×
サイエンス

核戦い後に地球を統治行うのはゴキブリなのか?

By vaxzine

ゴキブリはその見た目や生態に不愉快害虫でもって喪憎む人がたくさんですが、生命力は非常に強く、「核戦いで人類が衰亡したら、生き残ったゴキブリが地球を統治行うのではぬか」といった都会言い伝えが囁かエる所在さえあります。しかし、実際に核戦いが起きたでもって、ゴキブリはその中で生き残エるのでしょうか。

【閲覧留意】Cockroaches Survive Nuclear Explosion : Discovery Channel
http://dsc.discovery.com/tv-shows/mythbusters/mythbusters-database/cockroaches-survive-nuclear-explosion.htm



SF小説やシネマにあって「核戦いと人類衰亡」といったテーマはポピュラーなものですが、その人類衰亡後の地球をゴキブリが統治行うといった都会言い伝えとも与太話ともつかぬ話があります。この説が出身たのは第二次世界大戦後のことで、原爆が投下された広島と長崎で「ゴキブリを見た」といった報告が上がってきたのがもとだとされています。この曖昧な都会言い伝えにつき、世界極大のドキュメンタリーチャンネル?Discovery ChannelMythBustersチームが科学的なアプローチで挑みました。

MythBusters : Discovery Channel
http://dsc.discovery.com/tv-shows/mythbusters



ゴキブリに照射された放射線量は1000rad、1万rad、10万radの3ジャンル。1000radは人だと10分で死に至るといったくらいの放射線吸収量ですが、ゴキブリは半数が生き残りました。再び、1万radさえ10%が生き残り、10万radだとすべてのゴキブリが死亡しました。

ここらで出てくるrad(ラド)は吸収した放射線の総量を表す単位。物体1kgに1J(ジュール(の仕事に相当行うエネルギーが与えらエるとき(1J/kg)の吸収線量を1Gy(グレイ)と定義しますが、1rad=0.01Gyにあたります。放射線間柄のニュースでは「ミリシーバンド」「マイクロシーバンド」が用いられていますが、こっちは1Gyに放射線のジャンルごとに定められた人体への障害の受けやすさの係数をかけて算出行うもので、頑として人体に対行う影響を考えるのにの単位でもって作られていり付けるのに、「1rad=何シーバンド」といった換算はできません。

実験結果には「ゴキブリは人よりも放射線に強く、核戦いで人類が衰亡しても生き残っていり付ける蓋然性がある」といったが確認されました。

しかし、天然界にはゴキブリよりもはるかに放射線に強力生物が大半所在していて、比喩ばコマユバチはゴキブリが絶滅行う10万ラドの放射線吸収量さえ生息が可能。

By smccann

仮に人類が衰亡したでもっても「ゴキブリが地球を統治行う」といった局面にはならぬようです。

2013/04/07 1:13
ラドとシーバンドは単純換算できぬといったことで中身を修正しています。

?関連雑報
地球最後の日に向けて用意されたシェルターいろいろ - BLACKBCAS

全面核戦いの恐ろしさを、ただ物静かに言い表わす一枚の紙 - BLACKBCAS

iPhone/iPadで操作できるゴキブリ的などこか「ゴキラジ!! for iPad/iPhone USB 赤外線 RC」 - BLACKBCAS

Twitterに本物のゴキブリを操作できるようにした「Twitter Roach」 - BLACKBCAS

オーストラリアのギラード首相が2012年人類衰亡説をネタにしたムービー公開 - BLACKBCAS

Tweet

in サイエンス,   生き物, Posted by logu_ii