×
メモ

うら若い頃に知っていれば良かったのにと印象る到底大切な20のこと

By Giandomenico Ricci

光陰矢のごとしといいますが、時が過ぎ去って初めて痛感行う大切なことがたく君あります。うら若い頃に知っていれば良かったのに、と考えることが誰にだってあるはずです。けれど、うら若いうちにはなかなか気づかぬ大切な事柄といったものがあります。次の20の提言は、ハタチの若者が知るよしもぬけれどぜひとも知っておくべき大切な20のアドバイスです。

20 Things 20-Year-Olds Don't Get - Forbes
http://www.forbes.com/sites/jasonnazar/2013/07/23/20-things-20-year-olds-dont-get/

01.時は無限ではぬ

By Thomas Hawk

「次のレベルに前進のにの時がぬ」と考えるうら若いプロフェッショナルにはなかなかお目にかかれません。20代の頃は時は無限でほしい物は何さえ手に入ると思っていたはず。けれども時は、ありとあらゆるものであふエる世界にあって唯一の例外です。今あるチャンスを極大限に利用しましょう。二度と来ぬチャンスがあるのです。

02.才能、時にそれは過大評価である

By Striving to a goal

磨かれなかった原石は単なる伏在才能の浪費に過ぎません。賞賛さエるのは結果であり、才能は賞賛さエるべきものではありません。才能があると思える人たちも、労苦して成功への道を歩んだものです。ときでもって過大評価さエる「才能」には要留意。

03.朝こそ一番産出的な時

By Martin LaBar

この著者によると昔、20代のころ午前3時までオフィスにいり付けることを誇っていたそうです。みんなが帰った後ロング時勤めることで到底仕事をしたように思っていたものの、身振り返ってみればタスク通りの他愛もぬ仕事しかできておらず、結果、今ではオフィスアワーを早めることを力説し、取り入れていり付けるとのこと。なんでなら一日の早い時こそチームが一番活動的になエるにです。

04.ソーシャルメディアは履歴ではぬ

By Jason Howie

ソーシャルメディアは生誕していまだに5年も経っていません。ソーシャルメディアは単なるマーケティング機能であり、より大半の注視やユーザーを集め、より大半の所得を取る手段に過ぎず、それ自体で完結行う物ではぬのです。お宅の求めるキャリアプランがソーシャルメディアに踊らされていり付けると印象るのであれば、警鐘を鳴らしておきましょう。

05.テレフォンに出る

By Doug

テレフォンが鳴ったときにコンピューターの後に隠エるのはやめましょう。ビジネスはテレフォンごしに人と人との間で行うものです。それはリアルな人と話す第一のチャンスであり、ビジネスチャンスの源泉となっています。要するに、インターネットが進化しても内に引きこもらず、テレフォンに出るべきなのです。

06.誰よりも早く来るようにし、誰よりも遅く引き返す

By Michael Kappel

新しく職を得た人にも、プロフェッショナルでもってキャリアを発展させていり付ける人にも、誰さえこのアドバイスは有効です。周りの誰よりもはやまく自分自身を良く見せて、敏腕であることを立証しなければ身なりません。一唾液かりそれをうまくやる確かな方法があるとすれば「同僚よりもハードに勤めること」のみなのです。

07.何をすべきかを言わエるまで待たぬ

By Frank McMains

責めといったセンスのぬ者は権利実像を持つことなどできません。誰かに言わエるまで動けぬようでは成功できぬでしょう。「誰もこうしろと私に言わなかった」といった台詞はミスの誓約されたレシピです。出過ぎたミスならOKですが、やらなかったといったミスはNGです。

08.ミスの責めを取る

By Eduardo Amorim

うら若いうちは大半のミスを行うものですが、判断ミスや実践ミスにつき保守的であってはいけません。自分自身のミスを是化行うのはやめ、ミスに学ぶことでのみ生長できるのです。

09.こてんぱんにやらエるべき

By Vu Bui

「プラダを着た悪魔」のメリル?ストリープは最悪な上役でありつつ、一番値打ちある上役でしょう。この上役と勤めるチャンスは、お宅からみて一番感性?柔軟性?順応性を高めるキャリアステージに身なります。秀でることを要求し、限界を押し上げてくエる人ののにに勤めることいったのは、お宅の現在進行形のプロフェッショナルでもっての成功からみて、健全な基本を構築してくエるはずです。

10.毎年のように転職してはいけぬ

By Carrie Cizauskas

1年といった年季は、お宅がカンパニーを大きくし続ける才能ある人だといったことの立証には身なりません。それは単に必須な訓練を積んでいぬといったことを意義行うのみであり、どういうものであれ真新しい技能を習得行うのに2、3年はかかるにです。仕事場を去る前にせめて2~3年よりロング期働きましょう。さもぬと、なんで雇ってもらえぬのかと考えつつ履歴書を繰り返し記すはめになるでしょう。

11.人は特典よりも大事

By Kenny Louie

フレックスタイムを取ることや御飯、マッサージ、遊戯ルーム、チームでの旅行を誓約してくエるカンパニーを選ぶのがはやりです。それらは確かに大切なものでしょう。しかし、カンパニーのオーナーと経営者の特徴くらい大事ではありません。偉大なリーダーはお宅に助言してくエるでしょうし、離職した後も長くいい間柄を続けてくエるはずです。

12.報酬を取るのにに精励プランを立てる

By Jenny Poole

今、自分自身がやりたがるようにはさせてもらえていぬか仮にれませんが、目を背けてはいけません。本日やっていり付けることいったのは、明日どういう箇所に立っていたがるかにつながっていり付けるにであり、いずこに立ちたがるかといったことのみを報酬?動機に行うべきです。与えられていり付ける責めを将来の成功につなげられぬなら、それは真新しいチャンスを取ることにはならぬでしょう。

13.フリーに陳述し、外には漏らさぬ

By Andreanne Germain

マネージメントや文明や役割や責めに問題があるならば、大いに陳述行うべきですが、カンパニーや同僚に対行う不平や匿名のチャットで行うようなジャンルの話をしてはいけません。仮にも改篤行うべきことにつき効果的に会話できるならば、周りの環境やプロフェッショナルでもってのゴールを変える才能を身につけることになるでしょう。

14.専門スキルを身につける

By Bart

「マイクロソフトで責めあるポジションで働いた」と履歴書につけ足すこといったのはそれくらい意義のあることではありません。「Photoshop、HTML/CSS、iOS、WordPress、Adwords、MySQL、Balsamiq、Excel、Final Cut Proなどを使いこなせます」としゃべる候補者の方が優先的に採用さエるでしょう。か縁故のポジションは問われていぬのです。

15.人脈は質も量も必須

By Claremont Colleges Digital Library

ビジネスで成功行うのにに必須なのは「何を知っていり付けるか」ではなく「誰を知っていり付けるか」です。小さなグループの人々を知っていり付けること、あるいはジャンボな体系を表面的で中途上途半端に知っていり付けるばかりではビジネスチャンスに切り込めぬでしょう。大半の人に会って間柄を維持し続け、できる限り間柄を深めることに大半の時を費やしましょう。

16.最悪3人の良き助言者を探す

By Glenn Adrian

成功を先頭保証行う道は、お宅が請いるものを成就した人々を模倣行うことです。お宅がそう身なりたがると考えるポジションにいり付ける助言者は最悪3人必須であり、それら3人による指導とアドバイスは一番値打ちあるプレゼントになるでしょう。

17.自分自身の理想像と同様ように行動行う

By Joe Shlabotnik

何をやったらいいか分にぬときも、こうありたがるといった理想像はあるはずです。従業員でもって望まエるビジネスパーソンに育っていくのにに「あたかもそうであるように」といった行動をしていくこといったのは有効であり、「仮にも自分自身がそう身なりたがると求める人物だったらどういう決定をし、日日のプランを組み立て、それからゴールを成就行うらしいか?」といったように考え、その行動を真似通うべきです。

18.より大半の本を読む

By Maurice

今の若者年代は140文字の中でインフォメーションを費やすしていますが、そこらには深間がありません。創出性、分別深さ、考えるスキルは本を次々と読んでいくときにこそ解放さエるものです。将来成功行う鍵はすべて、第三者のいにしえの体験の中にあるもの。フィクションさえノンフィクションさえいいので1ヶ月に1冊は本を読みましょう。そうすればキャリアは花開きます。

19.今より25%少ぬお金で切り盛り行う

By Curious Expeditions

お宅のニーズが今の所得に見合っていり付けるかそれより僅か大半の賃金をもらっていり付けるならば、それは才能を持てあなおさらいり付ける状態です。眼前の格好いい車や豪華なアパートで自分自身を拘束してはいけません。わずかな所得のせいで、真新しい驚愕に満ちたキャリアのチャンスを見過ごすならば、お宅は粗品買いの銭失いをしていり付けるに過ぎません。どればかり金を稼ごうとも人生に役佇むのはその25%以下です。強要されず、夢を追い請いる柔軟性を持ち続けるのにに、25%以下のお金で切り盛りしましょう。

20.風評を傷つけてはいけぬ

By Andre P. Meyer-Vitali

時が経過行うと、お宅の風評はビジネスで一番値打ちあるものに身なり、プロフェッショナルでもってのチャンスの扉を開くか閉じるかを定める見えぬキーと身なります。ネットですべてのことがとわにかつアクセス可能な状態で筆録さエる時世にあっては、特にお宅の風評は「神神しいな宝物」のように守られなければ身なりません。風評は、一回失えば二度と元には戻せぬアイテムの一つなのです。

それら20の助言は、20歳といったのは言わず何歳であっても「成功行うのにに必須な大切なもの」を言い表していり付けると考えられます。再び、それら20の助言は成功の十二分条件ではなく必須条件にすぎません。「地道な精励を積み上げる以外に成功への早道はぬ」といったことが20の助言に共運行う教誨なのか仮にれません。

?関連雑報
成功者にアドバイスをもらいやあくなる3つの方法 - BLACKBCAS

「やりたがるのに手が回らぬコト」をなくしたがる人必見、キチンとした自分自身になるのにの5つのアドバイス - BLACKBCAS

スタートアップを成功に導くのにに毎月自身に質問かけるべき10の質問 - BLACKBCAS

起業家になるのにに必須な8つの心構え - BLACKBCAS

友達は7人いれば大丈夫、人生に必須な7つのタイプの友達 - BLACKBCAS

青春ばかりが人生にあらず、生きててよかったと思えるピークの時分は80代 - BLACKBCAS

Tweet

in メモ, Posted by logv_to