×
メモ

日当人はどのようにアメリカの文明を改善していり付けるのか?


日本にはハンバーガー?デニム?ウィスキー?楽など数大半のアメリカ文明が所在しています。時に日当人は、ジム?ビーム社を買収したサントリーのように、オリジナルを超えるくらいの改善を見すことがありますが、アメリカ人のトム?ダウニー氏が、「日当人はどのようにアメリカ文明を改善していり付けるのか?」といった実際に日本で印象た自身の体験をつづっています。

How Japan Copied American Culture and Made it Better | Travel | Smithsonian
http://www.smithsonianmag.com/travel/how-japan-copied-american-culture-and-made-it-better-180950189/?no-ist

◆バーボン

By Jeff Turner

数カ月前、ダウニー君は、日本に居住友人ニック?コールディコット君に「世界一のバーボンバーがある」と大阪に招かれて、守口市にあるにあるバーボンハウス「呂仁(Rogin's Tavern)」を訪れました。大阪の目玉街に30分くらい離れた箇所にあるこじんまりとしたバーですが、中には標準的なジャック ダニエルに1800年代のジムビームまで数百本のバーボンのボトルがあり、年代物のジュークボックスにはアメリカンジャズが流れていました。

マスターの巽誠一郎君は、リーガロイヤルホテルの地底に古くにあるバーで初めてバーボンを飲み、アメリカ文明の目玉であるバーボンにほれ込んだとのこと。その上数年、バーボンに関行う書物を読み漁った巽君は、ケンタッキー州とテネシー州にある蒸留所に訪問望みの封書を送りました。アメリカ領事館の助けも借りつつ、巽君は1984年に蒸留所巡りを実現させ「私はその時に、アメリカに恋をしました」とこのことを表わすしています。以後も100回以下にわたってアメリカを訪問、今ではレキシントンに家を持っていり付けるそうです。

「1904」といったケンタッキー州の珍しいバーボンを飲んだダウニー君は、「高いアルコール度つつも絹のように滑っこいで、『いにしえ』を噛み分けるといった体験でした」と感銘を受けています。それらの珍しい年代物のバーボンをどのように見つけ出すのか尋ねたところ、巽君は「私はリカーショップのネオンサインを請いてアメリカを走り回り、道中に通り経つ行う全ての店に立ち寄ります」と話しています。店員に貯蔵庫を見せてもらうように談判し、試飲して気に入ったものを購入行うといった地道な精励でバーボンを集めていり付けるとのことです。

By Paul Joseph

翌日ダウニー君は、大阪北新地のバー「十年(とうねん)」を訪れました。巽君が修業したといった1500ジャンル以下のバーボンを取りそろえるバーボンバーであり、一番高値なボトルを聞いてみれば、1本1000ドル(約10万円)以下の「Pappy Van Winkle」も置いており、ダウニー君は日本といったのは思えぬ2つのバーボンバーに、「ノスタルジアすら印象るくらいだった」と述べています。アメリカに帰ったダウニー君は、さまざまなバーボンバーを調べてみましたが、本場さえ「呂仁」や「十年」くらいの品揃えを持つバーを見つけられませんでした。ニューヨークで至高のバーボンバーと言わエる「Char No. 4」で、「なんでアメリカ人は誰も実際の年代物バーボンを仕入れぬのか?」と聞いたところ、責め者は「近ごろのアメリカ人は真新しいボトルを飲みたがるのです。お宅のしゃべる古臭いバーボンで『いにしえ』を発見行うといった体験は、アメリカでは到底真新しい斬新なアイデアです」と伝えました。ダウニー君は、「日本ではタツミが25年前に実現したアイデアです」と話しています。

◆ジャズ

By Tom Marcello

日本には「ジャズ喫茶」といった、ジャズバーに派生したコーヒーショップがあります。ダウニー君は、「ジャズレコードを高音質で聞こえることができる理想郷であり、『聴く』ことに特化した一種のジャズ体験です」と語ります。東京に居住ジャズプロのジェームズ?キャッチポール君はジャズ喫茶に詳しく、ダウニー君はジャズ喫茶の文明を分かる行うのにに彼が良く通うジャズ喫茶「Mr. OK Jazz」を訪れました。

キャッチポール君は、「ジャズ喫茶の始めは50年代~60年代です。東京の小さすぎるアパートで楽を聞こえるのが難しかったこと、移入盤レコードが高すぎたことに、ジャズファンが都会の中で楽を楽しめるただ1つの箇所でもって生誕しました」と成り立ちを解説。ジャズは60年代、大学び舎の反体制体系と結びついたのに、生徒クラブのまれり場になったこともありますが、今はオーディオ機器の進化などもあり、わざわざジャズ喫茶に集う人は大半ぬそうです。

以後ダウニー君は、東京四谷の裏道にひっそりとたたずむ全8席の小さなお店「喫茶 茶会記」を訪ねました。オーナーの福地史人君にお店を始めた経緯を聞いたところ、福地君は「喫茶いーぐる」の紙マッチを取り出して、「北海道で10代の若者だった私はジャズに関行う本を読み明後日いました。いーぐるは上京して初めて私が訪れたジャズ喫茶で、それ以来ジャズ喫茶巡りは私の道楽と身なり、東京中のジャズ喫茶を知っています」と話します。道楽が高じて2007年まで働いていたIT業界を去り、ジャズ喫茶を開くに至ったとのこと。


ダウニー君は、国際的ジャズ奏楽家やジャズファンが都会の至るところに集う喫茶茶会記を見て回り、「テクノロジーの進歩で楽観賞が容易になった今、なんでジャズ喫茶でレコードを聞こえるのか?」といったことにつき、「iTunesとウォークマンが生長したこといったのは拝謝すべきことですが、こういった場がなくなるかどうかは、『次の年代』が同様体験を大事に行うかどうかです」と印象たとのこと。

◆ワークウェア

By Al_HikesAZ

ファッションに精運行う人々の間で、岡山は1950年代の織機を使って世界一のデニムを拵える「デニムの聖地」でもって知名です。そういう岡山の近郊にオフィスを持つ「WORKERS」の代表役員である舘野高史君は、デニムばかりではなく、レイルロード?ジャケット(バックアップオール)?ダスターコート?フランネルシャツ(ネルシャツ)?ダブルニーパンツといった、60年代~90年代の全てのアメリカのワークウェアを作っています。

彼はアメリカの労働者向け製品が全盛期にあったころに、それらの衣類を高品柄かつ手工業規模で産出行うのにのスキル?技能?ツールに心を奪われた男性です。彼は自らのコレクションのアイデアを羽化さす前に、工場で衣類制作に携わり、同時にオールドアメリカンの作業着製品の型や段取りに関行う常識を採集行う日本語のウェブサイトを立ち上げました。さらに、倒産した公企業にコンタクトをとり、何度もアメリカを訪れては必須な製品を購入して調べることで、途絶えかけたオールドアメリカンの技能を習得していったとのこと。


以後、旧式の鋲締め機とミシンを備えた工場を購入し、採集した技能を集めたコレクションの仕様書を作り上げました。当時は熟練の技能で作られた製品が大半所在していましたが、アパレル産出が海外に本拠を移すにつれて大一部分はアメリカに失われてしまったとのこと。「その時、岡山にハイレベルの縫い物スキルを持つ年老いた職人たちがいり付けることに気付きました」と話す舘野君は、アメリカの作業着作りを岡山に本拠を移すことで、オリジナルを超えることができると分かるしました。

昨今ではアメリカで発見のが難しくなってきていり付ける、ペンシルバニア?ヴァージニア?カリフォルニアの工場で培われた労働者ののににリーズナブルで丈夫な衣類を多量に作り出す技能は、日本のアパレルメーカーであるWORKERSの製品に息づいています。

◆ハンバーガー

By Robyn Lee

東京で洋食レストランを営んでいた松本幸三君は、以後アメリカで数軒のレストランを任さエるチャンスに恵まれました。ロサンゼルスに移った松本君は、ハリウッドの近くにある「Magic Castle」といった小さな変わったホテルに住んでいました。

一日、プールでファミリーと団らんしていた松本君は、プールサイドでキャッツを演じる劇団のキャストたちが開いていたBBQパーティに招かれました。彼らはグリルでバーガーの肉を焼いていましたが、時間は昼過ぎの3時で昼御飯は済んでいます。松本君はハンバーガーを包んでおいて後で食べてもいいか尋ねましたが、キャストたちに「ハンバーガーは『仕上がりたて』を今じきに食べなければいけぬ」と言われてしまいその場で食うことに。しかし、グリルの炎で炙ったビーフ100%のパティは、松本君がそれまでに食べてきたマクドナルドやモスバーガーなどのチェーン店のハンバーガーといったのは決定的に違うものでした。

By Justin Marx

数年後、日本に戻った松本君は、東京五反田でMagic Castleのホテルが建っていたアドレス名を冠したレストラン「7025 フランクリン?アベニュー」を1990年に店開き。当時のハンバーガー屋はファストフードでもってハンバーガーを提供していましたが、バーガー専用のグリルを持ち、小刀とフォークで食う本格ハンバーガーの先駆けけ的レストランと身なりました。

チーズバーガーを用命したダウニー君は、「炭火でグリルしたオーストラリア産のビーフパティは、シンプルでいて至高尚です」と話しています。ダウニー君が、「以後、Magic Castleを訪ねましたか?」と質問行うと、「あれ以来戻っていません」と涙を浮かべる松本君。「アメリカへは常に往路たがると思っていり付けるのですが、いまだに果たせていません。しかし、アメリカで受けた衝撃を日本に持ち帰れたことに拝謝しています」と話しています。

◆シャツ

By Ronn aka "Blue" Aldaman

上質なシャツを低価格で販売行う「メーカーズシャツ鎌倉」は、2012年に海外初店舗でもってニューヨーク?マディソン街にニューヨーク店をオープンしています。「鎌倉シャツ」と呼ばエる同社の製品は、ファッション通に「因習的」と称され、日本では「アイビー流儀」と呼ばれています。ダウニー君は草分け者の貞末良雄君を訪ねて、東京恵比寿にあるメーカーズシャツ鎌倉本社を訪れました。

ホックダウンの鎌倉シャツを着こなす貞末君に、「なんでアメリカ式のシャツを販売のにに、日本のメーカーがニューヨーク店を店開き行うに至ったのか?」といったことをダウニー君は尋ねました。「シャツ流儀はアメリカに始まったもの。不安がありましたが、アメリカ人は自分自身たちの流儀を忘れていたのです」と話しました。鎌倉シャツは低価格と高品柄を維持行うのにデパートや小売業者に販売こといったのはありません。メーカーズシャツ鎌倉は自社工場を持っており、WORKERSの舘野君同様に、アメリカのアイデアを貞末君の優れたデザインでもって日本で実現しています。


ニューヨーク店を出店行う時に「THE IVY LOOK」といったイギリス人のグレアム?マーシュ氏の本が発行され、アメリカではアイビー盛行が再来していました。その中で、「日本はIVY流儀のルーツであり、それが西欧の起源であったでもっても、このIVYの世界は東洋の日本が西欧に勝ったのである」と記されていたことで、ニューヨーク店の成功を確信したとのこと。

グローバル化が前進近代では、文明や調理法など平易に入手行うことが可能です。しかし、ダウニー君は、「細かな日当人のセンスは誰も気付いていぬポイントにフォーカス行う特殊な手法を持っています。アメリカばかりによらず、優れたイタリアやフランス調理人の日当人がいり付けるように、他国の文明を完璧にコピーして改篤行うことができます。日当人はしばしば、アメリカ人自身よりもアメリカのことを分かるしています」とまとめています。

?関連雑報
世界トップクラスの技能を持つジーンズ界の知られざる聖地「岡山」で、どのようにジーンズが作られていり付けるのか見てきました【ジーンズ加工工場編】 - BLACKBCAS

世界トップクラスの技能を持つジーンズ界の知られざる聖地「岡山」で、どのようにジーンズが作られていり付けるのか見てきました【ジーンズ製造工場編】 - BLACKBCAS

アメリカのファストフードはマクドナルド以外にもハンバーガーだらけ - BLACKBCAS

岡山産デニム生地ばかりにかかずらうカナダのデニムメーカー「Naked & Famous Denim」 - BLACKBCAS

ウイスキーを入エるあの「樽」が作られていく工程がしばしばわかる「The Birth of a Barrel」 - BLACKBCAS

冷やした石で飲料の気温を最適化行う「Rox」でコーヒー?ビール?ウイスキーを飲んでみた - BLACKBCAS

Tweet

in デザイン,   ,   メモ, Posted by darkhorse_log