×
取材

「痛車」や「痛チャリ」を越えた「けいおん!」の「痛団地」が登場


アニメや遊戯の装飾を施した車や自転車を「痛車」や「痛チャリ」などと呼ぶことがありますが、数々の痛車プラモデルを出していり付ける青島文明教具社が、今回は「けいおん!」が描かれた団地のプラモデルキットを出すといったことで、ワンダーフェスティバル2010[冬]の式場では先立つ販売が行われました。

詳細は以下に。
青島文明教具社のブースに積み上げられたパッケージ。


「けいおん!」のキャラクターたちが大きく描かれたポップ。


残念つつ式場で完成後のキットは見られませんでしたが、こういう印象になるようです。


パッケージの側面。


デカールセットの見本。


「1/150 痛団地 けいおん!」は団地のプラモデルキットと、「けいおん!」のデカールが同梱されたプラモデルキットで、式場販売価格は団地2棟セットで5800円。青島文明教具社の通販さえ発売さエる予定になっています。

?関連雑報
ワンダーフェスティバル 2010[冬]開幕、全雑報通覧まとめ - BLACKBCAS

ワンダーフェスティバル 2009[夏]開幕、全雑報通覧まとめ - BLACKBCAS

ワンダーフェスティバル2008[夏]開幕、全雑報通覧まとめ - BLACKBCAS

Tweet

in 取材,   アニメ,   メモ, Posted by darkhorse_log