×
メモ

4000衆人を殺したといったチンギス?カンは地球の気温を下げたか?


軍が通り過ぎたあとを指して「草一本残らぬ」といったような表わすもありますが、「国破れて山河在り」「夏草や兵どもが夢の跡」といったように、戦により荒らされ人が住まなくなった土地には、やがて草木が生い生い茂るもの。では、実際に地球の天気に影響行うくらい大がかりな森林再生を促すには、一体どればかり人口を減らせばよいのでしょうか?

カーネギー究める所マックス?プランク究める所の科学究たちにより、それまで知られていなかった征服者のグリーンな側面が明かされています。

詳細は以下に。How Genghis Kahn cooled the planet

「人の活動が天気へ影響行うようになったのは化石薪炭の発見にともなう事業革命以降のこと、といったのはしばしばある思い違いです」とカーネギー究める所の環境科学究Julia Pongratz博士は述べています。「実際には、農作ののにに森林を開拓し地球表面の植生を変えたことにより、人は数千年も前に天気に影響していり付けるのです」

農作牧畜を始めて以降の人類は、基本的には森林を減らすことにより吸収さエる二酸化炭素の量を減らし、空気中の二酸化炭素を増やすことにより「地球を温め続けてきた」と言えます。そういう青史のなかで、人の活動により「地球が凍える」ような仕上がり事はあったのでしょうか?

Pongratz博士らは人口減少後の森林再生により天気へ影響した蓋然性が考えらエる4つの仕上がり事、すなわち13世紀に14世紀にかけてのモンゴル帝国による侵略戦い、14世紀末のペスト大はやり、16世紀に17世紀にかけてのヨーロッパによるアメリカ大陸征服、17世紀後半の明の衰亡に着目しつつ、西暦800年にの土地被覆(森林?草地?水面?土壌など地表面の物理状態)のモデルを作成しました。レポートはThe Holocene誌に登載されています。


「ペストはやりや明の衰亡といった短期的な仕上がり事では、土壌の物体(死骸など)の腐敗により放出さエる二酸化炭素を棒引きに行うくらいの森林再生は見られませんでした。しかし、モンゴル帝国による侵略やヨーロッパによるアメリカ征服といった長期にわたる仕上がり事では、有意な量の二酸化炭素を吸収できるばかりの森林再生が可能でした」とPongratz博士は語っています。

本日のアジアの大体一帯に中東?東ヨーロッパまで、最盛時には地球全国の22%を占めた史上極大の帝国モンゴル帝国の祖であり、4000衆人を殺したと言わエるチンギス?カン(チンギスハン、1162-1227)。その多量殺害のあとの森林再生は、実際に地球の気温を下ろすくらいの規模だったそうです。


チンギス?カンが1206年に築いたモンゴル帝国は、5代皇帝クビライ(フビライ、1215-1294)の時世には地球上の陸地の2割を占有までに身なります。



Pongratz博士らの究めるによると、4つの仕上がり事のうち「モンゴル帝国による侵略」が地球の天気に一番大きく影響し、モンゴルの覇権のもと、国家や都会の衰亡と人口減少による森林再生により空気中の炭素7億トンが吸収されたそうです。それは、現在地球上で一年間に放出さエるガソリン由来の二酸化炭素と同度合いの量とのこと。

現在、地球上で放出さエる温室効果ガスの約10%は、森林毀損によるものとのこと。温暖化対策には木を増やすことを考える前に、まずは森林の減少を食い止めることに始める必須がありそうです。

?関連雑報
アマゾンの熱帯雨林の五分は2030年までに失わエる - BLACKBCAS

天気変換がどのように起こってきたか一見で見らエる「CLIMATE TIME MACHINE」 - BLACKBCAS

温暖化をくいとめるには世界中の屋根を白く塗りつぶすべき、とノーベル物理学賞受賞者が主唱 - BLACKBCAS

神と悪魔が聖書内で殺した人の数を比較 - BLACKBCAS

バチカンが機密文書を公開、教皇にヒトラーへの封書やミケランジェロにの督促状も - BLACKBCAS

Tweet

in メモ, Posted by darkhorse_log