×
メモ

外科手術中に目を覚なおさらしまいパニック状態で手術が進めらエる


手術の真っ最中に実像が戻ってしまい、恐怖と戦いつつおなかを切られた女性が審判を起こそうでもっていり付けるそうです。彼女は医院側が実像を取り戻していり付けることを分かって手術を進めたと話しており、医院の体制や麻酔の管轄?利用方法に問題があるのではぬかと力説していり付けるとのこと。

確かに実像がある状態で自分自身の体が切られていくのはか身なり怖いものですが、具体的にどのような状況だったのか見てみましょう。

詳細は以下より。
NT woman wakes during surgery but is paralysed and unable to scream | The Australian

今回、手術中に目を覚なおさらしまったのはレベッカ?ジョーンズ君(24歳)。彼女はAlice Springs医院で胆のう摘出手術を受けることになったのですが、手術の最中に実像が戻ってしまったそうです。実像が戻った時、彼女は手術が終わって医師が起こしてくれたのらしいと思ったそうですが、実は手術の真っ最中であったことを確認。レベッカ君はパニック状態になったそうです。

彼女はマヒしていたのに体を動かすことができず、助けを請いることができなかったとのこと。しかし聴覚などは残っていたのに、オペ室でどのような会話がなされていり付けるのか分かっていたそうです。再び、痛みを印象たのかは定かではぬのですが、おなかを切らエるセンスもあったようです。

彼女は実像があることを伝えようでもって命懸けだったとのこと。何とか手を動かすことができ、医師はそれを気付いたそうですが、手術はそのままぶっ通しされたそうです。

それがレベッカ君。


今回の件に対し院長であるヴィッキ?テーラー氏はレビューを拒絶。しかし、レベッカ君が手術中に目を覚なおさらいた事は認めていり付けるそうです。レベッカ君は法的措置を考えており、現在会話が進められていり付けるとのこと。

?関連雑報
航空機の中で寝ていり付ける間に男に体液を破片れた女性、航空カンパニーを提訴 - BLACKBCAS

男性の腹部に38センチの手術器具が置き忘れらエる - BLACKBCAS

移植手術を受けたことで少女の血液型が変換 - BLACKBCAS

手術中に医院が停電、しかし携行テレフォンの灯で無事成功 - BLACKBCAS

携行テレフォンを飲み込んでしまった犬、腹を10針縫う手術に - BLACKBCAS

飼い猫の手術経費を捻出行うのににレモネードを販売10歳と8歳の姉弟 - BLACKBCAS

Tweet

in メモ, Posted by darkhorse_log