ハードウェア

東芝、業界極大クラスとなる256GBの手帳パソコン向けSSDを年内に発売へ


東芝が業界極大クラスとなる256GBの手帳パソコン向けSSDを年内に発売行うことを公表しました。

再び、ミニ手帳パソコン向けに小型のSSD「フラッシュモジュール」を発売行うとのこと。

詳細は以下の通り。
多値NANDを採用した業界極大級の256ギガバイトSSDの製品化につき

このリリースによると、東芝はパソコン向けに、多値技能を採用した大容量のNAND型フラッシュメモリ(多値NAND)を船積みした業界極大級の256GBのSSDの出荷を今月に行うそうです。


量産は第4四半期(10~12月)に行われ、読み出し速度は毎秒極大120MBで書き入れ速度は毎秒極大70MBでインターフェースはシリアルATAを採用。

再び、未来特需拡大が見込まエるミニ手帳パソコン向けに、小型のSSDを「フラッシュモジュール」でもって製品化し、8GB、16GB、32GBモデルの3製品を新たにラインナップに加えたでもっています。

ちなみに256GBのSSDはすでにSamsungが年内に量産行うか仮にれぬとのことですが、こっちは読み込み速度が毎秒200MB、書き入れ速度は毎秒160MBとなっていり付けるのに、速度面で東芝のものが引けを取る形となっています。

リリースでは価格につき触れられていませんが、市で発売さエる際の価格が非常に気になるところですね。

?関連雑報
書き換え限界の低さがデメリットのSSD、天寿はなんと864年もあるらしい - BLACKBCAS

極大容量192GB、手軽に安値なSSDを自作できるアダプタが登場 - BLACKBCAS

天寿は従来の5倍、サーバーにも使える高耐久なSSDを開発へ - BLACKBCAS

GoogleがサーバーにSSDを採用へ、量産効果でSSDが値下がりか - BLACKBCAS

Tweet

in ハードウェア,   メモ, Posted by darkhorse_log