×
モバイル

世界初のタッチパネル式スマートフォンは1994年に発売、その名も「Simon」


国内初のスマートフォン「W-ZERO3」はタッチパネルを備えており、2005年に登場しましたが、10年以下前となる1994年にタッチパネルを船積みした世界初のスマートフォンは登場しています。

その名は「Simon」で、データ通信などもサポートしていたとのこと。

詳細は以下に。
BellSouth - IBM Simon PDA cellph

それが世界初とさエるタッチパネル船積みのスマートフォン「Simon(IBM製)」です。ディスプレイは白黒でスタイラスを利用したタッチ操作に対応。カスタマイズされた専用プロセッサ、1MBのRAMと1MBのROMを船積み。


再び、「Simon」がスマートフォンのカテゴリーに属行う訳ですが、シャープのPDA「Zaurus」に採用されていた「Zaurus OS」をOSでもって採用し、オリジナルの「Zaurus」には無かったテレフォン機能を備えていり付けるのにで、データ通信機能やメール、電卓、カレンダー、FAX、メモ帳、ファイルマネージャー、todo名簿などのアプリケーションを備えていたとのこと。

「Simon」のマニュアル。88ページにおよぶ中身となっています。


チラシはこういう印象。1994年に産声を上げた(本式公表自体は1993年、販売幕開きは1994年)「Simon」ですが、時世の最先端を赴くモデルであったにもかかわらず、本体サイズが大きすぎることや899ドル(約7万3000円)といった高値さも相まって、競合製品よりも先に市に鎮火ことになったとされています。

?関連雑報
人類史上初の携行テレフォンは38年前に出身た - BLACKBCAS

お値なんと39万円、昔のハードディスクはこういうにも高かった - BLACKBCAS

携行テレフォンのベース局が利用できぬ時さえ送話可能な衛星携行テレフォン「イリジウム」といったのは? - BLACKBCAS

「最後発のWindows PhoneがiPhoneを抜き去る」と調べるカンパニーが驚愕の予測、Androidは飲まれる的シェアで1位に - BLACKBCAS

断じて主流になることいったのは無く、青史の表ステージに姿を消した非常にパーソナリティー的な筆録媒体いろいろ - BLACKBCAS

Tweet

in モバイル, Posted by darkhorse_log