×
遊戯

レトロ遊戯と近代の遊戯、グラフィックの進化を並べて比較


ファミコンソフト「スーパーマリオブラザーズ」発売に26年が経過し、遊戯のグラフィックは大きく変わりました。普段何気なく見ていり付ける遊戯のグラフィックですが、20年前の遊戯と現在の遊戯の画面を並べてみれば、改めてその進化のすさまじさが分かります。

Classic vs. Present Day Gaming: Which Is Better? (10 pics) - Izismile.com

◆「ソニック?ザ?ヘッジホッグ」(1991年:メガドライブ)と「ソニック ジェネレーションズ 白の時空」(2011年:PS3/Xbox 360)


セガの立て看板タイトル「ソニック」シリーズも本年で20周年。12月1日発売予定の「ソニック ジェネレーションズ」では、従来のスピード感あふエる2Dアクションの醍醐味をそのままに、奥往路のある麗しいステージが3Dで形成されています。下のムービーに、実際のプレイを見ることができます。

Sonic Generations Extended gameplay footage - YouTube


◆「ゴールデンアイ 007」(1997年:NINTENDO64)と「ヘイロー 3」(2007年:Xbox 360)


「ゴールデンアイ007」は日本でいまだにFPSといった遊戯ジャンルに馴染みが薄かった当時の作。その完成度の高さに人気を取得しました。「ヘイロー」シリーズに代表さエるように、現在FPSは遊戯ジャンルの主流の一つと身なりましたが、未だに「ゴールデンアイ 007」を友人たちを集めてプレイしたくなるといった人もたくさんはず。

下のムービーは、「ゴールデンアイ 007」のプレイムービーです。

007ゴールデンアイをプレイ - YouTube


◆「ゼルダの言い伝え」(1986年:ディスクシステム)と「ゼルダの言い伝え スカイウォードソード」(2011年:Wii)


2011年で25周年を出出迎える任天堂のビッグタイトル「ゼルダの言い伝え」シリーズ。初代はファミコン?ディスクシステムでの発売でした。最新作と並べると見た目はもはや完璧に別の遊戯ですが、剣やアイテムを駆使してダンジョンの謎を解いてゆく遊戯性は、四半世紀の時を経ても揺るぎません。

下のムービーは、最新作「ゼルダの言い伝え スカイウォードソード」のPV。

Wii ゼルダの言い伝え スカイウォードソード E3PV - YouTube


◆「メタルスラッグ」(1996年:アーケード)と「Battlefield 3(バトルフィールド3)」(2011年:PC/PS3/Xbox 360)


さほどにも立派なドット絵の演出と爽快な遊戯プレイで、飲まれる的な人気を博した2人用アクションシューティング「メタルスラッグ」も、15年前の作と身なりました。時世は移り、戦いを題材にした遊戯はアメリカで異様なまでの発展を遂げ、「Battlefield 3」では飲まれる的にリアルな戦地が描かれています。

下のムービーに、「Battlefield 3」の実際のプレイを見ることができます。

Battlefield 3 Gameplay - Trailer Gamescon (PS3 Xbox 360 PC) Caspian Border - YouTube


◆「ポールポジション」(1983年:Atari 2600)と「グランツーリスモ5」(2010年:PS3)


「ポールポジション」と言えば、ナムコが開発したアーケード用レース遊戯の傑作です。画像は1983年発売のAtari 2600版。画面の見た目には信じがたがることですが、ラウダ走法?ロイテマン走法などのドリフト走行が可能で、栞も発行されました。対行う「グランツーリスモ 5」は、もはや実写と見まがうくらいの再現度となっています。

下のムービーは、「グランツーリスモ5」のトレーラームービー。

Gran Turismo 5 Trailer - E3 2010 - YouTube


◆「マイクタイソン?殴打アウト!!」(1987年:ファミリーコンピューター)と「Fight Night Round 3(ファイトナイト ラウンド3)」(2006年:PS3/Xbox 360)


さほどにもはっきりとその差が現れた、ボクシング遊戯。「マイクタイソン?殴打アウト!!」では、最終ボスであるマイク?タイソンのさほどの強さに、幼稚つつも理不尽なものを印象た人もたくさんはず。

時は移り、「ファイトナイト ラウンド3」では、グラフィックが段差異に進化したばかりでなく、操作方法も大きく進化。殴打もホックで出すのではなく、アナログスティックを使い、多彩なジャンルの殴打を繰り出すことが仕上がりるようになっています。

◆「スーパーマリオブラザーズ」(1985年:ファミリーコンピューター)と「Braid」(2008年:Xbox 360)


2D横スクロールアクションといった王道のジャンルは、特にXboxのライブアーケードにあって、現在も数々の傑作が生み出されています。「Braid」は中さえ秀逸なアクション遊戯で、遊戯中の時を操作し、様々な障害をクリアして往路ます。

下のムービーは、「面白さばかりじゃなく心に居残る遊戯」と言わエる「Braid」のPV。

Braid


◆「マーブルマッドネス」(1984年:アーケード)と「ポータル2」(2011年:PC/PS3/Xbox 360)


「マーブルマッドネス」は、アタリ遊戯スが開発したアーケード用遊戯で、マップの上でビー玉(マーブル)を転がして、制約時内にゴールを目指差すといったもの。単純な遊戯性つつ人気を博し、ファミコンにも移植されています。

同様ように3Dのスペースの特性を活かしたパズル遊戯でもって、2011年には「ポータル2」が市を席巻しました。「ポータル」シリーズは、「壁に向かって射ると穴(ポータル)ができ、もはや一つの穴の方へ移動できるポータル銃」を使って、様々な仕掛けをくぐり抜けていくといった遊戯。下のムービーは、「ポータル2」の店頭PV。

Portal 2(ポータル 2):店頭PV - YouTube


◆「魂斗羅」(1987年:アーケード)と「メトロ2033」(2010年:PC/Xbox 360)


SFの世界観を持ち、銃でミュータントと戦う遊戯でもって、「魂斗羅」は日本以下に欧米で愛さエる遊戯と身なりました。もともとコナミがアーケード用タイトルでもって開発したタイトルですが、欧米で独自の進化を遂げ、シリーズでもっては日本未発売のタイトルも仕上がりています。

対行う「メトロ2033」は、ロシアの小説家ドミトリー?グルホフスキーの小説を原著とした遊戯。最終戦い後の地底世界をステージに、ミュータントとの戦いを描きます。下のムービーは、「メトロ2033」のPV。

メトロ2033 プロモーションムービー - YouTube


◆「モータルコンバット」(1992年:アーケード)と「ソウルキャリバーV」(発売日未定:PS3/Xbox 360)


「モータルコンバット」は、北米で発売された、実写取り込みのキャラクターを使った刷新的な2D格闘遊戯。日本では色物扱いされがちな「モータルコンバット」シリーズですが、本土アメリカでは飲まれる的な人気を誇っています。対行う「ソウルキャリバーV」は、発売日未定つつ、キャラクターの質感表わすに信念すら印象さすPVが公開されています。

下のムービーは初代「モータルコンバット」のプレイムービー。

モータルコンバット1 Arcade 1992 Midway Y Unit hardware by エド - YouTube


こっちは「ソウルキャリバーV」のPV。

「ソウルキャリバーV」Tokyo Game Show2011 トレイラー - YouTube


こうして見ると、同様ジャンルさえ20年前のものと現在のものとではまったく別物の遊戯に進化を遂げています。その上20年後の2030年には、どういう遊戯が現れていり付けるのか、もはや読みもつきません……。

?関連雑報
10万円を超えるものまで所在行う、飲まれる的プレミアがついた遊戯ソフト - BLACKBCAS

一番麗しい闘う女性遊戯キャラクタートップ25 - BLACKBCAS

何万回も遊べる因子が不可欠、「基本ただ時世」に稼ぐ遊戯の作り方 - BLACKBCAS

遊戯の青史の中で一番撃破困難なボストップ10 - BLACKBCAS

Tweet

in 動画,   遊戯, Posted by darkhorse_log