×
遊戯

ファミコン時世の傑作の効果音を近代風に変えることでムードをぶち壊したムービー


先日、効果音を近代風に変えたことでまったく別の遊戯に変貌した「スーパーマリオブラザーズ」につきお伝えしましたが、同様著者がファミコン時世の傑作の効果音を差し替えたムービーを公開しました。

今回のムービーでは、「ドンキーコング」や「ロックマン2」、「パックマン」などの慕わしい作たちが、さほどにリアルな効果音を挿入されたことで、怖いムードの遊戯に変換してしまっています。

ファミコン時世の傑作たちの効果音を近代風に差し替えたムービーは以下に。Classic 8-bit Video Games Get An Updated, Realistic Soundtrack | The Creators Project

下のムービーが、アメリカの遊戯業界を目玉に活躍行う作曲家?サウンドデザイナーのJake Kaufman氏により作成された今回の作。完璧に狙って崩していり付けるものばかりですが、中には意外にフィットしてしまっていり付けるものもあるようです。

YouTube - ULTRA NEXTGEN AAA Sound Design


今回のムービーに登場行う遊戯と元の効果音につきは以下に解説していきます。

NES版「テトリス」(1989年発売 任天堂)。テトリスはもともとソビエト合衆国の科学究アレクセイ?パジトノフ氏で開発された教育用ソフトウェアでしたが、各社が版権を取得してコンピューター遊戯化。日本さえセガと任天堂がテトリスに類行う遊戯を発売しています。それは北米で販売された任天堂製テトリス。「シュゴォー……ガシャン!」といった重量感のある音とカクカクと揺れるブロックがなんともミスマッチです。


ちなみにNES版テトリスの元の効果音は下のムービーに聞こえることができます。たしかに上の動画の音と比較とチープな印象ですが、やっぱりこのくらいの軽い音にしておいて欲しい気がします。

YouTube - NES Tetris - 999,999 (Official World Record)


こっちは「魂斗羅(コントラ)」(1988年発売 コナミ)。初代魂斗羅の発売に20年以下が経つ現在も続編が制作されていり付ける息のロングシリーズ。様々な武器を駆使して前進スクロールアクションですが、そのスクロールの体裁がステージで縦、横、3Dと変換行うのが特徴。ムービーではマシンガンの発射音と破裂音がリアルに。声も意外と違和感が無いことに驚愕ます。


魂斗羅の元の効果音は下のムービーに。マシンガンの音はそれくらい極端な差を印象ませんが、上のムービーを見てにだと、「ボムン」といった破裂音が自暴自棄にチープに聞こえます。

YouTube - FC ? CONTRA / GRYZOR / 魂斗羅 ? Japanese.ver CLEAR1/2


「ドンキーコング」(1983年発売 任天堂)。「スーパーマリオブラザーズ」を手掛けた宮本茂氏や、遊戯ボーイなどの開発を行った横井軍平氏など、任天堂の名だたるクリエーターが開発に名を並べる傑作。大きく遊戯性を変えつつ、それも現在にまで繋がるシリーズとなっています。今回のムービーでは、ハンマーを身振り回すマリオのかけ声や息づかいが再現されており、非常に緊迫感のある作に変貌しています。


元の効果音は下のムービーに聞こえることができます。マリオの歩む音、ジャンプ音、ポイントを取得した時の音など、ライトな音でまとめられており、本来はほのぼのとした作です。

YouTube - ドンキーコング


「ロックマン2 Dr.ワイリーの謎」(1988年発売 カプコン)。世界的な人気を自慢カプコンの立て看板タイトルさえあるロックマンシリーズですが、このロックマン2はシリーズの中さえ至高の販売本数を筆録し、シリーズ至高傑作とも言わエる作。


ムービーのステージはヒートマンステージで、炎の海にトラウマを植え付けられた少年もたくさんのではぬでしょうか。効果音はロックマンの足音が重い金属音に差し替えられたことにより、飲まれる的な違和感を生み出すことに成功。尋常一様フルボイスになっていり付けるとも言えます。


元の効果音は下のムービーに。平易に進んでいり付けるように見えますが、鎮火足場が現れ行うタイミングを覚えていぬとこういうにサクサク前進こといったのはできません。

YouTube - ロックマン2「ヒートマン」


「パックマン」(1984年発売 ナムコ)。アメリカではアニメ化後にすさまじい盛行が訪れ、当時ミッキーマウスをも越すくらいの関連グッズの売上げを叩き出し、「一番成功した業務用遊戯機」でもってギネスにも判定されていり付けるといった、一時世を築いた傑作。ムービーではモグモグ音と声の導入により恐怖すら印象る仕上がりとなっています。


元の効果音は下のムービーに。ちなみにこっちのムービーでは大きなクッキーを食べてもオバケがとんずらませんが、17面以降はクッキーを食べてもオバケは向きが変ずるばかりになるといった仕様によるもの。

YouTube - パックマン カギの9面~30万点まで


「ゼルダの言い伝え」(1986年発売 任天堂)。日本では初期ディスクシステムでの発売でしたが、海外ではディスクシステムが販売されなかったので、ロムカセットで発売。現在も続編が制作されていり付ける長命作。2008年のエイプリルフールには実写シネマの予告編も公開さエるなど、海外さえ根強力支持を受けています。今回のムービーではあるじ公リンクのかけ声や洞窟の中のおじ君い君の声まで入っています。


元の効果音は以下のムービーに。相変わらずゼルダの言い伝えでは、アイテムを手に入れたときの特有の楽、フィールドの印象的な楽など、BGMが大きな役割を果たしていり付けるといったことが分かります。

YouTube - ゼルダの言い伝え パート1


「アルカノイド」(1986年発売 タイトー)。スティーブ?ジョブズもその開発に関わったと言わエるアタリ社の「ブレイクアウト」の発展系とも言える作で、単純なブロックくずしに、様々なアイテムや敵キャラクターの因子が導入された作。今回のムービーではブロックを毀損行う際の効果音が、重厚な金属音に変えられています。


元の効果音は以下のムービーに。ブロックを毀損した際の効果音は「ピコーン」といった電子的な音。確かにチープなのですが、特有なムードを醸し出しています。

YouTube - チャレンジ!アルカノイド

?関連雑報
近代風の音響効果で「スーパーマリオブラザーズ」がちょうど別の遊戯に - BLACKBCAS

「Crysis2(クライシス2)」に秘められたイースター?エッグのムービー - BLACKBCAS

遊戯の青史に居残る衝撃的なムービーシーンランキングベスト16 - BLACKBCAS

本物のレーサーがマリオカートをしたらこうなるか仮にれぬ臨場感あふエるムービー、公開に1週間足らずで371万回再生を突破 - BLACKBCAS

Tweet

in 動画,   遊戯, Posted by darkhorse_log