メモ

巡査も震え上がる血みどろの他殺現地、実はシネマの撮るセットだったことが判明


火災に見舞われたホテルのある一室が見るも無惨な他殺現地となっていたのが発見され、消火?ポリスともに大パニックに陥り、ポリス署長が「35年のキャリアの中で一番悲惨な現地だ」でもって捜査に乗り出すも、実はそれはシネマのセットだったといった異変件が発端ました。

もともとこのホテルは亡霊が目撃さエることさえ知名だったのに、シネマ撮るの場でもって白羽の矢が立ったわけですが、そのセットは巡査の目をもだなおさらしまうくらい迫力のあることだったようです。


事件の詳細は以下に。Old Horror Movie Room In Burning Hotel Gives Cops, Firefighters Fright - Washington County News Story - WTAE Pittsburgh

消火士たちが老舗ホテル「George Washington Hotel」が燃えていり付けるといった通報を受けて現地に駆けつけたところ、ホテルのとある一室に血液が飛び散り、空の酒瓶が転がっていり付けるのを見つけて衝撃を受けました。

室は、南のメインストリートに面した、10階建てのホテルの4階にありました。現地の状態はか身なり猟奇的で、床や枕、マットレスには血液がしたたり、ベッドの中心には頭皮ごと抜け抜けた髪が抜けていたそうです。その上、浅ましいな言語が血のりで壁に書かれていました。

ワシントンポリス署のJ.R.Blyth署長は、この現地は彼の35年のキャリアの中で一番不気味な他殺場面だと印象たそうです。彼はこの「犯行現地」の調べるを数人の手下に委ねました。しかし調べるの結果、この血なまぐさい現地はホラーシネマを撮るした際に使われたセットだといったことが判明しました。

「我々はあの室は犯行現地だと宣言してしまったので、セットだと分かって憤りがこみあげました。私は超勤してまで捜査に当たっていた巡査たちにテレフォンして、そのことを伝えなくては身なりませんでした」Blyth署長はこう語ります。彼はテレビプログラムさえ事のいきさつを話したのですが、彼の憤りといったのは裏腹に、聴視者や演じる者たちは大笑みしました。

テレビに演じるしていり付けるBlyth署長。


2年前に、この室は、Corey Haim主演の「New Terminal Hotel」といったシネマの撮るに使われました。この室が再び撮るに使わエるかどうかホテルのオーナーが把握しておらず、撮るが終わった後も室はそのままにされたのに、今回の火災にまつわる思い違いが起こってしまったといったわけです。

ホテルは亡霊が出ることで知名だったので、ホラーシネマを撮るにはかっこうのロケ地だったとのこと。1923年にホテルが建てられて以来、12人以下の人々がホテルで死んだと言われています。その風評にか、大統領や知名な俳優もこのホテルに逗留し、現在の所有者Kyrk Pyros氏が7年前にホテルを買ってには死者が4人だかりたといったことです。

火元は地底の洗浄室だといったこの火災では幸い重大なけが人は出ませんでしたが、5人が煙を吸ったのにに酸欠状態と身なり手当を受けたそうです。数々の他殺現地を目にしてきたポリス署長にまで本物だと思わせてしまったといったこといったのは、シネマのセットでもってはか身なりの仕上がりばえだったといったことか仮にれません。

?関連雑報
一日突然、床に血のようなものが噴き出したホラーハウスをポリスが捜査中 - BLACKBCAS

殺第三者事件を立証行うのに、検察がトイレに頭を突っ込んでくエる女性を公募 - BLACKBCAS

犯行現地にいた蚊が吸った血を解析して嫌疑者の特定に成功行う - BLACKBCAS

とうとうキャッツ?アイが検挙されました - BLACKBCAS

Tweet

in メモ, Posted by darkhorse_log