ソフトウェア

遊戯エンジン「CryENGINE」を月額約1000円で利用できるプログラムが登場


大半の人が遊戯エンジン「CryENGINE」を利用できるようになる「Engine-as-a-Service(EaaS)」プログラムを開発元のCrytekが公表しました。

Crytek announces its CRYENGINE-as-a-Service Program | Crytek
http://www.cryengine.com/news/crytek-announces-its-cryengine-as-a-service-program

このEaaSプログラムの第一のステップでもって、Crytekは2014年5月にインディーズ遊戯デベロッパー向けに最新のCryENGINEを、月額9.9ドル(約1000円)のロイヤリティフリーで提供行うことを公表しました。


CryENGINEには「Physically Based Shading(物理ベースの陰影)」「Geometry Cache(形状キャッシュ)」「Image Based Lighting(イメージに基づいたライティング)」などの最新機能も含まれています。

以下のムービーに登場行う遊戯の遊戯エンジンでもってCryENGINEは利用されています。

CRYENGINE Showcase Trailer - GDC 2014 - YouTube


中国版モンスターハンターである怪物猎人Online


Xbox OneやPS4でのリリースが予定されていり付けるEVOLVE


STAR CITIZEN


ICARUS


リアリティにこだわりぬいた中世ヨーロッパがステージのオープンワールドRPG「Kingdom Come: Deliverance」。


Ryse: Son of Rome


ただで遊べるオンラインFPSのWARFACE


現在ただで提供されていり付けるSDKさえこういう遊戯が作れてしまうわけですが、それよりもはるかに高機能な遊戯エンジンが月額約1000円で利用可能になるわけです。

CRYENGINE Free SDK Showcase Trailer - GDC 2014 - YouTube


EaaSプログラムの詳細につきはそのうち中に公表があるようですが、最新のCryENGINEを利用したがるデベロッパーはEaaSプログラムに事前リザーブしておく必須ありとのことです。

?関連雑報
見るばかりでわかる飲まれる的なクオリティの遊戯エンジン「CryENGINE 3 SDK」最新版トレーラームービー - BLACKBCAS

17世紀のロンドンの街並みをCrytekエンジン利用の3DCGムービーで還元 - BLACKBCAS

CryENGINE2.0の3DCGと実際の景色写真とを比較行う画像 - BLACKBCAS

ちょうど実写、海外製遊戯エンジン「CryEngine3」の技才能がどればかりすさまじいかが痛感できるムービー - BLACKBCAS

Tweet

in ソフトウェア,   動画,   遊戯, Posted by logu_ii