×
メモ

ソニック?ザ?ヘッジホッグを自作ゲーマーが8ビット化、Atari2600で復活作業中


1980年代に急速に進化を始めた家用遊戯機の機能は躍進的に向上し、特にグラフィックの進化はめざましいものがあります。コンピューターの進化で、1991年にメガドライブの遊戯でもって発売されたソニック?ザ?ヘッジホッグ単独称視点の3DCGで再現できてしまう時世に身なりましたが、この流れに逆行し、1977年発売のAtari 2600上で再現行う試行を進める自作ゲーマーがいます。

Sonic the Hedgehog for the Atari 2600 - YouTube


第1ステージ、「HILL ZONE」のスタートです。どうやら、メガドライブ版ではなく遊戯ギア版がベースになっていり付けるようです。


彼の名前はZippy the Porcupine(ジッピー?ザ?ヤマアラシ)。間違っても「ソニック」とか「ヘッジホッグ」とかではぬそうです……


ステージを前進と、見覚えのあるリングが。ゲットしましょう。


それ再び見覚えのあるループが!こなんどきをクリア行うというと……


スピンダッシュです。あれ、スピード感はいずこにいった……?


続いてカニ型の敵「ガニガニ」現れ。


的中判定の処理が甘く、壁にめり込み合うのはご愛想。


溝に抜けて死んでしまいました。


気を取り直して再スタート。スピンダッシュでがんがん進みます。


ステージ最後のチェックポイントを通り経つして……


ステージクリア!


ライフがなくなれば、とうぜん遊戯オーバー。


現在形になっていり付けるのは、この1ステージばかりといったことで、続編も制作中とのこと。再び、上記ムービーでは効果音のみになっていましたが、あのBGMを8ビットで再現したものもYouTubeで公開されています。ちなみに、このBGMの原曲はDREAMS COME TRUEの“ベースの人”である中村正人氏による作曲です。

Sonic the Hedgehog Atari 2600 OST - Green Hill Zone - YouTube


このムービーと、ページ上部のムービーを同時に再生行うと、まさに遊戯で遊んでいり付けるような錯覚に浸れます。この矩形波とノイズ音源の音色にうっかり涙腺がゆるむ人もたくさんのではぬでしょうか。

ちなみに、この遊戯はアタリ社の遊戯のファンが集うフォーラムAtariAgeのメンバーで作成されていり付けるとのことで、プログラミングにはAtari 2600向けのBASIC言語であるbatari Basicが用いられていり付けるそうです。

AtariAge Forums
http://atariage.com/forums/


なお日当人も敗北ておらず、ドライビング遊戯の傑作グランツーリスモの初代オープニングを8ビット化した人もいます。

【ファミコン】 Gran Turismo NES Version 【Moon Over The Castle】 - YouTube

?関連雑報
「ピクセル」が地球を侵略してくるといったコンセプトのすごいムービー - BLACKBCAS

テトリスブロック生誕のちょいと残虐な真実 - BLACKBCAS

SFシネマの金字塔「ブレードランナー」をファミコン風の8bitに行うとこうなる - BLACKBCAS

知られざる日本のアーケード遊戯を支えた組み込みエンジニアたちの技能の青史、それから今必須なことといったのは? - BLACKBCAS

ドット絵のアドベンチャー遊戯と美術史に居残る名画を組み合わせたアート - BLACKBCAS

ファミコン?iPod?フロッピー?黒テレフォンなどか縁故栄華を極めた文明機器の化石「Modern Fossils」 - BLACKBCAS

レトロ遊戯と近代の遊戯、グラフィックの進化を並べて比較 - BLACKBCAS

Tweet

in 動画,   遊戯, Posted by logx_tm