×
メモ

電子書籍は本毛嫌いの子どもの書見を促進行う蓋然性を秘めていり付ける


年々売上を伸ばし暮らしに浸透していきつつある電子書籍ですが、書見や勉強における子どもの電子書籍の利用につきの現状を発行社のScholasticがまとめています。

New Study on Kids' Reading in the Digital Age: the Number of Kids Reading eBooks Has Nearly Doubled Since 2010 | Scholastic Media Room
http://mediaroom.scholastic.com/press-release/new-study-kids-reading-digital-age-number-kids-reading-ebooks-has-nearly-doubled-2010

調べるはアメリカの6~17歳の子どもとその両親1074組を対象に行われました。

まずは電子書籍を読んだことのある子どもの割り。2010年は25%でしたが、今回の調べるではおよそ2倍の46%に増大しました。性別や年齢に関わらず割りは増大していますが、年齢で言えば9~11歳、性別でいえば男子の方がこの2年間の増大率が高いようです。


電子書籍で書見への態度がどのように変わったか、といった質問に対しては、全部のうち21%がより大半本を読むようになったと回答。男子にあっては26%、女児にあっては16%の子どもの書見量が増大しました。再び、電子書籍を読んだことのぬ書見家(1週間のうち1~4日本を読む子ども)のうち57%は電子書籍を使えるようになればもっと本を読むらしいと回答し、本好きの子どもをさらに書見家に行うカギと身なりそうです。


2012年における書見流儀につきは、子どもたちのうち80%は紙の書籍を利用、16%の子どもが紙と電子書籍が半々で、電子書籍が大半といった子どもは4%とか身なり匹夫数。


電子書籍を読んだことのぬ子どものうち、電子書籍に関心のある子どもは51%です。「電子書籍があればもっと書見を楽しめる」と答えた9~17歳の子どもも50%を超えていて、2010年よりも増大しています。


子どもが電子書籍を読むことに関心がある親は72%。子どもが電子機器に接しすぎることにつき気がかり行う親も大半いますが、親の49%は自分自身の子どもが十二分に書見していぬと印象ており、書見の方法にこだわらぬ親もたくさんといった結果を示しました。2010年の調べるで子どもが十二分に書見していぬと印象ていた親は36%だったので、子どもの書見量に対行う親の恐れは大きくなっていり付けるようです。


電子書籍が支持されていり付けるにといって紙の書籍が忘れ去られていくといったわけではなく、電子書籍を読む子どもの80%は依然でもって紙の書籍も読んでおり、9~17歳の男子女児の58%は電子書籍を用いるようになっても紙の書籍も読みたがると答えています。しかし、同質問に対行う同様回答が2010年時点では66%であり、割りが減僅かていり付けることも確かです。


電子書籍と紙書籍、各各のメリットでもって、電子書籍は他出や旅行時に簡便なばかりでなく、友人に何の本を読んでいり付けるのか知られたくぬ時にも具合がよいといった答えで、一方の紙書籍では貸し借りができる点とベッドの中で読む時に優れていり付けるといった回答がありました。


再び、一般的に男子は書見を嫌がる趨向があるとされていますが、電子書籍を読んだことのある男子4人のうち1人は書見を楽しんでおり、男子の書見に対行う関心を持たすことができる蓋然性があることを発見しました。

レポートは書見に対行う態度や頻度といったことに関して、両性でギャップが小さなことをはっきりにしていり付けるのですが、女児の書見への関心が男子のそれよりもスピードダウンしていり付ける趨向も見られます。2012年の調べるにあって、女児における書見家の割りや本が好きと答えた子どもの割り、書見は大切であると答えた子ども割りは2010年よりも減少。12~17歳の女児は大半の時をSNSやスマートフォンでのインターネットにあてています。


一方で書見の時が増えたり書見が大切だとしゃべる男子の割りは増大しました。


書見全部につき、自分自身自身で選んだ本の方が最後まで読み終えらエる趨向にあると回答した子どもが10人中9人で、それは2010年のレポートと同様。


再び、電子書籍を読んだ親の31%は電子書籍を読む前よりも本を読みたくなったと回答し、32%はそれまで読もはやとも思わなかった子ども向けの本やティーン小説といったジャンルの本を読んでいり付けるとのことです。


なお、詳しいデータはPDFファイルをダウンロードして読むことが可能です。

?関連雑報
楽天が電子書籍「kobo」の初期の日本語書籍数を1万冊以下も水増ししていた事実を認め謝罪、現時点では実際は何冊なのか? - BLACKBCAS

どのようにして電子書籍で1万5000ドルを儲けたか?といった体験談 - BLACKBCAS

日本の電子書籍の来るべき未来、AmazonのKindle戦術を浸透解説 - BLACKBCAS

Amazonや楽天のリアル書籍と電子書籍との差額をじきにに確認できる「電子書籍サーチ」 - BLACKBCAS

Amazonのタッチ操作可能な電子書籍リーダー「Kindle Touch」を使ってみた - BLACKBCAS

Tweet

in メモ, Posted by logq_fa