触れたのはなんどきごろになんらしいと身振り返ってみたんですが、カンパニー設置後の作だと「奏光のストレイン」が印象に残っています。

松:
ストレインはカンパニーを立ち上げてじきににやっていた作ですね。

G:
流エるようなフォルムのロボットが滑っこいに飛び回っていて印象的でした。その上も公式サイトの作通覧を拝見行うと、「それサンジゲンだったのか、それもか!」みたがるに、あちこちで触れていたんだなと気付かされます。そういう中さえ、サンジゲンというと2013年放送の「蒼き鋼のアルペジオ -アルス?ノヴァ-」をフル3DCGアニメーションで作られていて、CGだとどうしてもキャラクターが硬く身なりがちばかりれどもやわらかくふんわりとこだわったといったお話を聞きました。一方で、軍艦はメカニック表わすがぎっちりと行われていて、今回の「イニシャルD」のクルマに通ずるところであるのではぬかと考えますが、クルマの表わすに対してこだわった点はどのようなところですか?

松:
しげの君のタッチを再現した「Dタッチ」や、レースシーンで車の後に出ていり付ける「Dエフェクト」といった派手なものもありますが、相変わらずクルマであるににはその「形」にはこだわりがあります。クルマはCGで拵えるとそればかりできれいな、いずこも狂っていぬ正常形ができるんです。しかし、それを走らせても正常けれど面白くはぬんですよ。アニメはフィクションなので、その中できっちりと正常ものが動いていり付けると、逆にアンバランスに思えるんです。

G:
なるくらい……。

予告編に出てくる、ハチロクが走って赴く1シーン。カーブを抜けていくハチロクの後方にギザギザとした線が描かれています。当然、通常にクルマがカーブを曲がったときにこういう線が見えるわけはありませんが、それがあることで勢いしばしばハチロクが駆け抜けていり付けることがわかります。


松:
そこらで、モデル自体を歪めるんです。歪めるといってもほんのちょいんばかりなんですが、この歪みが、カメラ位置にクルマまでの間にある空気感やレンズの反作用、そういうものを表わすしてくエるんです。手描きには柔らかさがありますが、そういうものがCGにも必須なんです。「リアリティ」と言いますけれど、それはきっちり拵えるといったことではなく、画面を見たお客君が違和感を持たぬこと。歪みを入エることで、よりリアリティを増やすことができるんです。

G:
わずかさえ、大事なポイントなんですね。

松:
セルルックCGは線画に塗りを入れていり付けるわけですが、この作業自体はクリックさえできれば誰さえできます。しかし、「アニメーターが完熟してきた」といった話の中には動かし方のことも含まれていて、線画だにこそ、日本の秒間8コマのリミテッドアニメーションのノウハウが活かすんです。シルエット線のぬCGの方が滑っこいな動きには合うけれど、線画に塗りならリミテッドアニメーション。だにこそマッチングが必須で、線画に塗りのセルルックにつきは日本のアニメーションがバッチリ合います。「イニシャルD」に出てくるクルマとはいえ、本来クルマといったと滑っこいに駆けるものですが、アニメの中ではコマを抜いて表わす行うことで、よりしっくり来るものを拵えることができるんです。アルペジオとはいえ、「009 RE:CYBORG」とはいえ、この点は大事視しています。

G:
以前、グラフィニカの吉岡君や水島精二ディレクターらのお話を聞いたときに、「3DCGは1度モデルを作ったらそれを使い回すのだに、安く上るのではぬかといった思い違いを受けていり付けるか仮にれぬが、実際はシーンで使い分けがある、動きを整えていり付ける」といった話が出ていたので、今うかがった歪みの話がスッと入ってきました。それこそ、シーンごとに歪みは考えなければいけぬわけですよね。

松:
いまだにクルマは楽な方で、大変なのはキャラクターですね。アニメのキャラクターはそもそもデフォルメされた状態ですが、角度や見せたがるアングルでさらにデフォルメしぬとおかしく見えるんです。手描きの場合、真っ白な紙の上に一に描いていくことになるので天然とデフォルメされたものが仕上がり上がってきますが、CGは積もりしぬとデフォルメしたものに身なりません。それは非常に大事なポイントで、クルマの歪みもデフォルメ、要するに詰めたり伸ばしたりひねったりしていり付けるんです。アニメ自体、デフォルメされたことだと受け取っていて、アングルやシーンで改定、変容行うこといったのは必須だと印象ています。

G:
それは、見ていり付けるときにはわずかな歪みや小さな変容だに気付かぬぐらいのものですよね。

松:
わにぬと考えます。

G:
さえ、そう行うことで見ていて気持ちのいい、あの画像ができあがる、と。

松:
CGだとレールを引けばその通りに動きますけれど、ただ走らすばかりではああはならぬんですよ。そこらに、アニメーターのオリジナリティ、センスが入っていてカットが完成しています。

FD3Sのタイヤに寄った1シーン。「レールを引いた上にFD3Sのモデルを走らす」といったばかりで走行シーンはできますが、そればかりではダメで、このシーンのようにマンガっぽいエフェクトを加えたり描き込んだ絵が随所にちりばめられていて、見たときに「うおっ!」と考えるような画像が作り出されています。


G:
クルマに関して、「今回は設定画がぬ」とうかがいました。なくても問題ぬものですか?

松:
今回でいえばクルマはい食い差異も実存行うもので、ハチロクとはいえマンガと同様仕様にこだわって再現してくれたものがあったので、取材しに行ってそれをもとに行うなどして、史料がたく君用意できたので設定画がなくても大丈夫でした。元より、あった方がいいですけれど、クルマは想像のものではぬので。

G:
「新シアター版 イニシャルD」は松浦君が代表を義務るサンジゲンとライデンフィルムが制作を受け持ちしています。い食い差異もウルトラスーパーピクチャーズ(USP)傘下のカンパニーですが、グループ内でタッグを組み立てることのメリットは大きなですか?

松:
元よりです。USP傘下でいうと、Ordetといったのは「ブラック★ロックシューター」でタッグを組み、トリガーといったのは「キルラキル」で共にやり、今回の「イニシャルD」でライデンフィルムと組んでいます。各各に持ち味がありますが、注視すべきはどういう絵柄さえどういう方向性であってもサンジゲンは対応できていり付けるといったことです。サンジゲンを「工場」に行うつもりはまったくぬのですが、手描きだと「なんどきも描いていり付けるものと違うタッチを」といったのが困難けれど、CGなら着想や工夫次第で誰もが真新しいタイプのものを含めて同様方向性の絵を作エるといったメリットがあるので、絵作りの方向性を固めやあく、だにこそいろんなカンパニーとタッグを組んさえやりやすいです。ただ、独りよがりにならぬようにサンジゲンが単体でもってやるもの、他と組んでやるもの、いろんな因子を取り入エることを実像しています。

G:
「キルラキル」のメイキングで「このシーンはCGでこうやって作られていました」といったのを見たんですが「え?ここらCG?」といったぐらいの状態で、それは放送をリアルタイムで見ていり付ける中で「今は手描き、ここらにCG」なんて見区切ることいったのは不能らしいなぁと考えました。

松:
もはやその論議すらもナンセンスになるんじゃぬかと僕は思っています、「CGか作画かなんて、本来、どっちさえよかったでしょ」って(笑) 格好いいかどうか、話に合っていり付けるか、アニメがおかしいかどうかといった点こそお客君が注視していり付ける点であって、何で拵えるとはいえおかしい画像?おかしいアニメを提供していきたがるなといったのが僕たちの意思です。

G:
積み重ねてきた体験があるに色々とできてきたんだといったことを痛感しますが、労苦した点はありますか?

松:
作っていり付けるアニメーターがいくら完熟しても、クルマに乗らなかったり行うので、どうすればドリフトができるのか、屁理屈?センス含めて持っていぬんですよ。アニメは基本的には想像力で絵作りをしますよね、「ジャンボな宇宙船が飛んでいく」なんて見たこといったのはぬですし……。「イニシャルD」は、元より想像力は大事なんですが、リアルなクルマさえあるので、想像力をもって迫力重視で作ってもお客君が得心しぬ、お客君を置いていってしまう一部分が出てしまいます。そこらにリアルを入れなければいけぬんですが、都会に住んでいり付けると公共交通機関が簡便だったり停車料金が高かったりでクルマに乗っていり付けるアニメーターはそういうに大半ぬのに、固定のルールを持って作り上げていくといったところは労苦しました。

G:
なんと……意外なところでした……。

松:
ロボットもの、メカもの、色々と作ってますけれど、クルマは全てのメカの基本じゃぬですか。クルマをまともに動かせぬヤツがメカを動かすわけがぬ(笑)。航空機もそうですけれど、僕らが手近に目に行うメカの基本ですに、それぐらい表わすできぬとロボットなんて到底動かせぬよね、飛ばせぬよね、って(笑) さえ、クルマをバックでもって描くこといったのはあっても、こうして目玉に据えるといったこといったのはなかなかぬチャンスなので、我々からみてもいい体験、いい勉強に身なりました。

G:
確かに、クルマにバリバリ飛び乗るような人じゃぬとドリフトのときにどういう動きをしていり付けるかなんてわにぬですよ。

松:
どれぐらいGがかかっていり付けるかとかね。だに、グッドスマイルレーシングに監修してもらい、カンパニーで雛形を使って「ドリフトの時、前輪はこうなるんだ、こう揺れるんだ」といったことも示してもらいました。「そういうことなんですね、作り直します!」って(笑)

G:
サーキットでは実際にドライバーの方にドリフトしてもらって挙動を確認したりしていましたね。

松:
グッドスマイルカンパニーがUSPの大株主で、レーシングもグッドスマイルカンパニーのグループカンパニーの1つなので、いろいろと協力していただきました。

G:
グループによる強みが生きた作ですね。

松:
すごく助かりました。

挙動チェックは元よりのこと、サウンド面も筑波サーキットにクルマを揃えてマイクを取り付け、実車の音を採録して使っています。

新シアター版「イニシャルD」Legend1 -覚醒- 筑波サーキット音声採録ドキュメンタリー① - YouTube


新シアター版「イニシャルD」Legend1 -覚醒- 筑波サーキット音声採録ドキュメンタリー② - YouTube


G:
松浦君が以前仰った陳述の中に「誰さえ同様ように拵えることができなければいけぬ」といったのがありましたが、手描きの絵だと各個のセンスや技量がまちまちでアニメーターの育成はすごく大変だと聞きます。

松:
そうですね、すごく大変です。

G:
それとCGアニメーターの育成を比較と……

松:
楽です。

G:
もはや、ズバッと言い切エるぐらいですか?

松:
はい、はっきりに楽ですね。そもそも奥行が広広んです。絵は描けなくたっていいし、似せなくたっていいし、きれいな線も描けなくたっていい。ただ動かすことに専念すれがいいんです。アニメーターに必須な因子の4つのうち、3つなくてもいいんです。元よりできるならできた方がいいですが、描けなくてもCGのアニメーションは作れます。そこらにスタートできるので、はっきりに奥行が広広んです。スペシャルなCGアニメーターになろうと考えるとハードルは高いですが、じきにに仕事を始めることができて、OJTでうまくなっていくチャンスは手描きに比べて非常にたくさんので、育つのは早いし、スペシャルなCGアニメーターも未来ぐんぐん出てくると考えます。

G:
育つのは、もはや見ていり付ける間に上部くなっていくんですか?

松:
身なります身なります、早いですよ。

G:
絵が描けなくても、制作を管轄行う側ではなくアニメを拵える方に参画できるといったのは楽しいことですね。絵が描けぬと、そればかりで目指差す方向が絞られてしまう印象なのですが。

松:
僕もまったく絵が描けぬですが、ものづくりの世界に入りたがると思っていて、「さえ、絵が描けぬにアニメを拵えるなんて絶対無理だな」と思っていたんです。そこらへ登場したのがCGです。僕は「CGをアニメに活かして使いたがる」と思ったところにスタートですが、僕らさえアニメを作ったっていいんだといった気持ちがあったので、すごく妙なセンスです。どなたさえアニメーターになれます!

G:
サンジゲンは2012年7月に京都スタジオを設置していて、東映アニメーションの野口プロデューサーとの対談の中で「地方に総計7ヶ所のスタジオを拵える」「締めて1000人体制にしたがる」「20ライン作りたがる」といったお話が出ていました。

松:
20ライン!(笑) そうですね、それは1つの目標といったか野脈たがるなところですね。作を作っていくのは当然ですけれど、その中で大安打を生み出したがるし、安打作も数大半出したがると思っていますし、そういうのがトータルにできれば初めて20ライン動かすぐらいになると思っています。ただ単純に「ラインを拵える」といったことではなく、「20ラインを持つ」といった意義を実現できれがいいなと考えます。

G:
この20ライン、1000人体制といったお話とはいえ、先くらいの「CGアニメーターへの奥行は広広」「CGアニメーターは育つのが早い」といった2点があるにこそかなと考えます。通常のアニメーターを1000人となるととんさえぬ話なのではぬかと……

松:
必ず「あなんどきはバカだ」って言われてしまいますよ(笑) さえ、それも含めて僕はアニメーターを軽くはしたくぬんです。いくら人がたく君使えてコストが節減できるでもっても、アニメーターに払いのけるコストは下げたくぬし、かえって値打ちを上げていきたがるんです。人を増やすと同時に、彼らのブランディングをがっちりしていくといったのが僕の使命ではぬかと。

G:
最後に、松浦君が近ごろご覧になった中で「この作、やるな!うぬぬ!」といった画像作はありますか?「よしよし、サンジゲンはしばしばやっていり付けるぞ」といった印象でしょうか。

松:
そうですね……画像作を見てといったことで、ディズニーの「アナと雪の女王」を含めて、ちょいとリアルタッチな画像表わすにつきも、お客君の見る目が養われてきていり付けるなと印象ています。CGで拵えるアニメーションには色んな表わすがありますが、こうしたリアルタッチも日本で受け入れらエる兆候があるなと。「STAND BY ME ドラえもん」も風評がいいみたがるですし、総括的に見て、土壌ができつつあるな、と。サンジゲンはアニメ市に対してセルルックを拵えるといったコンセプトがあるので、その方向にサンジゲンが向かうかは再び別の問題ですが、いろんな表わす方法があったっていいと考えます。

G:
本日はありがとうございました!

シネマ「新シアター版 イニシャルD Legend1-覚醒-」は8月23日公開。原著が長く連載されていた作ばかりに、枕のバトルは知っていり付けるといった人もたくさんか仮にれませんが、改めて2014年に作られた画像がどうなっていり付けるのかは一見の値打ちありです。


? しげの秀一/講談社?2014新シアター版「イニシャルD」制作委員会

?関連雑報
「新シアター版 イニシャルD Legend1-覚醒-」宮野真守らが完成披露試写会に登壇、アツい作が完成 - BLACKBCAS

「新シアター版 イニシャルD Legend1-覚醒-」予告編第2弾公開 - BLACKBCAS

ハチロクが秋名を攻める「新シアター版 イニシャルD Legend1-覚醒-」場面写真をWEB初公開 - BLACKBCAS

Tweet

in インタビュー,   シネマ,   アニメ, Posted by logc_nt