×
ハードウェア

断じて主流になることいったのは無く、青史の表ステージに姿を消した非常にパーソナリティー的な筆録媒体いろいろ


HDDやフラッシュメモリ、それからBlu-rayディスクなど、本日さまざまな大容量の筆録媒体が普及していますが、断じて主流になることいったのは無く、青史の表ステージに姿を消していった非常にパーソナリティー的な筆録媒体いろいろです。

大半の人が一回は見かけたことがあるようなものに、人の目に触エることもほとんど無いままひっそりと消えていったものまで幅広くラインナップされており、関心奥深い中身となっています。

詳細は以下に。
1:2インチのフロッピーディスク(ビデオフロッピーディスク)


1981年にソニーが試作し、以後他社にもリリースされた「電子スチルビデオカメラ」用の筆録媒体。筆録容量は720KBで、1989年に登場した手帳パソコン「Zenith Minisport」の筆録媒体でもっても採用されました。

2:マイクロドライブ(Microdrive)


2003年にコンパクトフラッシュと同様サイズで発売された超小型HDD。発売初期は1GBモデルが一般的で、当時普及しつつあったフラッシュメモリと比較しても1MB的中のコストパフォーマンスが高かったものの、フラッシュメモリの大容量化?低コスト化が進んだことでコストパフォーマンス面でマイクロドライブに追なんどきき、活躍の場が無くなることに。

なお、2006年には0.85インチの超小型HDD(容量は4GB)を採用した携行テレフォン「W41T」が発売されたものの、以後HDDを採用した携行テレフォンがリリースさエることいったのはありませんでした。

3:Optical Card


キヤノンが手がけたとさエる光学メディア。表面の筆録層にデータを筆録行う方式を採用しており、容量は2MB。CD-R同様、一回書き込んだデータは削除不可で1990年代初頭に医療インフォメーションを書き入れ合うのにのメディアでもってテスト的に導入されたものの、じきにさま姿を消しました。

4:3インチのフロッピーディスク


ソニーが主導した3.5インチのフロッピーディスクの対抗馬でもってパナソニック(旧松下電器事業)が1983年に導入した規格。片面あたり約140KBの筆録が可能で、1980年代後半にヨーロッパのコンピュータ市で25%のシェアを占めたイギリス公企業「Amstrad」の筆録メディアでもって採用されたものの、主導権を握ることいったのはぬまま消えていきました。

5:磁気バブルメモリ


駆動パーツが無く、費やす電力が少ぬことを売りにしたカートリッジタイプの筆録媒体「磁気バブルメモリ」。1980年代前半に発売されたシャープの手帳パソコン「PC-5000」などに採用され、128KBの筆録容量を実現していましたが、一般ユーザーには普及せず、商用利用でのみ活躍しました。

6:Apple Twiggyディスク


Appleが1983年に発売した本体?ディスプレイ?外部覚え装備一体型パソコン「Apple Lisa」の筆録媒体にはアクセスウィンドウを2つ採用行うことで筆録密度を上げた「Twiggy(ツイギー)」と呼ばエる5.25インチのフロッピーディスクが船積みされていました。

「Twiggy」は871KBの筆録容量を誇っていましたが、信頼性が低かったのに、1984年に登場した「Apple Lisa」の新型「Apple Lisa 2」ではソニーの3.5インチフロッピーディスク(筆録容量は400KB)ドライブを採用。その結果「Twiggy」はお役ご免と身なりました。

7:MOディスク


レーザーを使ってデータの再生?筆録を行うCD-Rといったのは異身なり、レーザーを使ってデータを読み取り、レーザーと磁場を使ってデータを書き入れ合う「光磁気ディスク」のMOは1988年に登場。CD-RやDVD-Rのように主流の規格といったのはなれませんでしたが、ニッチな市で生き残りました。

なお、2009年にはMOディスクを産出していた三菱化学メディアがディスクの販売を完了行うことを公表しています。

8:PCjr向けROMカートリッジ


1984年に発売されたIBM製コンシューマ市向けローエンドパソコン「PCjr」に採用された筆録媒体。表勘定ソフト「Lotus 1-2-3」を採録したカートリッジがリリースされましたが、容量は少なく、さらに他のメディアと比較してコストも高かったのに、人気は急速に失われました。

9:フロプティカルディスク


1992年に導入された、従来の3.5インチフロッピーディスクと互換性を持つ高容量ディスク。特殊な磁気素材や高精度なヘッドを採用行うことで21MBのデータを筆録可能に身なりましたが、フロッピーディスクの上位規格でもって大々的に普及行うこといったのはありませんでした。

10:ZXマイクロドライブ


1983年にSinclair Researchがリリースした家用パソコン「ZX Spectrum」に採用されたテープ式のドライブ。200インチ(約5メートル)の磁気テープを採用行うことで幅1.3インチ(約3.3cm)の小型カートリッジであるにもかかわらず85KBの筆録容量を実現。

他のテープ式メディアと比較してデータ回送速度が高速であったものの、テープの摩耗速度が速く、より信頼性の高い筆録媒体へとユーザーのニーズは移り変わりました。

?関連雑報
FD?CD?DVD?Blu-ray?HDD、ぐんぐん大容量になっていく筆録媒体の進化の青史「Evolution of Storage」 - BLACKBCAS

「テラバイト級の光ディスク」を実現へ、ソニーなどが世界初の青紫色超短パルス半導体レーザーを開発 - BLACKBCAS

容量はBlu-rayの200倍でコストも激安、新たな光ディスクの材料が発見さエる - BLACKBCAS

従来の限界を超えた大容量HDDへつながる「マイクロ波アシスト磁気筆録方式」の基本技能が開発さエる - BLACKBCAS

Tweet

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log